長さ約9m40cmのトレーラーをタンドラで豪快にけん引!

ピックアップトラック

逆輸入車

アメマガ2022年8月号

タンドラ

BUBU阪神

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

兵庫県

フォレストリバークルーズライト272X

17歳の頃、アメリカのヨセミテ国立公園のキャンパーサイトで見たキャンピングトレーラー。その圧巻の大きさと、まるで別荘の様な雰囲気に一目惚れしたGoyaさんが楽しむ、セカンドライフの理想形。

10代で渡米して一目惚れしたトレーラーライフを実現!

アメ車と楽しめ「ソト遊び」


2020 TOYOTA TUNDRA

長さ約9m40cmのトレーラーをタンドラで豪快にけん引!

全長が約6mのタンドラ単体でも小回りが効かなくて大変そうだが、そのタンドラに超巨体のキャンピングトレーラーを牽引して旅をする強者が、紹介するGoya&Ichikoさん。今回予定が合わず撮影には来れなかったが、Ichikoさんの母(93歳)も含めて3人でお出掛けするのが恒例で、親孝行を兼ねて長野県や北海道、東北地方をはじめ、中四国、九州まで全国津々浦々の旅を満喫していると言う。

ちなみにこのトレーラーは2代目で、以前はヨーロッパ製の5m弱の小ぶりなキャンピングトレーラーだったが、いざ3人で宿泊となると寝られなくはないけれど、ゆったり広々という具合ではなかったことから、自宅の敷地スペースを計測してギリギリのサイズで探したところ、フォレストリバークルーズライト272Xに辿り着いた。ちなみに隣家とトレーラーの隙間はわずか7cm、自宅側も7cmで家の前は10m幅の道路。攻めすぎてさすがにヘッド車に付けての駐車は断念し、パーモッド360を駆使して手で引っ張りながら、何とか自宅敷地内に入庫。以前のトレーラーならサイズ的にも余裕だったが、ここまで手間がかかったとしても大きなトレーラーへの憧れが勝ったと話す。

一度旅へ出掛けると3日ほどは連泊しており、中と外の2WAYキッチンでその日の気分でディナーを外にしたり、中で楽しんだりしているとのこと。友人や孫も一緒になってキャンピングトレーラーの旅を楽しむことも多く、若かりし頃に見たヨセミテ国立公園のトレーラーライフを、日本で再現。理想のセカンドライフは何にも縛られることなく自由気ままに暮らすこと。そう願うアメ車オーナーたちの理想像を、二人から学んだのは言うまでもない。

TRD スポーツパッケージは純正でも強靭な足周りとなっており、重量級の牽引も余裕。以前乗っていたエクスプレスのAWD では少々非力だったので大満足とのこと。93歳の母の乗り降りを考慮して車高は純正を保ちつつ、TRD 純正オプションのサイドステップ装着で乗降性を向上する。トノカバーの下にはヘビーローテーションなアウトドアギアを搭載。赤いTRD マッドフラップはハイラックス用の流用品だ。

2m半以上の幅は現実的に厳しいトレーラーの弱点を見事克服するのが、この伸縮式のリビングスペース。1m 弱出て室内を拡張することでトレーラーの中とは思えない広々としたスペースを確保。ちなみに背面のグリルは外付けのキッチン横にレイアウトできるのでBBQの時も超便利!

スライド拡張式のリビングスペースは、もはや動く別荘レベル。トレーラーの先端部分が寝室となっていてシャワールームやトイレ、洗面所も完備。1LDKの別荘としても十分に使える。けん引して走るのが辛い年齢になったら、母の実家に据え置きして別荘として暮らすことも検討中だ。

OWNER : Goya&Ichiko


BUBU HANSHIN【BUBU阪神】

TEL:06-6427-5151
https://www.bubu.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年8月号掲載

関連記事

RELATED


改めて初代タンドラを目にすると、日本でも運転しやすいジャストサイズ

2006 TOYOTA TUNDRA SR5

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

タンドラ TRD PROで遊びも走りも豪快に! アウトドアで映える4×4Trucks

GO! GO! OUTDOORS!!
アメ車と楽しめ「ソト遊び」
PLAY FOR THE SHEER JOY OF OUTDOOR
2014y Toyota Tundra TRD PRO with Active Style

トヨタ「タンドラ」のフルモデルチェンジした新旧モデルを徹底比較

トヨタの人気モデル「タンドラ」が15年振りにフルモデルチェンジして第三世代へと生まれ変わり、新たなステージを切り拓くべくデビューを果たした。

3代目となる新型タンドラはというと、デザインテーマに「テクニカルマッスル」を掲げており、これはパフォーマンス性能の飛躍とピックアップトラックらしい強靭さの向上を狙ったもの。

今回はそんなタンドラの新旧モデルを比較してご紹介していこう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

パワフルなシルバラードなら、大型バイクの積載も余裕!

2018 CHEVROLET SILVERADO LTZ Z71

 

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×