冷凍冷蔵庫【FREEZER】用途に合わせて容量の違う3タイプをラインナップ

ホビー・雑貨

アウトドア

アメマガ2022年8月号

FREEZER

アメ車と楽しめ「ソト遊び」

車載用ポータブル冷凍冷蔵庫

細かな温度設定ができて氷も作れる車載用冷凍冷蔵庫

アメ車と楽しめ「ソト遊び」-ENJOY!! OUTDOOR STYLE-


車載用ポータブル冷凍冷蔵庫【FREEZER】

用途に合わせて容量の違う3タイプをラインナップ

アウトドアを楽しむうえで欠かせないのが保冷容器。ここ最近の夏場は気温も上昇傾向にあるため、外でもキンキンに冷えたドリンクが飲めたならばこの上ない。さらにアイスも食べられたりしたら申し分ないことだろう。それを可能にしてくれるのがコチラの冷凍冷蔵庫「FREEZER」だ。

サイズは26ℓ、32ℓ、55ℓの3タイプで、いずれも20℃~マイナス25℃の範囲で1℃ずつ変更が可能となっている。さらに急速冷凍モード&エコモードを搭載しているため、シーンごとに使い分けができる。また、エンジンをオンオフしてもメモリー機能を備えているため、一度設定すれば温度をキープし続ける。さらに電圧の状態を見極めて自動的に電源をオフにするバッテリー保護機能も備えているため、バッテリー上がりを気にする必要もなし!

天板はラグジュアリーな雰囲気漂うブラック鏡面仕上げ

一般的なタイプの天板は実用的なデザインのものが多いが、この冷凍冷蔵庫は高級車に載せても違和感のないようにブラック鏡面仕上げを施してラグジュアリーな装いを演出。しかも傷が付きにくく、お手入れも簡単であることもポイント。

家庭用コンセントでも使用可能!

専用のACアダプターもラインナップしているため、アウトドアだけでなくインドアでも使用可能。単体での購入は3,740 円(税込み)だが、本体とセットで購入した場合は3,300 円(税込み)であるため、セットでの購入がお買い得となっている。


26ℓ/602(W)x320(D)x395(H)㎜ 38,500円(税込み)

32ℓ/602(W)x320(D)x445(H)㎜ 44,000円(税込み)

55ℓ/672(W)x360(D)x495(H)㎜ 49,500円(税込み)

内部は2層式となっており、右側の深い方が冷凍庫、左側の浅い方が冷蔵庫で、冷蔵庫は冷凍庫よりも約12℃高く設定されている。そして各サイズともに20℃~マイナス25℃の範囲で1℃ずつ設定温度を変更できるだけでなく、急速冷凍モードとエコモードの機能も有している。さらにメモリー機能も搭載しているため、エンジンをオフにしても設定温度はそのまま維持してくれる。


AVEST

住所:〒433-8119 静岡県浜松市中区高丘北3 丁目22-20
TEL: 053-414-5416
FAX:053-414-3568
営業時間:10:00 〜17:00  
定休日:土・日曜日、祝日(祝日がある週は土曜日営業)
URL:https://avestparts.jp/


アメ車マガジン 2022年8月号掲載


関連記事

RELATED


覇王ホイールの新たなディビジョンとして誕生したのが「IRON WORKS」だ。

既製品のラックにオプション品でアレンジ。もちろんそれは効率的かつ確実。だけど、本当はもう少し手前にこのアイテムを積みたいとか、もっとインパクトのあるシルエットにしたいなど、こだわればこだわるほどに欲が出る。そんなアナタに朗報!

オーバーランド・スペック・アウトドアーズは、どんなスタイルにも似合うよう、ブラックで各アイテムを統一する

近頃のキャンプブームの盛り上がりは驚かされるばかり。その中でもキャンプギアの変化は目覚ましいものがある。特にここ1〜2年は黒いテントが大流行中!そんなサイトでぜひ使いたいのが、OSOが提案する様々なストレージボックスやバッグ類だ。

ユーザーを満足させる本物志向!デルタフォースOVAL×エクシズルラインのライノラック

何事もちょうど良い塩梅が簡単な様で難しい。オフロードとミリタリー、そしてアウトドアの3方向からアプローチする上で抜群の〝さじ加減〟を誇り、良い塩梅に仕立て上げるのがデルタフォースOVAL×エクシズルラインのライノラックだ。

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

大きなアウトドアギアやクルマまで何でも積載可能

トレーラーが欲しい!それもキャンピングではなく荷物やアウトドアギアを気兼ねなく積載できるもの。でもシンプルなカーゴトレーラーや、クルマを運べる物は少ない。そんなユーザーの悩みを解決してくれるのがMAROYAだ。

 

最新記事


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

2024/02/21

アメ車マガジンの表紙を飾ったオーナーが営む神戸のダーツバー【DEAR'S】

ショップ

アメ車で乗り付けてジャンクフードを喰らうのが、アメリカンダイナーの醍醐味。しかしアメ車で乗り付けなくとも、お酒を嗜みながらアメ車話に花を咲かせられることもまた貴重。DEAR`sならそれが叶う!

ランキング


2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2020/10/22

東海カーズのマッスルカーを、華やかに彩る「和テイスト」のデザインワーク

ラッピング&ペイント

AMEMAG RECOMMEND ARTIST
遊鷹-Yutaka-

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】