出張作業やイベント出店などに使用される生粋の「ワークホース」

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2022年8月号

米国的商用車のススメ

C10

ピンストライパーのサービスカーとして、趣味のサーフィン用SUVとしても大活躍中のC10。パティーナなルックスは、シーサイドの潮風&現役ワークホースとしてのリアルさが反映されて好感度大。

米国的商用車のススメ


ベテランピンストライパーの相棒として活躍するC10

いかにもアメリカで現役活躍中のピックアップのように自然な使用感がいい感じの87年型C10。

オーナーは、ピンストライパーとして四半世紀以上のキャリアを持つKEN THE FLATTOPさん。レポーターは個人的には彼がピンストライパーとしてスタートする前から交友があり、アメリカ依存度の高さは相当なもの。ドラッグレースやホットロッドが大好きなうえ、サーフィンにもどっぷりで、ピックアップトラックを愛機とするスタイルをつらぬいている。

使用目的と自身の趣味に見合うモデルとして、当初は78年型以前のC10を希望していたが、好条件のこの87年型に巡り合い入手。ピンストライパーとしての出張作業やイベント出店などにワークホースとして活躍させている。スタンダードな白いボディのショートボックスに、角材による武骨なキャリアをベッドに装着したルックスは、まさにアメリカの日常でよく見かけるコマーシャルビークルなのだ。

 

大きな看板などの運搬から、サーフボードを積む上でも大活躍。雨の多い日本ではトノカバーはなにかと便利ではあるが、好みではないためアルミ製コンテナで対応。作業で使用する照明器具や荷物を固定するタイダウンは工具などを固定したキャビン側のボックスに収納。ゲート側のボックスには出張ペイント用の道具が一式収まっており、通常はおろしてある。

メインは仕事用だし、茅ヶ崎エリアなうえ、サーフィンにも活躍する愛機としてラフに付き合っているため、外装も内装も使用感がリアル。取り立ててアピールするポイントのない自然な状態こそが、オーナーのキャラクターと使用目的を反映されていて魅力的。

ピンストライパーとして四半世紀以上のキャリアを持つ。国内から海外のイベント会場でのライブペイント、大型トラックまで何にでもどこにでも描きまくる! カンパニーからの依頼では、製品パッケージやTシャツなどのデザインまで幅広く対応。自身がリアルなサーファであったり、ドラッグレースの大ファンというサーフ&ホットロッドを地でいくキャラが作品に活かされている! ちなみに、レポーターの41年型ウィリスのサイン&ピンストライプも担当してもらったり。

1987 CHEVROLET C10

塗装はカサカサな状態ながら、ボディはストレート。サイドミラーはストック風ながらアフターマーケット品。潮風によって激しく錆びているものの、全体の雰囲気にも馴染んでいる。唯一のアレンジとなるホイールも、主張のない定番のスロットタイプとあって、ワークホースとして違和感なく収まっている。キャリアなどの装備品もベーシックなタイプで◎。13 年間の日常使用からなる自然な風合いは、古着感覚で良いテイストになっている。

角材によるオーソドックスなキャリアがルックス的にも使用目的としてもマッチしていい雰囲気。キャビン側のコンテナは備え付け。出張作業時には専用コンテナを積んで対応。

パワートレインは350ci&TH350(3速AT)によるベーシックな組み合わせ。パワステ、パワーブレーキ、エアコンを装備。使用目的に対して不満ない装備&コンディションで現役大活躍中!

定番のスロットホイール&タイヤはBFGラジアルTA(F:245/60R15、R:275/60R15)というオーソドックスなセット。サスペンション、リアエンド、マフラーレイアウトもストック状態をキープ。

カーペットのないスタンダードな状態。内張/シートはストック。ウィンクミラーとステアリングを変更。日常使用車なだけに、外装同様のリアルなヤレ感がある。肘掛けタイプのクーラーボックスがアメリカン!

OWNER:KEN THE FLATTOP


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2022年8月号掲載


関連記事

RELATED


目指すは普段乗りができるシボレーC10のプロストリート!

C10人気が高まる昨今、オリジナル重視の個体はもちろん、パティーナやラット、さらにはビレットホイールを履かせたスタイルなど、多種多様の盛り上がりを見せている。そんな中、度肝を抜く一台を大阪の6ディグリーズで発掘してきた!

ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

NASCARトラック的なアプローチの「美」C1500

レギュラーキャブのC1500をスポーツトラックとして満喫するべく、あえてのV6搭載車。フロントミッドのレイアウトは重量バランスも良く、モディファイしたV6は十分なトルクと軽快なレスポンスを両立する。

GMCユーコンルックながらストック状態をキープする【シボレータホ】

K5ブレイザーの3世代目としてラインナップしたタホはショートホイールベースの2ドアSUVが基本。フルサイズトラックながらも取り回しの良いサイズ感でシティユースでの機動力に優れ、4輪駆動としてアウトドアもカバーする。

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。