【シボレーC-10】スクエアなクルマの時代が、再来した今こそ乗りたい

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2024年2月号

C10

クアートFAB

AMERICAN VINTAGE

岐阜県

アメ車のフルサイズトラックのイメージは、とにかくデカいけどヘビーデューティでタフなイメージ!確かにデュアルキャブなどはその通りだが、意外にもシングルキャブは「カワイイ」イメージがなくもない。最新モデルからオールディーズまで幅広いカスタムを行なうクアートが、シンプルだけど現代的なセンスでC-10をモディファイしたゾ。

AMERICAN VINTAGE CAR HEAVEN -米国的旧車天国-


オリジナルをキープしつつも、22インチリムで個性も主張

1974 Chevrolet C-10

1973年に登場し、ちょうど半世紀という月日を迎えた第3世代のC/Kトラック。70年代の象徴と言えるスクエアなボディラインを持ち、フロントマスクだけでなくボディサイドに至るまで角張ったラインが非常に特徴的と言えるだろう。

 

今回クアートが仕上げたこの車両は1974年型で、ヘッドライトは丸目2灯の可愛らしい雰囲気が特徴。1981年には角目4灯に変更され、後の「シボレー顔」へと発展をしてゆくことになるが、その登場前夜と言えるだろう。ちなみにライトはレンズカットタイプをキープ。ついついマルチリフレクターなどに変更しがちだが、妙にチャラチャラしておらず好印象に思える。

さて、カスタムのメインとなるのは圧巻と言える22インチのアルミホイール&タイヤ。ある意味ほかの部分を極力変更していないので、むしろ足もとを強調することに成功したと言える。タイヤはライオンハートのLH-TEN(265/35R22)と、かなりオンロードを重視した偏平タイヤに変更。ピックアップの働くクルマという先入観を完全に払拭し、ストリート的なスタイルを強調しているが、敢えて手を加えすぎないように心掛けており、そのことでファニーなテイストを醸し出していると言えるだろう。

 

エンジンは5.7ℓのV8を搭載しており、キャブレターはホーリーをチョイス。モデルイヤーを考えるとしっかり整備が行き届いているのが分かるが、この時代らしく良い意味でエンジンルームは隙間が見られるし、今の様な電子制御やコンピュータは皆無。

ある意味、ガソリン/冷却水/エンジンオイル/電気だけをしっかりメンテしておけば、普通に乗れると言っても差し支えない。サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアはリーフリジッドを採用。シンプルな構造なので、へビーデューティーなトラックには最適と言える。またベッド部分にはチッピング塗装を施してあり、重い荷物を積んでもボディが傷つかない様に配慮。スタイルだけを重視するのではなく、ピックアップとしての機能もしっかり追求している。

 

さて車内を見てみよう。ベンチシート&コラムレバーなので、一応3人が乗車可能だが、シングルキャブの宿命というか、リクライニング機構やシート背後には荷物を置く場所もあらず、決して居住性が高いとは言い難い。それでもこの包み込む様なデザインは落ち着きすら感じさせてくれる。

 

ラジオチューナーは当時のものがそのまま残されている様に見えるが中身は最新で、各メディアプレーヤーに対応。オリジナルの雰囲気を崩すことなく満喫することができる。まさに個性的だけど、扱いやすいサイズ。手当たり次第にギラギラさせるのではなく、シンプルなアメ車はいかがかな?

前後バンパーのメッキも美しく、ホイールと相まってクローム部分の美しさを強調する。ベッドの内側にはチッピング塗装を施しており、大きく重い荷物を気にせず積載することが可能。古いクルマだから大事にガレージに保管するのでなく、日常的に乗って使えるビンテージカーだと言えよう。

ホイールは放射上に広がる10本のスポークが美しい、U.S.MAGSのU110をチョイス。まさにこのC-10にとって唯一?と言えるカスタムポイント。マフラーはサイド出しで、シンプルさを強調する。

ヘビーデューティ性を重視して、フロントはダブルウィッシュボーン式独立懸架。リアはリーフリジッドを採用。フロントに採用する独立懸架方式やワイドトレッドの恩恵で、安定感ある走りを実現。

現代のギチギチに詰まったエンジンルームとは異なり、かなりゆとりのあるエンジンルーム。もちろん、この隙間がエンジンの冷却には必要。今のクルマと比較すると遥かに軽いので、軽快な走りも楽しめる。

メインの大型メーターと、その左隣に並ぶ4つのメーターがシボレーらしさを感じる部分。リクライニング機構などは皆無だが、3名乗車が可能。メーター類も製造当時のままで、現代車の様な液晶モニターは一切見当たらない。ちなみにラジオは当時風に見えるが中身は最新。


THANKS:QUARTT【クアート】
TEL:0583-81-9167
HP:https://www.quartt.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2024年2月号掲載


関連記事

RELATED


ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

【シェビーⅡノバ】製作途中のまま10年間寝かせていた車両を1年かけて蘇生

旧車道楽とは面白いもので、長い間放置していた個体が原石の様に映ることも多々ある。手つかずのまま放置され続けた個体は、目覚めるキッカケを静かに待ちわびていたかの様に再び息吹を吹き込み、颯爽と駆け抜ける。

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

やっぱりカマロが大好き!その中でも69カマロが1番かな?

アメ車専門店の中でも、とくにビンテージを豊富に取り揃える東海カーズ。代表の細井さんはプライベートでも複数台所有するほどカマロが大好き。なので今回も、今まで紹介していない個体の登場だ。

未来の五輪を目指す子供たち、メンバーの夢も乗せて走るエクスプレス

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger