純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

SUV

キャデラック

ボディワーク

アメマガ2022年10月号

アズールモータリング アメリカンショールーム

愛知県

エスカレード

ZERO DESIGN

THE AMERICAN TRUCK & SUV

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

THE AMERICAN TRUCK & SUV


過激さだけを求めない美への追及

ZERO DESIGN 2021 CADILLAC ESCALADE

最先端のカスタムを常に追い、新型モデルを何処よりも速く導入するなど、日本のアメ車業界をリードするアズールモータリング(AZR)・アメリカンショールーム。また、ビンテージモデルの扱いも積極的に行なっており、本国との独自ルートにより極上モデルが続々と運ばれてくる。

 

これらを聞くと、見方によっては敷居が高いように思うかもしれないが、「ノーマルよりチョットだけイジリたい」というライトカスタムユーザーも多く来店し、販売する車両はハイエンドモデルだけではなく、初めてのアメ車の候補になりやすいマスタング・エコブーストも大量に在庫中。

 

そして、AZRを語る上で外せないのが、オリジナルブランドの存在だ。個性的なカラーやデザインが特徴のSKY FORGEDホイールに加え、過激さだけを求めず、繊細でラグジュアリーな個性を与えるボディキットZERO DESIGNを展開。

今回は、そのZERO DESIGNの最新キットである現行キャデラック・エスカレードを紹介する。キット自体は、現行エスカレードを日本最速で導入した2021年には製作が開始され同年には完成していたが、タイミングが合わず撮影できずにいた。だが現在はフルキットのエスカレードが運よく店頭に並ぶとあって、遂に撮影決行となった。

2020年に発表された新型エスカレードは、生産延期の影響もあり本国でもデリバリーはストップし、数少ない車両はプレミアム状態。そんな状態であっても、21年夏には何処よりも速く日本に持ち込んだアズールモータリング・アメリカンショールーム。

しかもその貴重なモデルは、ノーマル状態をほぼ見ることなく、アズールモータリング・アメリカンショールーム ファクトリーに運ばれZERO DESIGNのボディキット製作のベースになった。日本での正規モデルがようやくディーラーに並ぶ頃には、ZERO DESIGNから新型エスカレード用のフルボディキットが発表されている。

ZERO DESIGNから発売されているボディキットは、先代エスカレード用に2種類、C8コルベット用をラインナップ。そこに、20年型以降の現行エスカレード用のボディキット(Fハーフスポイラー、Rハーフスポイラー、サイドステップ、ウイング)が加わった。

ZERO DESIGNのコンセプトは、「純正デザインを壊さない、純正オプションのようなボディキット」というように、大人のアーバンスタイルを目指し、やり過ぎないデザインがウリだ。装着後のボリュームは純正のボディサイズ感を保ち、デザインだけではなく、サイズも純正を意識しながら製作されている。そのデザインは海外でも評価され、発表以来海外からの注文もあるなど、世界的に注目を浴びている。

現在AZRアメリカンショールームには、白・黒の2台のフルキット装着車が並ぶ、またとない絶好のタイミングとなっている。

2020年型以降エスカレード用ZERO DESIGNボディキット。フロントハーフスポイラー/¥187,000、リアハーフスポイラー/¥220,000、サイドステップ/¥187,000、ウイング/¥132,000。素材・FRP。前後スポイラーはハーフタイプであるため、装着後も純正と同じサイズ感が保たれる。サイドステップは、電動ステップの機能を損なうことなく設置が可能。先代エスカレード用にはオーバーフェンダーが設定されていたが、今回のモデルには設定はされていない。

装着するホイールは、オリジナルブランドSKY FORGEDの26インチ。


AZZURRE MOTORING アメリカンショールーム

TEL:0562-95-1118
http://azzurre-motoring.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


アメ車と、仲間と戯れる、最高の空間を手に入れた夫婦

夫婦でそれぞれクルマを所有しているのは珍しいことではないけれど、それが共にアメ車となれば話は別。さらにガレージ、アメ車が10台以上止められる広い敷地、これはもうアメ車乗りの理想形が詰まっている!

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポ レーション

本国でしか販売されていないラングラーがズラリと並ぶ名古屋のWHAコーポレーション。老舗として培ってきたUSのリアル、そして日本人が好むアメリカンSUVの在り方を知り尽くすエキスパートから、ラングラーカスタムの現在地を探る。

躍動感溢れるスタイリングと利便性を兼ね備えた万能SUV【インフィニティQX60】

ラグジュアリーSUVに乗りたいけれど、人と同じクルマには乗りたくないし、日常の使い勝手も重視したい。そんな要望を満たすクルマって…と思っていたら、QX60が急浮上。ある意味ダークホース的存在だ。

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

高級ホイールメーカーが手掛けた魅惑のエアロ【AGGRESSOR KIT】

オフロードを走るポテンシャルをスポイルすることなく、アーバンにもマッチするパーツをまとったラングラー。スポーツフィール溢れるエアロやイルミをインストールしたフェンダーはラングラーに新たな存在感を与える。

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/01/23

クアートFABでキャデラックATSを見た瞬間、奥様が一目惚れをして乗り換え

セダン

キャデラック

クルマを購入する時、一番重視するのは何か? もちろん欲しいクルマがあるかは当然だが、その次に価格ばかり見てはいないだろうか? でも、結局はお店とお客さんとの信頼関係で、人と人との縁が重要と言える。

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】