躍動感溢れるスタイリングと利便性を兼ね備えた万能SUV【インフィニティQX60】

SUV

逆輸入車

OTHER

アメマガ2022年10月号

グレイスキャブ

愛知県

インフィニティ

インフィニティQX60

THE AMERICAN TRUCK & SUV

ラグジュアリーSUVに乗りたいけれど、人と同じクルマには乗りたくないし、日常の使い勝手も重視したい。そんな要望を満たすクルマって…と思っていたら、QX60が急浮上。ある意味ダークホース的存在だ。

AMERICAN TRUCK & SUV


ゆとりのあるキャビンに3列シートを装備する

2017 INFINITI QX60

アメ車も良いけど、一度乗ってしまうと日本車の安心感は捨てがたい。そんな両者のいいとこ取りしたといえるのが、USトヨタやインフィニティといった、ジャパンブランドの逆輸入車。でもトヨタはいっぱい走っているから…と悩むそこのアナタにオススメしたいのが、このQX60だ。2012年に北米で登場した当初はJXを名乗っていたが、2014年にはネーミングが変更されQX60を名乗る様になる。2016年には力強さをましたフロントマスクに変更されており、ここで紹介する車両は後期型となる。

躍動感溢れるフロントマスクからはスポーティな雰囲気が漂い、ただ荷物がたくさん積める便利なクルマとは明らかに異なる、真のSUVの在り方を主張する。パワーユニットはV6・3.5ℓで、近年のダウンサイジング化の流れを考えれば比較的大きなエンジンを搭載していると言えよう。

駆動方式はAWDで、季節やシーンを選ぶことなくオーナーの行きたいところへ連れて行ってくれる。また3列シートを装備するので、大人数での移動やアウトドアレジャーでも活躍すること間違いなし。ブラック基調のインテリアは非常に落ち着いた雰囲気で、走り/機能/装備のすべてが揃った、非常にバランスのとれた1台なので、シングルからファミリーまで、幅広いユーザーに最適だ。

エンジンは横置き型のVQ35ガソリンエンジン。空気を切り裂くかの様な、尖鋭的なスタイルがインフィニティの個性とも言える。「ありきたりなSUVに乗りたくないし、個性的な1台が欲しい!」と言う人に、ピッタリだ。

インフィニティらしい、やや丸みを帯びたインパネを採用。全席レザーシートを装備しており、非常に落ち着いた雰囲気を演出している。ちなみに走行距離は5.2万km。日本国内未登録の車両なので、最初の車検は3年間。iPhone のミラーリング機能も備わっており、何ら不満のないクルマと言えるだろう。


LEXANI ONE PIECE WHEELS
concave sport series WRAITH XL

基本的にフルノーマルで、タイヤ&ホイールのみカスタマイズ。ホイールはLEXANI WRAITH・Full Blackの22インチで、これにLIONHART・LH-FIVE(265/40R22)を組み合わせており、スポーティかつエレガントなスタイルを実現。足もとまでブラックで統一することで、ボディ各部のクロームを強調することができる。


GraceCAB【グレイスキャブ】

TEL:0568-35-7790
http://gracecab.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


純正デザインを壊さず違いを生み出すZERO DESIGN

2021年、新型エスカレードを日本最速導入したアズールモータリング・アメリカンショールームは、ノーマル展示をすることなくZERO DESIGNによるボディキット製作に着手。ようやくその全貌をお伝えする機会を得た。

USニッサンのレアなミニバン(クエスト)で、ファミリー揃ってデッカク遊ぼう!

アメ車のミニバンといえばアストロがド定番。あとはUSトヨタのシエナとなるのがメジャーだし事実イベントでもよく見る。しかし家族で使いやすい左ハンがいいけど人とかぶりたくないなんて人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、モナミモータースが輸入するUSニッサン・クエストだ。

USトヨタの4ランナーは、日本市場でも扱いやすいミドルサイズSUV

AMERICAN SUV 今乗りたいアメリカンSUV
2018 TOYOTA 4RUNNER

アメ車と、仲間と戯れる、最高の空間を手に入れた夫婦

夫婦でそれぞれクルマを所有しているのは珍しいことではないけれど、それが共にアメ車となれば話は別。さらにガレージ、アメ車が10台以上止められる広い敷地、これはもうアメ車乗りの理想形が詰まっている!

オリジナルの良さを維持して、乗り続けていきたい名車GMCジミー

K5ブレイザーよりもさらにレアキャラなGMC・ジミーを愛車に持つ田中さん。トラックにシェルを乗せただけに見えるルーツの濃さが、元サニトラ乗りの心を鷲掴み。“イジるよりも維持る”がモットーだ!

 

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/05

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

バン

1995 GMC GRUMMAN P20

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】