USニッサンのレアなミニバン(クエスト)で、ファミリー揃ってデッカク遊ぼう!

バン

逆輸入車

OTHER

アメマガ2022年10月号

モナミモータース

埼玉県

USニッサン

クエスト

クエスト SV

アメ車のミニバンといえばアストロがド定番。あとはUSトヨタのシエナとなるのがメジャーだし事実イベントでもよく見る。しかし家族で使いやすい左ハンがいいけど人とかぶりたくないなんて人もいるだろう。そんな人におすすめなのが、モナミモータースが輸入するUSニッサン・クエストだ。


レア度は確実にバツグン!エルグラ譲りの性能もイイ

'17 US NISSAN QUEST SV

クエストはUSニッサンが販売していたミニバン。販売は2017年で終了しており、中古市場でしか手に入らないクルマだ。取材車両は4代目のRE52、ミドルグレードのSV。型式からも分かるようにベースはE52エルグランドだが、全長、全幅ともに国内モデルよりも拡張されている。エンジンは国内モデルと共用のVQ35DEを搭載。ルーフレールを装備していたりグレードによってはサンルーフなど、エルグランドにはない架装があるのも特長だ。

このクエストを輸入しているのがUSニッサンにも精通するモナミモータース。店頭にはフルサイズピックアップのタイタンも鎮座している。

 

もともとクエストを輸入したのはお客さんからのオーダーがキッカケ。その際に現地で見て自社販売分も入れたそう。実際に乗ると極めて優れた静粛性や快適な乗り心地に驚く。しかも肩回りや足もとのスペースは広く、居住性も素晴らしい。

 

セカンドシートは2名乗車でセンターにはドリンクホルダー付きアームレストが装備されている。また、全長が拡大された分、サードシート後方のラゲッジスペースも広く日常での実用性も高そうだ。そして何よりも人とかぶらないレアモデルということもクエストの魅力。

 

モナミモータースでは試乗も可能。来場者にはプレゼントもあるので気軽に問い合わせてみよう!

押し出しの強くなる傾向が強い日本の北米モデルだが、クエストに関しては比較的おとなしい顔となっている。このあたりはアメリカにおいてもファミリー層を意識しているのだろう。またエルグランドにはないルーフレールが装備されており、レジャーにも活躍するだろう。タイヤサイズは225/65R16でカスタムもしやすそう。バックカメラも装備しており、乗りやすい1台だ。

VQ35DEでエルグランドと同じエンジンを搭載。V6 3.5ℓ。パワーは260hpとなっている。もちろん、アメ車らしさはないが、V型の特長である静粛性や足回りの良さにより乗り心地は快適。さすがニッサンのミニバンフラッグシップだ。

オフホワイトと木目調パネルの上品なコクピット。ステアリングとシフトノブはレザー巻きになっており高級感も高い。センターコンソールのドリンクホルダーや大きなグローブボックス、USBのコネクタなども装備されているなど、実用性にも優れた作り込みとなっている。

7名乗車が可能な3列シートを採用。セカンドシートは独立型となっており、センターにコンソールボックスを用意するなどエルグランド譲りの快適性を持つ。ただしオットマンなどは装備されていないなど高級車というよりも実用性重視となる。

クエストのサイズは全長5100mm、全幅1970mmで、エルグランドに比べると85mm長くなる。その恩恵を受けるのはラゲッジスペースで、3列目の後方に50cmほど余裕がある。


CUSTOM SAMPLE
さらにカスタムしてオンリーワンを手に入れられる!

モナミモータースではクエストのカスタマイズも可能。このクルマではHKSの車高調でローダウンを行い、ホイールはインフィニティの20インチホイールを装着する。シートには内装に合わせたホワイトのレザーシートカバーを装着。サブウーファーも装備することで居住性をアップグレードしている。この他にもオーダー次第でさまざまなカスタムを行ってくれるので、気兼ねなく相談するといいだろう。


モナミモータース

住所:埼玉県川越市的場981-7
TEL:049-232-5888
HP:http://www.monamimotors.com
OPEN:平日 8:30 ~18:00 土日 9:00 ~17:00
CLOSE:祝日・第2 土曜&日曜

クエストなど、自社輸入車を中心にUSニッサンなど多彩なラインナップを揃えるモナミモータース。成約時だけでなく試乗でもプレゼントを用意しているぞ。


PHOTO:Tomo's PHOTO
TEXT:石上智章
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


日産だけど「アメ車」。デザインと機能性を兼ね備える「タイタン」がカッコイイ!

トヨタ・タンドラの知名度には劣るが、堂々たる佇まいは引けを取らない「日産・タイタン」。2016年モデルから第二世代へと突入して大型化に拍車が掛かり、さらに注目度もUP。日産タイタンの魅力を余すことなくご紹介していこう。

Photo|佐藤直貴
Text |編集部

【日産タイタン】2017&2018年第2世代モデルの魅力をしっかり解説

アメ車といえばタフでワイルドな風貌の4駆&トラックが豊富。中でも、近年ではジープのJK&JLラングラーがとにかく人気を集めている。しかし、忘れちゃならないのが、日本車ながら北米で絶大な人気を誇る逆輸入車の日産タイタンだ。その人気のヒミツを紹介していこう。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE編集部

特殊塗料LINE-X を用いてタイタンをクールにアピール!

6インチアップが施されたワイルド・タイタン。大きなエンジンに大きなボディ、タフでワイルド、たくさんの人と荷物を乗せての移動も快適、これからがアメリカン4×4最大の長所。まさにアメリカらしい世界観。今一度戯れたいアナタに贈る大特集。

もっともアメリカンスピリットを踏襲するアメ車 AMERICAN 4×4
タフでパワフルなアメリカン4×4 真の魅力を味わう時は今しかない!!

躍動感溢れるスタイリングと利便性を兼ね備えた万能SUV【インフィニティQX60】

ラグジュアリーSUVに乗りたいけれど、人と同じクルマには乗りたくないし、日常の使い勝手も重視したい。そんな要望を満たすクルマって…と思っていたら、QX60が急浮上。ある意味ダークホース的存在だ。

アメマガ主催イベントで目にしたニッサンタイタンに視線は釘付け!!

2018 NISSAN TITAN Crew Cab SV

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429