ひと手間加えて防音・猛暑対策も!たるんだ天井を自らの手で張り替える!

メンテナンス

アメマガ2022年10月号

ガレージジョーカー

千葉県

THE AMERICAN TRUCK & SUV

最近、愛車の天井がたるんできた。そんな悩みを持つオーナーは多いのでは?でも張り替えって、お願いすると高いんでしょ? だったら自分でやってみる?生地もネットで買えるし専門工具も不要。やろうと思えば、なんだってできる!

THE AMERICAN TRUCK & SUV


木工用ボンドを使う理由は生地の貼り直しができるから

90年代のアメ車の人気が上昇しているが、年数的には20年も前のクルマ。外装や内装に経年劣化の部分が現れるのは当然のこと。そんな時に、外装は板金塗装でリフレッシュするオーナーも多いだろうが、内装はどうしてる? もしかして、天井のクロスが垂れ下がっているのを「見て見ぬふり」なんてことはしていない?

そこで今回は、オーナーでもできる天井クロスの張り替え作業をガレージジョーカーがレクチャー。ショップでは本国生地専門店から仕入れているが、ネットで生地を販売しているサイトもあり購入も可能。当たり前だが、生地を張るヘッドライナーを覆えるサイズの確認は必須だ。

 

作業には、基本的に専門工具や特殊な材料は不要。生地を貼る際に使う接着剤は、ホームセンターで売られている木工用ボンドと、生地折り返しの部分に使う汎用性の速乾タイプの接着剤。木工用ボンドは、乾く前なら生地の貼り直しが可能なため、初心者でも使いやい接着剤として使用する。

 

作業は接着剤の乾燥も合わせて2日程度。1人でも作業は可能だが、せめて2人居れば安心。是非チャレンジしてみよう!


今回の交換作業モデル
経年劣化と猛暑が原因?まさにお手本となる天井のタレ具合

ガレージジョーカーの移動用兼デモカーとして使われているK2500が、今回の交換作業モデル。写真のように天井のクロスは垂れ下がり、フロントガラス側は破れている。さすがに20数年も経過すると、普通に使用していてもこんな状態になってしまう。

ヘッドライナーボードは貴重なパーツなので大事に扱うべし!


まずは天井のヘッドライナーボードを取り外すことから始まる。天井に影響しているパーツを取り外す。プラスネジ、ボルト、ピン留めなど様々。


サンバイザー、ピラー、ルームランプなどのパーツを取り外すと、ヘッドライナーボードを取り外すことができる。慎重に車外へ取り出す。


取り外したヘッドライナーボード。貼られている元の生地を剥がしていく。生地とウレタンの2層構造になっているので、全て綺麗に剥がす。ヒビ割れなどがあれば、ダクトテープで補修。


元のウレタンを綺麗に剥がすために、家庭用のタワシも有効。取り残しがあると接着剤が上手く付かないので念入りに除去。


新たに張り替えるのは、ウレタン付きのグレーのダイヤ柄生地。生地を購入する際は、ウレタン付きか、ウレタンの別途購入も忘れずに。


生地をヘッドライナーボードに貼る接着剤は、ホームセンターで購入した木工用ボンド。ボード片面全体にボンドを塗り込んでいく。ボードは微妙な凹凸があるので細かくチェック。


因みにプロの現場では木工用ボンドは使用せず、速乾性タイプを使用。木工用ボンドはすぐに乾かないため、生地を置いた位置の修正が可能。一般読者向けに、木工用ボンドを使っているのだ。


接着剤を塗ったボードに新しい生地を載せて圧着。生地はボードと同じ寸法にはせず、大きめにカットして裏側に折り込む。


折り返しの部分をしっかり圧着させるため、こちらもホームセンターで売っている速乾性の接着剤を使用しクリップ等で圧着。半日ほど放置。


生地がしっかりボードに接着しているのを確認し、ボードを裏返してルームランプ穴、パーツネジ穴を生地に空けていく。


生地を張り終えたボードを車内に運び設置。取り外していたパーツを組み込んでいき作業は終了となる。

遂に完成…その前に、防音・防振・猛暑対策に特殊シートを貼る!

天井張り替え作業は上段の一連で終了となるが、ガレージジョーカーで行なう通常作業では、防音・防振シートを貼り、より車内を快適にするひと手間を加えている。防振材は耐熱性にも優れ、車内温度を抑える効果も期待できる。材料はホームセンターで同様のモノが売っているので、せっかくここまでパーツを取り外したのなら、やるのもありだ。


防音材(消音)


防振材(耐熱)


GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

TEL:0479-25-7740
HP:https://www.garage-joker.com/

ネットでもクルマ用の生地を購入することができるが、ガレージジョーカーはアメリカにある生地専門店から仕入れている。下写真は、過去にその生地専門店を訪れた際の模様。様々な素材とカラーバリエーションの生地が倉庫に並び、各年代のアメ車純正生地もここなら全て揃う。


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年10月号掲載


関連記事

RELATED


錆の悩みを解消。効果絶大防錆ペイント!防振・防音・密封・耐熱の効果も高い

普段あまり見る機会がないボディ下回り。アナタの愛車は、もしかしたら錆で腐食が進行しているかもしれない。そのまま対策を取らずに放置していくと… 。愛車のために、簡易的ではなく本格的な錆対策をオススメする。千葉県のガレージジョーカーでは、効果絶大な防錆ペイントの施工を行なっているぞ!

経年劣化で黄ばんだマグナムのヘッドライトを交換しよう! だが問題は…

飛び石だらけのフロントガラス新品に交換しちゃいます!【デュランゴの挑戦 Vol.59】

フロントガラスの飛び石は当時から1つあったけど、今では5個にまで増えた。しかも視界に入る嫌な位置に…。修復はもはや不可能。アメリカから新品ガラスを取り寄せちゃいました!

パーツ仕入れすべてを自社で行なう数少ないアメ車ショップ【ガレージ ジョーカー】

全国にビンテージカーを販売するショップは数あれど、車両購入後のアフターフォローのすべてを自社で完遂できるところはごく少数。ビンテージカー所有には、こうしたショップの存在が重要だ。

フェイスチェンジで日本に設定がない左ハンドル300Cツーリングに

マグナムをベースにチャージャー、チャレンジャーのフェイスを移植し話題のガレージジョーカー。現在は300Cフェイスを移植し、設定にはない左ハンドルの300Cツーリングを増産中だ。

 

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/05/23

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

ピックアップトラック

フォード

AMERICAN 4X4 & TRUCK
FORD F-150 SVT RAPTOR

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。