350V8エンジン換装に4L60Eを組み合わせ地を這う様に走るシボレーS-10

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2022年11月号

S-10

A LIFE WITH S-10

ネイリストの彼女が青・黄・白を何度も納得いくまで配合して生み出した、完全オリジナル調色のミントグリーンが色鮮やかなスラムドC-10。V8搭載でさらに進化させたガールズトラッキンカスタムの現在地に密着!

A LIFE WITH S-10


夫婦で協力仕合ながら、オリジナリティを追及

1995 CHEVROLET S-10

以前アメマガガール企画でも登場して頂いた和歌山県の萌さん。エンジン換装からフレーム加工、エアサスのインストールなど、何でも自分でこなす中岡氏の妻であり、自らのS-10に関しては夫婦共同作業で一緒にカスタムに勤しむ強者。そんな彼女のS-10がエンジン換装で大きく進化したと聞いて再び取材へと向かった。

 

相変わらず鮮やかで発色の良いミントグリーン系でオリジナル調色されたボディカラーは、蒼い夏空に映える。今回の大きな変更点は主に350エンジン換装、ベッド部分の造り込み、そしてインテリアカスタムの通過点だ。

エンジン換装はボンネットをストックのまま実現すべく小径のエアクリーナーを採用。高さがあったので台座の部分やエアフィルターをスライス加工。「こんな小さいエアクリあった!?」と目を疑うサイズ感ではあるが、吸気効率に問題なし!

 

組み合わせるミッションはATのみコンピューター制御をかける4L60E。キャブ車らしい乗り味を楽しみつつ、乗りやすくて故障してもすぐにパーツが手配できるユニットへ換装した。

 

エアサスは夫と共に組んだエアフォースのスーパーパフォーマンスキット。プレッシャーセンサーのエア圧数値をECUがデジタル化してリモコンにエア圧を表示。予めメモリーさせた車高へボタン一つでセッティングできて低い姿勢で走らせることも可能だ。

 

以前はベッド部分にフレームやエアサスのシステムが剥き出しだったが、現在はキャビン後方にメンテナンス用の開口部を設けて鉄板でベッド部分を製作。何か不具合があってもクィックメンテナンスできる様に配慮。

 

現在デジタルメーターを導入して、インパネ周りの造り込みを思案中とのこと。妄想、想像してカタチにしていく時間を、夫婦で共有できるのは羨ましい限りだ。

違和感なく収まっているが、フェイスは同年代のS10ブレイザー用をスワップ。トラックとはヘッドライトの形状が異なる。大胆なフェンダー被りで魅せるイントロのボトムスもクール!

サイドシルカットなしでも水平に良い具合にスラムドするS-10。キャビンの床揚げ具合やベッド部分を見れば、スラムドスタイルの凄まじさが一目瞭然。

エンジンは350 V8で4速AT(4L60E)を組み合わせ、エアクリーナーがスライスされて薄くなっているのが分かる。ステアリングギアボックスやフレームを巧みにかわすヘダースはHedmanをベースにワンオフで製作。

太めのフレームに直付けされたスイッチ類、そしてビレットステアリングの前にレイアウトされたデジタルメーターやトルグスイッチがスパルタンな印象のインテリア。現在このインパネ周りをどう仕上げていくかを思案中だ。

OWNER'S FILE : Moe


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


小回りが効いて、荷物もガンガン積める最高の足車【1995 シボレーS-10】

以前誌面に登場したK5サバーバンに乗るリヒトくん。彼の母親であるMikiさんもは1995年型S-10オーナー。親の影響を受けて子供もアメ車に乗るって話は良く聞くけど、その逆を行く彼女のS10ライフとは!?

足車のジムニーをシボレーS‐10へ気楽に乗れるサイズ感が最高

グランドチェロキーを所有している西井さんが「ラフに、カジュアルに乗れるトラックを増車したい!」と選んだのがS-10。キャンプの足にはもちろん日常使いでも大活躍。その魅力について話を伺ってきた。

ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

NASCARトラック的なアプローチの「美」C1500

レギュラーキャブのC1500をスポーツトラックとして満喫するべく、あえてのV6搭載車。フロントミッドのレイアウトは重量バランスも良く、モディファイしたV6は十分なトルクと軽快なレスポンスを両立する。

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。