小回りが効いて、荷物もガンガン積める最高の足車【1995 シボレーS-10】

ピックアップトラック

シボレー

アメマガ2022年11月号

S-10

A LIFE WITH S-10

以前誌面に登場したK5サバーバンに乗るリヒトくん。彼の母親であるMikiさんもは1995年型S-10オーナー。親の影響を受けて子供もアメ車に乗るって話は良く聞くけど、その逆を行く彼女のS10ライフとは!?

A LIFE WITH S-10


息子が購入したアメ車に魅了されて、ワタシも乗る♡と決意!

1995 CHEVROLET S-10

ブラックに見えて濃い目のブラウンカラーに、内装をウッドでDIY製作したK5サバーバンオーナーのリヒトくん。本誌に登場した時よりもリア側の車高を落として着々と自分色に染めていく姿勢は若きオーナーの鏡。ちなみに隣にいるのは新婚ホヤホヤの奥様。

 

しかも、ここで仲間たちと式を挙げた思い入れの深い場所とあって、同じ場所で母親のS-10も撮影することとなった。ちなみに彼の妻は現在B2200の左ハンドル、ハイドロ付きの車両に乗っていて、 こちらのページで紹介した ミントグリーンのS-10オーナーである先輩の中岡夫婦と同じく、夫婦の会話の中心は専らトラッキンカスタムだ(笑)。

その母親がこのS-10オーナーというから二世代纏めてドップリと沼にハマっていると言っても過言ではない。実はMikiさん、リヒトさんがチョッパーカスタムのハーレーにハマっている時も、タンデムして一緒にツーリングに出かける程の強者で、今回も何度かサバーバンに乗せてもらう内に「ワタシも乗ろうかな♡」と決意。

 

中岡氏に相談したところ、ちょうど手頃なサイズ感の良い個体がある! とこのS-10を披露。そこまでアメ車に詳しくない彼女は、これが萌さんのS-10と同年式、同車種であることも良く分からなかったが、ベンチシートに娘+αで3人座れて大きな荷台に荷物をたくさん積めて、国道から逸れると狭い道も多い和歌山の道をスイスイ走れるサイズ感とメリットしかないと絶賛して即決。

 

このクルマで娘の送迎や買い物はもちろん、断捨離や引っ越しする知人、友人のお手伝いまで軽快なフットワークで助っ人に向かうことも多いらしい。カスタムやメンテナンスは息子や中岡氏に任せつつ、軽トラ感覚で乗りこなす姿が粋な彼女のS-10ライフは、本国郊外で見る現地の母みたいでリアルに乗りこなす感が格好いい!

95年モデルだけど98年以降のフェイスへスワップされたフロントマスク。実はボンネットをソノマ用へ変更するなど、純正然としながらもマニア心擽るこだわりを持つ。

バンパーレスのロールパンにゲートスムージングされたリアベッド部分は、知人の不用品処分や引っ越しの手伝いでしっかりトラックとして大活躍。

インテリアはRECARAのステアリング換装とホーンボタンをスイッチ式に変更した程度で95年型のオリジナルインテリア。娘を真ん中に乗せれば大人2+子供の3人乗車も余裕だ。

OWNER'S FILE : Miki & Shion


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


350V8エンジン換装に4L60Eを組み合わせ地を這う様に走るシボレーS-10

ネイリストの彼女が青・黄・白を何度も納得いくまで配合して生み出した、完全オリジナル調色のミントグリーンが色鮮やかなスラムドC-10。V8搭載でさらに進化させたガールズトラッキンカスタムの現在地に密着!

足車のジムニーをシボレーS‐10へ気楽に乗れるサイズ感が最高

グランドチェロキーを所有している西井さんが「ラフに、カジュアルに乗れるトラックを増車したい!」と選んだのがS-10。キャンプの足にはもちろん日常使いでも大活躍。その魅力について話を伺ってきた。

ツーリングで偶然見かけた 空き店舗をフルリノベーション!【ROUTE 65】

クルーキャブのロングベッドに乗って、本誌イベントをはじめ様々なミーティングに参加している池田さん。OBS界髄一の超ロングホイールベースは、どこに出没しても注目の的。そんな彼が大阪府の最南端でアメリカンダイナーをオープン!

やり尽くしたOBSで令和の時代を走る贅沢!

シンプルにオリジナル志向で乗っても、ガッツリカスタムして乗っても様になるOBS。中でも当時のカスタムカルチャーを色濃く残した個体は、マニアの間でも人気急上昇中。紹介するC-1500ファントムデューリーはまさに、1990年代のカスタムシーンを彷彿とさせるマニア必見の個体だ。

NASCARトラック的なアプローチの「美」C1500

レギュラーキャブのC1500をスポーツトラックとして満喫するべく、あえてのV6搭載車。フロントミッドのレイアウトは重量バランスも良く、モディファイしたV6は十分なトルクと軽快なレスポンスを両立する。

 

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]