数値じゃ語れない肌で感じるマッスルカーの大本命【1968 フォードマスタングGT】

クーペ

フォード

アメマガ2022年11月号

マスタング

マスタングGT

ナオキモータービルド

THRILL RIDES

大阪府

1960年代後半はアメ車全般的に排気量が大きくなり、ビッグブロックを積んだモデルが続々とリリースされたマッスルカーの黄金時代。当時の大本命と言えば390ci(6.4ℓ)のビッグブロックエンジンではあるが、289ci(4.7ℓ)搭載の現車も実に味わい深いマッスルカーとして称賛されるべきモデルだ。

THRILL RIDES


半世紀も経過すると排気量云々だけじゃ語れない

1968 FORD MUSTANG GT

マッスルカーの定義は割と曖昧で、線引きはある意味グレーゾーン。「これはマッスルカーでそれはマッスルカーじゃない!」なんて議論もある意味個々の捉え方によって様々なので、ここでそれを明確にするつもりはない。

 

マスタングに関して言えば、一般的にハイパフォーマンス化のあおりを受けてFEブロックと呼ばれるビッグブロックの搭載が始まった67年以降のモデルがそれに当たるとされているが、ル・マンで名を馳せたキャロルシェルビーに製作を依頼したGT350のベースは紹介する個体と同じ289ciエンジン。

 

ちなみにGT500は67年モデルの390ciエンジンをベースに製作。馬力上の数値や排気量の大きさだけを語るとすれば、GT350やGT500、さらには68年に誕生したコブラジェット搭載の428に敵わないが、半世紀を過ぎた昨今、現行モデルのマッスルカーに太刀打ちなどできるはずもなく、ビンテージマッスルカーとしては、そんな数値に囚われるのではなく、むしろコンディションの良し悪しを見極めることが大切である。

紹介するマスタングファストバックは1968年型で3年前に本国より日本へ持ち込んだ車両。搭載されるエンジンは289ciではあるが、整備やメンテナンスが徹底されていることもあり、撮影時は軽くアクセルを踏み込むだけでホイールスピンするレベル。この手のモデルにありがちなセルを回した時の燻り感もほとんどなく、一度エンジンに火を入れるや否やアグレッシブな走りを魅せる。実際撮影場所で軽く走ってもらった時もクィックな挙動で軽快に走り抜ける様を目の当たりにした。

 

ちなみにこの個体、オリジナル重視に見えて実はリアタイヤのみ太めのセッティングとなっている。割とオリジナルに忠実なタイヤ設定のマスタングが多い中で、この個体がマッスルカーらしさを色濃く感じさせるアクセントとして、タイヤのトレッド幅は大きく貢献している。バーンナウトで砂埃を巻き上げる姿もこのタイヤサイズだからこそ絵になる。

4速マニュアルで軽快な加速感、そして整備が行き届いた安心感をもたらす68年型のマスタングファストバック。現在ナオキモータービルドでペインレスフルハーネスへの引き直し作業やビンテージエアーの追加を行なっており、より一層の快適仕様を目指してアップデート中。

 

ヘダースやフローマスターでダイレクトなエギゾーストサウンドを奏でるマフラーからのアプローチ、そして大きなウッドステアリングから伝わる振動、リア側に少々太めのサイズをセットしたBFグッドリッチラジアルT/Aから伝わってくる動力、そのどれもが数値的な物差しでは測りきれないダイレクトな刺激。この刺激こそ、マッスルカーの醍醐味ではないだろうか。

真横から見ると明らかにリア側のタイヤが太いことが一目瞭然。この履きこなしがジェントルなマスタングファストバックのフォルムにスパルタンな刺激をプラスする。リアフェンダーのボリューム感も60 年代のマッスルカーらしくて素敵!

半世紀前のモデルでも新品パーツが出るところがアメリカンビンテージカーの良さ。エンブレムやクロームのトリム、アイアンバンパーを始め、くすみ一つない煌びやかさも極上ボディか否かを左右する重要なアクセントとなる。

搭載されるエンジンは289ci。上級モデルには、より大排気量でトルクフル、ハイパフォーマンスな物も存在するが、いくら排気量が大きくてもそれ相応の整備やメンテナンスが疎かでは本末転倒。4MTで加速感を噛みしめながら当時らしいエギゾーストサウンドを奏でて走らせてこそ、ビンテージマッスル本来の良さを味わえる。ホイールスピンやバーンアウトが当たり前に楽しめるのは、コンディションが良い証拠だ。

ダッシュ周りやシート、内貼りはオリジナル重視で大きな変更を加えていない。ペダル中央のブレーキペダルにはディスクブレーキと記載されたプレートをあしらう。ドラムブレーキが大半だった当時、ディスクブレーキ採用も一つのステイタスとして存在していた名残ではあるが、こうした装飾のひとつひとつが、良い状態で残っていることも、その個体が大切に扱われてきたか否かをジャッジする大事な部分だ。


THANKS:ナオキモータービルド【Naoki Motor Build】

TEL:072-236-7300
https://naoki-mb.co.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


カリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

現在マスタングのなかで、スーパーチャージャーを搭載しないNAエンジンではトップグレードとなるマッハ1。アメ車乗りには左ハンドル信者も多いが、埼玉県のカリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

夫婦で北海道旅行を模索その相棒にラングラー

イクメンパパとして、大好きなクルマ遊びを封印し10年。子育ても落ち着き解き放たれた西本さんは、エスカレード、チャレンジャー、そして現在のマスタングGTと次々に乗り換えていく。そしてマスタングのカスタムもひと段落すると、またしてもウズウズ。そろそろ、新しい遊び相手が欲しい!

ローライダーとは一味異なる 大人の嗜みが、そこにある【1969y シボレーシェベル】

1964インパラコンバーを所有してローライダーライフを謳歌してきたHIDE1969さん。そんな彼が40代半ばで大人のアメ車道楽として選んだのが、紹介する69年型シェベル。ガレージに保管して眺めるよりも乗って楽しむマッスルカーライフに迫る!

ネオマッスル系に仕上がっていたマスタングを手に入れ、自分好みの仕様へ仕立てていく

彼女たち流のアメ車との付き合い方
以前ガールズオーナー特集でもチラッとご登場いただいたりこぴん。あの頃からさらに煮詰めたオンリーワンカスタム。一度ネオマッスル系に仕上がっていた車輛を手に入れ、自分好みの仕様へと仕立てていく過程が何よりも楽しい!

 

最新記事


2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

2024/05/15

SUVが小さく見える、本気のモーターホーム【2022 TIFFIN ALLEGRO BREEZE 33BR】

キャンピング

OTHER

アウトドア

アメ車の専門店は全国にあるが、バスの様なモーターホームを扱うのは、熊本のワッツ以外にないのでは?代表の村上さんは「他店にはない個性」を追求した結果と語るが、全国から問い合わせが後を絶たないそうだ。

ランキング


2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2020/07/28

【パワーと贅沢の融合】一度は乗ってみたいGMCシエラ・デナリの魅力

ピックアップトラック

GMCシエラ・デナリについて解説。シボレーよりもGMC派にとっては、ヘビーデューティ性能とラグジュアリーが融合した魅力的な選択肢として人気の車種。豪華な装備やオフロード性能、EcoTec3 5.3L V8エンジンなど、ユニークな特徴をご紹介しよう!

2024/05/16

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ステーションワゴン

ビンテージ

シボレー

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。