これから目指したいのは、地元のアメ車屋のオヤジ【GLOBAL】

ショップ

アメマガ2023年2月号

全国ショップキャラバン

ショップキャラバン九州

グローバル

アメマガリコメンドショップ

熊本県

福岡に次いで、アメ車専門店が多い熊本。今では多くの専門店が立ち並ぶが、信じ難いことに40年ほど前は皆無と言える状態。その熊本の地で、アメ車文化を開拓したのがグローバルだ。

ショップキャラバン九州


数の多さを目指すのでなく、質の高い丁寧な接客が目標

グローバル

免許を取得して直ぐにアメ車を手に入れたが、どこのショップでもちゃんと直せない。しかも半年近く放置され、挙句「アメ車はこんなものだよ…」と心ない言葉を投げかけらたとか。だがこれが後にグローバルを設立する原動力となる。今では熊本だけでも多くのアメ車専門店が立ち並び互いに切磋琢磨しているが、その礎を築いたのがグローバルの川端氏だ。

現在ショップを立ち上げて30年近くになり、その間アメリカのSEMAショーなどを何度も視察。常にエネルギッシュに活動するが、様々な経験を積んだことで初めて見えることもあると川端氏は語る。「大都市圏では何台もクルマが売れるだろうけど、熊本では台数で勝負するのは難しいね。でも、アメ車に乗りたいお客さんの熱意に違いはないし、初めてアメ車に乗る人に最適なアドバイスや提案をしてあげることの重要性を再確認したね。クルマをただ販売すれば良いのでなく、やはり人と人との付き合いで、誠意や心が重要だよね」と語る。

 

川端氏は、2022年の10月に、久々に熊本でKCMというイベントも主催。「カスタムした愛車をユーザーは多くの人に見て貰いたいだろうし、その機会を提供するのも重要かな。でも、それだけでなく若いショップの代表者同士が交流することで、自分のお客さんが遠方で困った時にサポートし合える関係も築いて欲しいよね。確かにクルマは機械で壊れるもの。でも、壊れた時に『グローバルなら面倒見てくれる』と思って欲しいし、もっと地元に密着したアメ車屋を目指したいよね」とも。

 

また、イベント直後には5年ぶりに渡米し、ドラッグレースやSEMAを視察。残念ながらSEMAで参考となるカスタムはなかったそうだが、その理由を伺うと「アストロブームの時のような新しさがなく、行き着いた感があるね。でも個人的にアメリカの空気感が大好きだし、子供の頃にTVで見た色々な物が大きすぎる『無駄の美学』は今の自分の原点。だからアメリカに行くことは良い刺激になるね。

 

日本と違ってアメリカは古いものを大切にする文化があるし、新しいことばかり追いかけていると足もとが見えなくなる。だから今まで以上一人一人のお客さんと向き合って、しっかり話し合ってクルマを提案して行きたいね」と語る。お客さんから頼られることはクルマ屋さん冥利に尽きるし、そう言われると「任せてください!」と言わずにいられないとか。だが、そういったコミニケーションも含め、グローバルはこれからも広い世代に対し、アメ車の魅力を広めてくれることだろう。


GLOBAL【グローバル】

住所:熊本県熊本市東区戸島西3丁目1-3
電話:096-360-7800
営業時間:9:00~20:00(平日)10:00~19:00(日・祝)
定休日:年中無休
https://www.imp-global.com/

世代やジャンルを問わず、様々なアメ車が並ぶグローバル。初めてアメ車に乗ろうと思う人からの相談は、とくにウエルカムとのこと。車両の購入だけでなく、その後のメンテナンスまでしっかり対応してくれる頼もしさも魅力の一つ。

 

またカスタムにも精通し、ユーザーの自己主張の実現に、最善の方法を提案してくれるだろう。クルマを所有し乗る楽しさを広めることが、これからのクルマ屋には必要だと川端氏は語る。


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年2月号掲載


関連記事

RELATED


走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

大量生産品ではない、唯一無二の仕様を提案【ヘブンスペース】

アメ車を買って自分だけのカスタムもしたい!そう考えるユーザーから支持され続けるお店、ヘブンスペース。まったく異なる仕様に仕上がった2台のC-1500は、同社の幅広い技術力が垣間見える。

空港から徒歩圏内の好立地、鹿児島県を代表する覇王ホイールズ!

自社オリジナルブランドのAMEMAG、オーダーメイド鍛造ホイールのHIGH FORGEDを手掛ける鹿児島県の覇王ホイールズ。クロスファイブを初めとする各種イベントでインパクトの強いオフロードビークルが並ぶ姿にカーショップと勘違いする人も続出!?

2インチリフトアップでも37インチタイヤが装着可能【SCT-XWD】

ピックアップが好きだったことが嵩じて、四駆専門店を始めたSCT-XWDの六田社長。長年ラングラーのカスタムに取り組んできたが、JEEP+ピックアップというJTは、まさに格好の素材だと語る。

アメ車から逆輸入車まで幅広い車種をラインナップ【オートギャラリー福岡】

東京・名古屋・大阪・北九州・福岡の5カ所に店舗を構え、アメ車の販売だけでなく、買い取リにも力を入れているオートギャラリー。今回は九州の拠点と言うべき、福岡店を紹介しよう!

 

最新記事


2024/07/20

ROHANオリジナル コンプリートカーが愛知県に上陸!

ショップ

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!

2024/07/18

【プリマスロードランナー】マッスルカーナショナルズの引き継ぎがターニングポイント!

クーペ

ビンテージ

プリマス

69年型シェベルを愛用してきたオーナーさんがこのロードランナーを手に入れたのが2019年。マッスルカーナショナルズを若い世代に委ねると、お声がかかったタイミングでの乗り換えはある意味、運命!

2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

ランキング


2024/07/17

そろそろ私もジープが似合う、大人の女性を目指そうかな。【Sareee】

SUV

アメマガガールズ

ジープ

もっと強くもっとかっこよくなるために自分磨きに挑戦
プロレス界の太陽神 Sareee

2023/04/10

多くのアメ車を所有するもずっと頭から離れなかった憧れのアストロ

バン

シボレー

アメリカンカルチャーが好きでアメ車にハマり、これまで所有したアメ車は片手では収まりきらない角田さん。しかも常に2台所有が基本スタイルで、現在はシルバラードと、いつかは乗りたいとずっと願っていたアストロが愛車になっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/07/19

ピンクのラムトラから一転、モノトーン基調のチャージャーへ

セダン

アメマガガールズ

ダッジ

数年前、ピンクのラムトラックと共にアメマガガールとして登場してもらったオーナーさんがチャージャーに乗り変えて再び登場。落ち着いて洗練された印象のチャージャーは高校生からずっと憧れてきた大本命だ!