ワイスピにハマった息子がキッカケでチャレンジャーライフがスタート!

クーペ

アメマガガールズ

ダッジ

アメマガ2023年2月号

チャレンジャー

ワイドボディ

TO THE LIMIT!!

チャレンジャー 392 SCATPACK

チャレンジャー392 SCAKPACK SHAKER

長年取材してきた経験から、チャレンジャーやチャージャーに乗る方の多くはワイスピに何らかの影響を受けている傾向が強い。しかし息子がハマって親が買うってパターンはレア。そのキッカケと真相に迫る!

TO THE LIMIT!!


一度は諦めたアメ車ライフを中学生の息子が後押し!

DODGE CHALLENGER 392 SCATPACK SHAKER WIDEBODY

親の影響で子供がアメ車に乗り出したというエピソードは、本誌の「絆企画」でも多く紹介してきた。幼少期からアメ車に馴染んできた子供が、免許を取得して初めての愛車にアメ車を買うって流れだ。

 

しかし今回はその逆。紹介するYukaさんと旦那さんは、20代前半の時にインパラに乗ってアメ車ライフを謳歌した後、息子さんの誕生を機会に子育てに専念すべく、国産車に落ち着いた。所がある日、今までアメ車はおろか、クルマの話すらしなかった息子さんから、「チャレンジャーカッコいいよね!」と突然の言葉。ワイルドスピードを見てチャレンジャーの虜となった息子さんは、当時中学二年生。旦那さんと相談して「これは再びアメ車に乗る良いタイミングなのでは!?」と解釈し、真っ赤なト―レッドのRTを購入。

しかし、それを上回る魅力的なボディカラー・ヘルレイズンが登場する。もともとプラムクレイジーが好みだっただけに、実車を見に行った瞬間「色に一目惚れ」。さらにワイドボディ、392シェイカーと、3種の神器の如くフルコンボな個体だった事もあって、即決で乗り換えを決意したと言う。新車で買って1年未満でまた新車に乗り換えると言う異例のパターンではあったが、色に一目惚れしたYukaさんと、ハイパフォーマンスを欲していた旦那さんの意見は一致し、何の迷いもなく乗り換えたと言う。もちろんワイスピにハマった息子さんもこのワイドボディに惚れ込み、休みが合えばYukaさんと息子さんで海沿いをドライブに行ったりすることもあるそうだ。

 

思春期の難しい年頃をアッサリきり抜けるきっかけを作ってくれたのがチャレンジャー。息子さんが免許を取得した時に自らステアリングを握り、Yukaさんを助手席に乗せて海岸沿いをドライブする近い将来がが楽しみでならない。その時は是非、再び本誌で取材させてほしい。

APRパフォーマンスのスプリッターにWickerbillのダウンホースソキューションズ、VICREZのデフューサーとワイドボディフォルムに拍車をかけるフォルム造型美がヘルレイズンの色味も相まって最高にクール!

このチャレンジャーで通勤はもちろん、学校や病院、お買い物と、どこにでも出かけるYukiさん。GTHAUSのマフラーは可変バルブ付なので、状況に応じて音量を控えめにできる所も助かっていると言う。これまでのカスタムは勿論、今後のカスタムについても旦那さんと意見交換しながら進めていき、息子さんとのコミュニケーションは、夫婦の会話を弾ませるキッカケとしてもチャレンジャーが大いに活躍しているそうだ。


OWNER:Yukaさん
主に平日は買い物から学校送迎・通勤までフルに愛用して、日曜日のみ旦那さんが使用すると言うYuka さんのチャレンジャーライフ。子育ても落ち着いたっていうにはまだまだ早いけど、このクルマが在れば思春期の息子さんとも良い関係が築ける!?


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年2月号掲載


関連記事

RELATED


シェイカー乗るなら392! 赤いボディに赤い内装も譲れない!

乗りた車が明確な人は一切の迷いが無い。この色、このエンジン、そしてこの内装!予算で妥協しても後で後悔することを知っている彼女は、賢い買い物が出来る人。そんな女性は、自分時間の使い方も凄く有意義だったりするものだ

遂にこの時が来た…チャレンジャー&チャージャー2024年で生産終了!

世界的な脱ガソリン車の流れには逆らえず、2024年にダッジ・チャレンジャー、チャージャーの生産が中止になると発表された。半導体不足、円安に加えて生産中止ということも重なり、今後は新車の争奪戦が始まる…かもしれない。今のうちに、日本で買える新車購入の検討するのもありだろう。埼玉のオールインポートに、そんな大注目の新車チャレンジャー&チャレンジャーが並んでいる。

ファミリーカーとしてデュランゴヘルキャット

フルレストアされた極上のハコスカと、自慢のチャレンジャー・ヘルキャットワイドボディが並ぶ自宅ガレージ。しかしそこにはもう一台、奥様用の普通のファミリーカーも並ぶ。この光景に違和感を感じるようになり、相応しいクルマを探し求めたオーナーさん。その答えがデュランゴ・SRTヘルキャットだ。

60's、70'sのモパー系を色濃く感じさせるプラムクレイジーに惚れた

DODGE CHALLENGER R/T SHAKER
owner:KANAKO

色のコダワリは無いが、何故か黄色のチャレンジャーを3台乗り継ぐ

走れるチャレンジャーカスタムを提案するCARBOX。ヘルキャットオーナーの竹林さんは、実はこの車両が3台目のチャレンジャーだったりする。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger