デザインは本当に自由、建てながら決められるジェネラルの凄さ

HOUSE

アメマガ2023年3月号

アメリカンハウス

アメリカンライフ

ジェネラルアメリカンホーム

Let's AMERICAN HOME

サーフィンがとにかく大好きな相羽さん。夢のマイホームは、やはりサーファーズハウス。SNSで見付けたジェネラルアメリカンホームのオープンハウスに行き、夢は大きく膨らんでいく。完全自由設計で、家族みんなで楽しみながら理想の住宅を造り上げていった。

Let’s AMERICAN HOME


建築時期未定も1年掛けて図面を作成

サーフィンを初めて18年。相羽さんにとってサーフィンはライフスタイルには欠かせない趣味となり、住む家も海岸沿いに建つサーファーズハウスにするのが夢だった。当時住んでいたのは、65坪の土地に建つ祖父母の住宅兼倉庫。2人の子供も大きくなり、いつかは建て替えを検討していたが具体的なスケジュールはなく、あくまでも将来の夢に過ぎなかった。

 

とはいえ全く行動に出なかったワケではなく、アメリカンデザインで聞いたことがある関東の工務店に連絡を取り相談。だが、相羽さんが住む愛知県での施工は高額な費用が掛かると言われ断念。そこでグーグルで「愛知県 サーファーズハウス」と検索すると、まさに理想とするサーファーズハウスを建築するジェネラルアメリカンホームというハウスメーカーがあることを知る。「名前は聞いたことがなかったんですが、丁度オープンハウスが予定されていて、一度試しに家族で見に行くことにしたんです」。

 

訪れたオープンハウスの住宅は、見た瞬間に家族皆が歓声を上げるほど、お洒落で個性的なデザイン。「外観だけじゃなく、内装も海外の住宅のようで凄かったですね。僕は最初、外観はサーファーズハウスだけど、内装は一般的な住宅のデザインでも良いと思っていたんですが、ここで考えが変わりました」。そんな内覧で歓声を上げる家族に、「クルマにゴルゴダのステッカーが貼ってますけど良く行くんですか?」と話しかけてきたジェネラルのスタッフ。ゴルゴダとは、名古屋市守山区にある、サーフィンやスノーボードなどのアウトドアレジャーアイテムを販売するショップ。そしてそのゴルゴダの代表の廣瀬さんは、本企画で過去に紹介したこのとあるジェネラルで建築したオーナーだ。「僕は廣瀬さんとは長い付き合いで、ゴルゴダの常連だったんです。その廣瀬さんの住宅をジェネラルが建築中と聞いて、少し不安だった気持ちが一気に晴れました」。

身近な知り合いがジェネラルで建築中と聞き、時期は未定だが自分も建築を検討していることを素直に伝えた相羽さん。お茶を飲む感じで事務所に遊びにおいでと誘われ訪問すると、対応したジェネラル代表の杉山さんは、相羽さんの思う住宅デザインをスラスラと図面に書き出していった。「いきなり図面を書くので驚きましたよ。お金を取られるかもって(笑)。何度も時期は未定と言ったんですが、書くのはタダだからイメージだけでも膨らませて帰ってと」。その後、相羽さん家族はオープンハウスを巡り、そこで見た広い吹き抜けやリビング階段などを理想の住宅案に加え、それを杉山さんに伝え図面に書き出してもらった。そのやり取りは、契約のハンコも押すことなく、なんと約1年も続いたという。

 

建て替え時期のタイミングを見付けられずにいた相羽さんだが、子供たちのことを考え建築を決断。もちろん、建築デザインはジェネラルに依頼。契約前からじっくり打ち合わせしていたこともあり、基本的な図面は完成済み。あとは細かい部分を詰めていくだけだが、杉山さんからひとつ提案を受ける。「外装の色をティファニーブルーにしてみない?」。相羽さんはグレーの外壁、内装もグレーをベースに考えていたようだが、想定外の提案に困惑。しかし、何度も訪問したオープンハウスは全てが個性的だったこともあり、思い切って快諾。「色んなカラーを入れている住宅をたくさん見て、頭がバグったのかもしれないですね。どんどんブルーを内装に入れていきました(笑)」。因みに、今では外装にティファニーブルーを選択するオーナーも増えているが、ジェネラルで最初にティファニーブルーを取り入れたのは相羽さん邸だ。

長い打ち合わせによってデザインを決め、その通りに施工を進めていくのが一般的なハウスメーカーだが、ジェネラルはギリギリでも変更に対応する。相羽さんも図面では納得したが、実際に出来上がった姿を見て変更した部分も多いと言う。「基本的な構造は無理ですが、ここに棚が欲しいとか、壁紙はやっぱりこれにしたいとか、現場判断で変更ができたのがありがたかったです」。デザイン案の段階でも、要望に対して「無理」で終わらせるのではなく、「こんなこともできるよ」と提案してくれるのもジェネラルの魅力で、「とにかく自由だった」と相羽さんは語る。逆に自由過ぎて大変だったと奥様は言うが、広いカバードポーチ、広い吹き抜け、リビング階段、対面キッチン、ウォークインクローゼットなど、夫婦の取り入れたいことは全て取り入れ、後悔のない仕上がりだと口を揃える。壁紙は家族みんなで考え遊び心に溢れ、子供部屋は各自に選ばせた。年頃のお兄ちゃんは、ブルーの住宅に恥ずかしさもあったと言うが、今は自慢の家のようだ。

 

残念ながら(?)相羽さんはアメ車を所有していないが、過去にラムバンの検討はしたようだ。だが燃費などを総合的に見て、ハイエースの使い勝手に勝るものが感じられず所有に至っていない。ならば、一緒にサーフィンを楽しむお兄ちゃんの将来に期待か。もしかしたら、広いカーポートはその為にあるのかもしれない…。

自由設計は大変だけど悩む時間も楽しい完成した家は後悔もなく大満足!

内装カラーは全面グレーを予定していたが、外壁をティファニーブルーにしたことで方針転換し、ホワイトをベースにブルーを各所に配色。吹き抜けの天井は板張りタイプを採用し、空間にアクセントを入れる梁や腰壁はオープンハウスで見て取り入れた。絶対に欲しかったリビング階段の下の空間には、愛犬ロコちゃんの部屋を配置。エアコンスイッチ等の出っ張りを極力なくすため、埋め込み収納のニッチを各所に取り入れる。

バスルームの赤いパームツリー柄、トイレのパイナップル柄&アメコミ柄など、相羽さん邸の壁紙は遊び心が満載。ジェネラルで選べる壁紙は豊富で、施工するオーナの多くが壁紙選びで苦戦するが、振り切った選択もオススメと相羽さん。

子供部屋の壁紙は、子供たちに自由に選ばせた。最近お色直しに夢中の娘さんは、可愛らしく紫色を選択。夫婦の寝室は、一目惚れしたというパイナップル柄。奥様の数少ない要望である広いウォークインクローゼットは、棚もジェネラルにオーダーするなど拘りの部分。

クルマを複数台止められるカーポートも要望のひとつ。過去にFJ クルーザーを所有していたが、車中泊でサーフィンに出掛けることも多かったため、車内でゆったりできるハイエースに乗り換え。アメ車に興味があるものの、遠出することを考えると燃費が気になるようだ。

外壁のカラーは当初グレーを検討していたが、ジェネラルの杉山代表がティファニーブルーを提案し採用。実は相羽さん邸が、ジェネラル初のティファニーブルーの外壁だ。最大2500mm幅の広大なカバードポーチは、家族でお茶をしたり愛犬を遊ばせるために要望したもの。女子2人は、ここでお茶を飲みながら日向ぼっこするのが休日の過ごし方だそうだ。

ガレージはクルマの保管というよりも、サーフボードやバイク、キャンプ用品を保管する趣味空間になっている。ここでボードのメンテナンスやバイクを磨くのが相羽さんの日課。

OWNER:相羽さん夫婦


General American Home【ジェネラルアメリカンホーム】

所在地:愛知県刈谷市東境町登り坂100
TEL:0566-91-3007
URL:http://g-a-h.sakura.ne.jp/wp


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年3月号掲載


関連記事

RELATED


あのお洒落な家は何?勇気を出してオープンハウスに突撃!

近所に気を使うマンションより戸建てがいい。奥様の希望に答えるべく、浅岡さんが検討したのは建売住宅。やっぱり注文住宅って高いから…。希望に合う住宅が見つからず苦戦していると、目に飛び込んで来たのが輸入住宅のお洒落な家だった。

本当に楽しく住むなら自分たちが考えた大好きな家にしたい!

マンションでも建売でも良いかも。そう考えていた左右田さんだが、「自分の好みを我慢してまで住みたくない!」と、断固反対したのは奥様だ。家族でずっと楽しく住むなら、自分たちが好きなものを取り入れた自由設計が一番。左右田さん夫婦のマイホーム計画がスタート!

目の前に広がる海と大好きなお酒が移住の決め手

愛知県知多半島の内海海岸に魅せられ、今まで考えたこともなかったマイホーム建築を決め、東京から移住した米川さん夫婦。海を見ながら大好きなお酒を飲むこともイメージし、理想の住宅をジェネラルアメリカンホームに依頼したのだった。

趣味を一番に考え毎日を楽しめるこだわりの理想住宅

アメリカの音楽からアメリカンカルチャーにハマり、クルマなどもアメリカンに染まっていった荒川さん。住む家もアメリカンスタイルを望み、出会ったのがジェネラルアメリカンホーム。趣味を最大限考慮した、まさに理想の住宅が完成した。

大好きすぎるアメリカ愛、クルマも家もライフスタイルも全部が拘り!

父親の影響で、小さい頃からアメ車やアメリカンカルチャーにハマった奥様のチョスさん。だからこそ、建てる家はリアルアメリカンとなるのは自然の流れ。旦那さんのセイヤさんを引っ張るカタチで、自ら書いた図面を持ってジェネラルアメリカンホームを訪れる。

 

最新記事


2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

ランキング


2020/08/26

ポンティアックとプリマス、キャラの濃い「P」にズームイン!

ポンティアック

プリマス

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger