アメ車らしさを堅持しつつも、先進的なテクノロジーも満載

ピックアップトラック

SUV

シボレー

アメマガ2023年6月号

スペース横浜

神奈川県

タホ

シルバラード

タホ Z71

シルバラード ZR2

やっぱりGMが最高

SUVもトラックも、ボディ形状が違うだけで中身はほぼ同じ…。確かに一昔前まではそうだったが、今ではまったくのベツモノ。それぞれのニーズに合わせ専用設計され、細分化を実施。その上で、シボレーのブランドに相応しい、スポーティ性も盛り込んだが、このタホとシルバラードだ。

やっぱりGMが最高


SUVのあるべきカタチ、シボレーが導き出した回

'22 CHEVROLET TAHOE Z71 LUXURY PACKAGE
'22 CHEVROLET SILVERADO ZR2 TECHNOLOGY PACKAGE

クルマにとって、フロントマスクは非常に重要な役目を持っている。ユーザーとしてカッコ良さは非常に重要なポイントだし、メーカーとしてもひと目で自社のブランドだと認識してもらえるよう、個性を主張する部分と言える。歴代モデルを見ると、いわゆる「シボレーマスク」と呼ばれたスタイルは数多く存在したが、近年のシボレーはその傾向がさらに強まっており、その代表格と言えるのが、タホとシルバラードだ。

 

まずはタホからチェックしてみよう。グレードはZ71で、搭載エンジンはV8 5.3ℓのガソリン。最大の特徴は、アンダーガード風のデザインを採用したフロントバンパーで、これはZ71だけの装備。街乗りだけでなくアウトドアユースも意識したデザインとなっていることだ。但し、あくまでもラフロード程度なので、本気でロックセクションなどを走るのは避けた方が賢明だろう。ちなみに日本車さながらの360度カメラを装備。安心感は抜群で、フルサイズに対する敷居が明らかに下がると言える。

運転席に乗り込み、一番驚かされたのはシフトの操作方法。インパネ中央のモニター左側にある小さなレバーを引くことでギアをチョイス。慣れ親しんだスティックともコラムとも異なり、最初は違和感を覚えるが意外とスグに慣れてしまう。フロントシートだけでなくセカンドシートシートも電動で、スピーカーはBOSEを採用。スタイルだけでなく装備面も充実しており、その上個性的。ほかとは違うSUVが欲しいなら、候補に挙げておくべきだ。

続いてはシルバラード。コチラのグレードはZR2で、パワーユニットはV8 6.2ℓのガソリンを搭載。スタンダードから豪華な装備を満載したモデルまで様々なバリエーションを展開するが、その中でもZ71同様にオフロードも意識したのがこのZR2。ペイントが施されているが、実は前後バンパーは金属製になっており、フロントタイヤの前側が大きく切り欠かれているのは地面とのクリアランスを確保するためのもの。サイドステップも金属製になっていることから「オンロードでもオフロードでも、存分にスポーツ走行を楽しんでください!」という、シボレーの姿勢と自信が垣間見える様だ。

ちなみにテールゲートは、中央の上部だけを開くことが可能なマルチフレックスを装備。ただ開いて小物を入れるだけでなく、テールゲードを全開にしてこの部分を展開するとステップとしても使用可能。リアバンパーの角にステップが設けられているが、マルチフレックスゲートなら、これを使う機会は少なそうだ。

 

インパクト溢れるスタイルに目を奪われがちだが、細部に至るまで進化したシルバラード。好みが分かれるところではあるが、間違いなく魅力的なクルマである。

'22 CHEVROLET TAHOE Z71 LUXURY PACKAGE

Z71専用の20インチアルミホイールやATタイヤは標準装備。フロントバンパーの両端はやや切れ上がり、中央部分はスキッドプレート風の処理が施され、牽引フックも備わる。大型のサンルーフや、乗降時に役立つサイドステップも備わる。

V8・5.3ℓのガソリンエンジンを搭載。アメリカ本国のラインアップを見ると、オプションではあるがでシルバラードに搭載されるV8・6.2ℓも選択可能。

旧来のモデルとは異なり、四輪独立懸架サスペンションを採用。トラック然とした乗り味ではなく、オンロードでの安定性や快適性を重視した乗り味だ。

オプションでセカンドシートにパワーシートを装備。グレーの落ち着いた雰囲気は、無闇と高級感を主張せず好感が持てる。駆動方式の切り替えはダイヤルで、小さなレバーでシフト操作を行う。

サードシートは5:5、セカンドシートは6:4 で分割可倒が可能。サードシートを倒せば充分すぎるラゲッジスペースが出現するし、セカンドシートまで倒せば、快適な車中泊も可能だ。

'22 CHEVROLET SILVERADO ZR2 TECHNOLOGY PACKAGE

タホ同様、オフロードを意識したデザインを採用。だが最大の違いは、バンパーやステップが金属製で、本気でオフを走れるとこと。18インチアルミに、275/70R18のMTタイヤを標準装備する。

ファイバー製のボンネットフードの下には、V8・6.2ℓのパワーユニットを搭載。パワーだけでなく、可能な限り軽量化にも努めパフォーマンスを引き出す。

非常にユニークで、機能性も高いオプションのマルチフレックスゲート。明らかにフォードFシリーズを意識しているが、同じ様なものは作らないコダワリが垣間見える。

マルチマチックDDSVダンパーを専用装備。オンもオフもしなやかで高い安定感を実現。また、前後のデフには電気式のデフロックも標準装備。

2022年モデルからモニターが13.4インチへサイズアップし、印象が一変。シフトはレバー式だが、パーキングはボタン式となる。後席のシートバックには、小物が入る収納スペースも備わる。


SPACE YOKOHAMA【スペース横浜】

所在地:神奈川県横浜市都筑区池辺町4859
TEL:045-530-0139

URL:https://www.space-jp.jp/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2023年6月号掲載


関連記事

RELATED


C1500レギュラーキャブが2台、07年型タホ、08年型シルバラードと合計4台を所有

2008 CHEVROLET SILVERADO / 2007 CHEVROLET TAHOE / 1995 CHEVROLET C-1500 / 1993 CHEVROLET C-1500

GMCユーコンルックながらストック状態をキープする【シボレータホ】

K5ブレイザーの3世代目としてラインナップしたタホはショートホイールベースの2ドアSUVが基本。フルサイズトラックながらも取り回しの良いサイズ感でシティユースでの機動力に優れ、4輪駆動としてアウトドアもカバーする。

SUVながら2ドアというルックスにコアなファンが多い、タホ・スポーツ

SUVながら2ドアというルックスにコアなファンが多い、タホ・スポーツ。僅か5年間だけの生産だっただけに、4ドアよりも希少価値は高い。そんなタホ・スポーツの、極上モデルがガレージダイバンで販売中!

汚して使い倒してこそが、トラック(シルバラード)の正当な乗り方!

アメ車のことはまったく知らなくても、乗り出したことでどっぷりとハマるなんていうパターンはよくある。紹介する小野さんもそのひとりで、シルバラードに乗り出してからは充実したアメ車ライフを過ごしている。

やっぱりGMが好きなので、迷わずシルバラードを選ぶ

それがいつのことか、どこだったのかまったく思い出せないが、街を走るアメ車の四駆を見て「カッコイイ!」と思った三河さん。その刷り込みが非常に強く残っていたことで、今にして思えばそれがアメ車ライフの始まりと言える。

 

最新記事


2024/02/27

走りを追求するクルマからモーターホームまで対応!【WOT'S】

ショップ

アメ車専門店と言っても、マッスルカーやSUV、さらにはモーターホームなど、ジャンルで別れるのが殆ど。だが、それらすべてを扱うオールジャンルなアメ車専門店と言えるのが、熊本のワッツだ。

2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2024/02/23

マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

2024/02/22

長年に渡って見続けてきた老舗アメ車ショップにOBS の“イマ”を聞いた【ブルーリバー】

ショップ

1990年代から2000年代初頭のアストロブームと共に、アメ車シーンをけん引してきた関西の老舗アメ車専門店ブルーリバー。OBSの過去と現在を知る有識者として、当時から25年に渡ってブルーリバーを守り続ける代表の山倉氏に話を伺ってきた。

ランキング


2024/02/26

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

バン

キャンピング

シボレー

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】