【F150ラプター】迫力とパフォーマンスでピックアップの頂点を極めるラグジュアリーワークホース

ピックアップトラック

フォード

アメマガ2023年7月号

ビークルライン

福島県

F150ラプター

華麗なるフォード

ピックアップトラッカーの永遠の憧れとしてタンドラとともに双璧をなすF-150。そのパフォーマンスラインに君臨するのがF-150ラプターである。その2023年モデルの新車が福島県のビークルラインに入庫したぞ!

華麗なるフォード


上質とタフネスが息づく、孤高の存在感を味わう

ALL NEW 2023 FORD F-150 RAPTOR

車とショップについて詳しく知る

福島県の会津に店を構えるビークルライン。国内外の新車&輸入車の販売だけでなく、カスタムにメンテナンス、鈑金塗装なども手掛けるショップだ。とくにSUV系を得意としており、フォードやシボレー、USトヨタまで幅広い車種を取り扱っている。そんなビークルラインに入庫したのが2023年型フォード・F-150の中でも最上位グレードであるラプター。フォードのトラックの中でもハイエンドモデル。しかもアメリカでも入手困難な1台である。

ベースは2020年にフルモデルチェンジしたF-150。ラプターはこのF-150にさらなるオフロードパフォーマンスとコンフォート性能をプラスしたモデル。ボディカラーは新色のアバランチグレー。パワートレインは3.5ℓ V6。両バンクにターボを装備するツインターボ・エコブーストを搭載して450hpと510lb-ftの怪力で巨体を軽々と走らせる。エキゾーストは可変バルブを装備しクワイエットからバハまで4つのパワーモードを選べる。

 

外装ではフォードロゴのグリルとリアゲートがラプターの証。またヘッドライト内部やリアゲートにラプターのロゴが散りばめられている。カーゴベッドはオプションのスプレーベッドライナーで保護済み。さらにテールゲートは電動化されており、キーレスのスイッチで開閉が可能。なおオプションのトノカバーも装着されている。

内装はシックなブラック。上質なレザーシートは電動のメモリー機能付き。足もとが前後ともに広いのは当然だが、ツインパネルムーンルーフもあるので頭上の解放感も抜群。またカーボンファイバーパッケージも装備されており、グローブボックスやドアハンドルなどをスポーティーに演出する。

 

このほかにラプター専用装備となるのがサスペンション。ラプター以外のリアサスペンションはリーフリジットなのに対し、ラプターでは5リンク式リジットサスペンションに変更される。

 

トレーディングアームやラテラルロッドもオフロードに最適化されており、高いトラクションと走行安定性を確保。ダンパーはFOXのレーシングショックを搭載。減衰力は可変式となっており、ステアリングスイッチで3モードのコントロールが可能となっているなど、ハイエンドモデルに相応しい機能を装備する。

 

なお、ビークルラインなら追加のカスタムも可能。全国への納車も対応。FAIAにも加盟しているから万が一のトラブルも安心だ。このラプター、在庫限りなので欲しい人は今すぐ問い合わせよう。

グリルやリアゲートのFORDロゴがラプターの証。当然ながらライト類はLEDを採用。LEDフォグも装備するほか、アンバーのポジションランプが存在感をより一層際立たせてくれる。

リアゲートは電動で開閉。ドアハンドルのほか運転席やキーレスでの開閉も可能だ。LED照明や電源を装備するベッドにはスプレーライニングでガード。またラフカントリー製のトノカバーも装着する。

オフロード専用モデルとして、ボトムスには17インチのビードロックホイールにBFグッドリッチ・オールテレーンT/A KO2(LT315/70R17)を組み合わせて、タフな走りにもしっかりと対応する。

前後ともにラプター専用のサスペンションとなる足回り。とくにリアサスはスタンダードのF150はリーフスプリングだが、5リンク式のコイルスプリングに変更されており、オフロードでの走破性や乗り心地を高めている。なおFOXのレーシングダンパーは車内から減衰力を調整することが可能となっている。

エンジンはハイアウトプットの3.5ℓV6 EcoBoostを搭載。スタンダードの3.5ℓV6 EcoBoostに対して50hp、10lbの出力アップが図られており、スペックは450hpと510lb-ftを誇る。またエキゾーストに可変バルブを装備する。

ルーフには大きな開口部をもつムーンルーフを装備し、解放感を味わえる。またパワーシートやワイヤレス充電パッドなど、ハイエンドかつ最新モデルらしい快適装備も充実している。

ラグジュアリーな雰囲気の内装。ヒート&ベンチレーションを装備するレザーとファブリックコンビのシートにはラプターロゴが入る。またシフトノブを格納することでテーブルとして使えるなど、ワークホースらしい機能もある。


VEHICLELINE【ビークルライン会津坂下店】

TEL:0242-83-1935
HP: https://vehicle-line.jp/

磐越道の会津若松ICから10分ほどにあるビークルライン。SUVを中心に国内外の車両を扱う。敷地内に塗装ブースもあるのでカスタムやメンテナンスから鈑金までのすべてをワンストップで行なうことができる。またFAIA(外国自動車輸入協同組合)に加盟しており、購入した車両は全国の加盟店で対応してくれる。なお、ビークルラインでもGMやフォードの診断ツールを所有しているので、もしものトラブルでも安心だ。それにカスタム事例やアウトドアギアの紹介、クルマにまつわる色々な情報を公式ユーチューブ(@user-he6nr3ys4o)で発信しているのでぜひ一度ご覧あれ!


Photo:Tomo's PHOTO
Text:石上智章
アメ車マガジン2023年7月号掲載


関連記事

RELATED


マニアックなF150SVTライトニングの初代と2代目が琵琶湖湖畔でコラボ!

もはや絶滅危惧種と言えるレベルで滅多にお目にかかれない初代ライトニング。そしてライトニングと言えばこのモデルとばかりに、ワイルドスピード劇中で赤いライトニングを乗りこなす姿を見てファンになったという人も多い2代目。EV中心の現行車両とは別次元の“良き時代”の名車はオーラが凄まじい。

F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

走りのパフォーマンスはもちろん、乗り心地も良いのでファミリーカーとして機能する「ライトニング」

ピックアップトラックとして最もメジャーなF150の中でも、SVTによるマッスルトラックバージョンのライトニングは、希少でコレクタブルな存在。クールなルックスとホットなポテンシャルを兼ね備える憧れのピックアップを3人家族のファミリーカーとして活用?

扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

一目惚れしたフォードF-350と運命的に出会い入手

父親の影響で、アメ車を何台も乗り継いで来た只野さん。現在の愛車F-350を手に入れたのは2021年の11月のこと。アメ車のSUVが好きな人にとって、トラックは最終地点だと語るが、その経緯を聞いてみた。

 

最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2