マニアックなF150SVTライトニングの初代と2代目が琵琶湖湖畔でコラボ!

ピックアップトラック

フォード

アメマガ2023年7月号

ハイライン

滋賀県

F150 SVT ライトニング

華麗なるフォード

もはや絶滅危惧種と言えるレベルで滅多にお目にかかれない初代ライトニング。そしてライトニングと言えばこのモデルとばかりに、ワイルドスピード劇中で赤いライトニングを乗りこなす姿を見てファンになったという人も多い2代目。EV中心の現行車両とは別次元の“良き時代”の名車はオーラが凄まじい。

華麗なるフォード


ニッチでマニアックでも刺さる人に刺さるクルマを!

FORD F-150 SVT LIGHTNING

車とお店について詳しく知る

滋賀県と福井県の県境に位置する滋賀県長浜市。例年ドリフトイベントやアメ車ミーティングなども開催される奥伊吹スキー場よりも、さらに北上した木ノ本ICを降りて10kmほど走らせた国道沿いに店舗を構えるハイライフ。

 

お店に到着すると、2000年代初期のエクスカージョンや90年代のF-150エディバウアーにNVパッセンジャーなど、いわゆる普通のアメ車屋さんとは一線を画す個性的なラインナップに驚くとともに、今回の取材車両である初代ライトニングなどマニアックな個体が当たり前に店頭に並んでいることにワクワクが止まらなかった。

 

実は撮影日程を決める際、偶然電話越しに2代目ライトニングをハイライフから購入した小林さんがお店に来ていたこともあり、「せっかくならライトニングを2台並べて撮影しませんか?」とトントン拍子に話が進んで今回の新旧コラボ取材が実現した。

 

ちなみにハイライフ代表の廣西さんはニッチなアメ車、とくにフォード車が好みだそうで、小学生の頃からヒップホップなどの海外ミュージックビデオ。現在のPV的なあの映像に登場するクールなアメ車に刺激されたことがキッカケでアメ車に特化した専門店を開業。

 

どこにでも在庫する人気のアメ車ではなく、スペシャルで刺激的な個体をできる限りオリジナルの良さを生かした状態で厳選して本国より仕入れる姿勢は、マニアやニッチなアメ車好きを虜にしており、今回取材に協力してくれた2代目ライトニング所有のほか、複数台のアメ車をコレクションする小林さんもその一人だ。

F-150をベースにフレームやサスペンションに変更を加え、軽量化を施したボディにイートンM112スーパーチャージャー&インタークーラーを搭載。380hpを発生させるモンスタートラックに相応しいミッションとしてF-350スーパーデューティーに採用される4R100の強靭な4速ATを組み合わせたライトニング。

99年から04年まで生産された車両で現車は2代目のラストイヤーモデルだ。ちなみに出荷台数はわずか2万8124台となるだけに、コレクションするに値する稀少性と価値のある一台。基本的にはオリジナルを忠実に守りながらも、純正デザインのインチアップ版18インチのクロームホイールへの換装やフロントグリルエンブレムの多車種流用など、玄人好みのアレンジが粋な個体。

一方、現在在庫車両としながらも、小学生の頃から憧れ続けていたという廣西さんが本国で探し当てた個体が93年型のライトニング。オリジナル塗装を残した赤色もモデルイヤーの割に色褪せがほとんどなく、純正ホイールやフロントバンパー、同色グリルも綺麗な状態でストック。

お店から撮影現場まで向かう際、琵琶湖湖畔を初代、2代目ライトニングを目の前に眺めながら、ジミーで追いかけて移動する感覚は、まさにカリフォルニアやハワイのソレだった。

 

量産型の現行車はお金を出せば手に入る。しかし希少性の高い旧車は現存する程度の良い個体の中からしか選べない。だからこそ安易な社外品換装やカスタムに手を染めることなく、オリジナルの良さを残していきたいと語る廣西さん。“ニッチでマニアック”はむしろ、彼にとっては褒め言葉みたいなものだ。

'04 FORD F-150 SVT LIGHTNING

搭載するエンジンは同年代のF-150と同じ5.4 ℓのSOHC V8がベースとなるが、イートンM112スーパーチャージャーとインタークーラーを搭載することで380hpを発生。SVT製特別仕様車に相応しい名機だ。

バケット形状のセパレートシートに見えてセンターコンソール部分は可倒式のベンチとなるSVT刺しゅう入りのファブリック×レザーインテリア。ヘビーデューティーサスのビルシュタイン製に純正デザインのインチアップ18インチの履きこなしも粋。

'93 FORD F-150 SVT LIGHTNING

351エンジンをベースに圧縮比の変更など+αのモディファイチューンが加わり、210hpから240hpのハイパフォーマンス化を施した初代ライトニング。数値だけで語ることのできない、アクセルを踏んだ時のダイレクトな感覚は病みつきになるレベルだ。

筆者の弟が同年代のブロンコに乗っていたこともあってインパネ周りはどことなく懐かしい雰囲気。同年代のF-150との違いは、ライトニングの刺繍が加わった専用シートや専用ホイール。そして同色グリルにフロントアンダースポイラーがライトニング特有の個性となる。


Hi Life【ハイライフ】

所在地★滋賀県長浜市西浅井町祝山642
TEL:0749-56-0327
HP: https://www.hilife0701.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良

アメ車マガジン2023年7月号掲載


関連記事

RELATED


【F150ラプター】迫力とパフォーマンスでピックアップの頂点を極めるラグジュアリーワークホース

ピックアップトラッカーの永遠の憧れとしてタンドラとともに双璧をなすF-150。そのパフォーマンスラインに君臨するのがF-150ラプターである。その2023年モデルの新車が福島県のビークルラインに入庫したぞ!

走りのパフォーマンスはもちろん、乗り心地も良いのでファミリーカーとして機能する「ライトニング」

ピックアップトラックとして最もメジャーなF150の中でも、SVTによるマッスルトラックバージョンのライトニングは、希少でコレクタブルな存在。クールなルックスとホットなポテンシャルを兼ね備える憧れのピックアップを3人家族のファミリーカーとして活用?

F-150をベースに、ラプターマスクにチェンジ!

FORD F-150 RAPTOR STYLE CUSTOM

アイランドスタイルを地で行くアメ車ライフに迫る!

アメ車乗りたちの素顔
'95 Ford F-150
owner : Yukinobu Yamada

扱いやすさが大きな魅力、今脚光を浴びるエクスプローラースポーツトラック

2006年に登場し、07年から日本でも販売されたフォード・エクスプローラー・スポーツトラック。11年型がラストモデルと短命だったが、日本でもピックアップトラックの存在が大きくなる今、扱いやすいボディサイズとして注目を浴びている。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。