究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

アメマガ2023年7月号

マスタング

マスタング 50YEARS EDITION

ROHAN

奈良県

BLOOM

埼玉県

華麗なるフォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

華麗なるフォード


至極のカスタムペイントにオリジナルボディキット&ホイールを組み合すことで野生馬の魅力をさらに昇華させる

'15 FORD MUSTANG 50 YEARS EDITION
FORD MUSTANG BLOOM Gold Line × ROHAN IZAWA ART DESIGN

国内のカスタムイベントはもちろん、世界中でその名が響き渡るROHAN。代表の井澤氏の生み出す、独創的すぎるペイントワークの数々は留まるところを知らず、常に我々の斜め上を提案し続けてくれる。クルマという大量生産品も、彼の手に掛かれば唯一無二の存在に生まれ変わり、まさに一級品の芸術作品に匹敵するほど。エングレービングやグラインダータトゥ、そして3Dペイントと、思わず触れたくなるようなその作品群は、一度ならずとも目にしたことがあるはずだ。

 

そんな井澤イズムが新たに挑戦するのは「130DESIGN」と名付けられたオリジナルのボディキットとホイールだ。これまでROHANでは、他社のエアロパーツを装着した車両に施工するケースがほとんど。だが、ROHANのアートワークを最大限に引き出すには、オリジナルのボディキットが最善の組み合わせとなる。そんな想いが募った結果、ブランドが誕生したと言えるだろう。

ベース車両は第6世代マスタングの2015年モデル。グラインダータトゥや3Dペイントに圧倒されるが、構成パーツはフロントリップ、サイドディフューザー、リアバンパー&ディフューザー、そしてGTウイングと、エアロパーツをフルコンプリートで装着。非常にグラマラスなスタイリングに見えるが、実はオーバーフェンダーはラインアップしておらず、フェンダーアーチを若干加工した程度。マスタングが本来持つボディラインを3Dペイントによって引き出されているが、これぞ井澤イズムの極地と言えよう。クルマの前方から後方へと空気の流れを視覚化したかのようなラインは、単なる装飾ではなくマスタングのスポーティ性そのものを表現している。

 

足回りはエアサスに変更。気になるホイールも実はROHANのオリジナルブランド「GSR」の製品で、鍛造の3ピース構造を採用した「GS-1」を装着。本物を求めるユーザーに知って欲しいという願いが込められており、筋肉質なデザインはもちろんだが、強度や精度など、様々なコダワリも内包されている。今回は20インチを装着するが、GS-1のサイズバリエーションは19〜21インチまで設定。しかもリムのカラーは5色、ディスクカラーは11色。3ピースゆえに、ノーマルフェンダーからオーバーフェンダーを装着したハードなカスタムまで、どんな車両にもベストなマッチングを実現可能だ。

他を凌駕する、真の唯一無二と言える存在感。個々のパーツの美しさもさることながら、一体感というかトータルバランスのスタイリッシュで、貴賓すら感じさせる。ペイントワークを施したスタイルが究極のスタイルだが、ファーストステップとして130DESIGNのボディキットからROHANワールドを踏み出すのもアリで、徐々にステップアップする楽しみがある。ちなみにこのマスタングは埼玉のBLOOMが施工を行なっている。同ショップでも施工を受け付けているほか、ROHAN商品の購入も可能である。

ノーマルボディにプラスする、ハーフスポイラーを採用。各パーツは単品での購入が可能で、GTウイングはクリアペイント済みだが、それ以外は未塗装品。好みのペイントを施すことを前提としている。マフラーはデュフューザーとの一体感を重視した物で、ワンオフ製作となる。

ボディの随所にはROHANイズムが満載。ボディサイドの3Dペイントは強烈に主張するが、ボンネットのグラインダータトゥは、強い光が当たった時だけ現れる仕様。すべてをひけらかすのではなく、主張しすぎない奥ゆかしさも兼ね備る。また後方に向かって走り去るようなグラデーションも独創的だ。

20インチのGSR GS-1を装着。シンプルな5スポークデザインだが、刃のようなエッジが凄みすら感じさせる。ディスク部分は切削+クリアで、これにグロスブラックアルマイトリムを組み合わせる。


BLOOM
店所在地:埼玉県狭山市青柳572-5
TEL:049-215-9155


株式会社 IZAWA ART DESIGN
所在地:奈良県橿原市常盤町495-1
TEL:0744-29-8090
URL:https://www.rohan-izawa.com/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン2023年7月号掲載


関連記事

RELATED


アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

ノーマルだけど普通じゃない、そんな右ハンドルのマスタングあります!

「輸入車だから左ハンドルが良い!」というのは昔の話。今や欧州車の多くは右ハンドルを採用するし、日本で運転するなら間違いなく右ハンドルの方が便利。そんな乗りやすいアメ車がフォード四日市にはある。

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

カリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

現在マスタングのなかで、スーパーチャージャーを搭載しないNAエンジンではトップグレードとなるマッハ1。アメ車乗りには左ハンドル信者も多いが、埼玉県のカリフォルニアモーターズが導入したマッハ1は右ハンドル仕様。

WORK EMOTION ZR10 2Pはスポ ーツマインドとドレスアップ性の二面性を追求

数あるWORKのブランドの中で「見る者の心を揺さぶりたい!」と言う情熱から誕生したWORK EMOTION。その中でもZR10 2Pはスポーツマインドとドレスアップ性の二面性を追求した、欲張りなモデルだ。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger