国産ミニバンでは物足りないキャンパーが増えている?【2006 シボレーエクスプレス】

バン

シボレー

ラッピング&ペイント

アメマガ2022年11月号

エクスプレス

アズールモータリング アメリカンショールーム

愛知県

空前のキャンプブームの現在、アズルモータリング・アメリカンショールームには、国産ミニバンでは物足りないとして、フルサイズバンを求め訪れるユーザーが増えている。そうしたユーザーに対して、フルサイズバンのカスタムも提案し、その代表モデルがミリタリースタイルのエクスプレスだ。


ミリタリーで出撃ネイチャーキャンプ

2006 CHEVROLET EXPRESS

世界からも支持されるオリジナルカスタムブランドZERO DESIGNを筆頭に、日本の最先端のカスタムを常に追う、アズールモータリング(AZR)・アメリカンショールーム。また、カスタムだけではなく個性ある販売車両にもファンは多く、最近ではビンテージモデルの注目も高い。

 

そんな販売車両の中で、問い合わせが急上昇しているのがフルサイズバンだ。理由はキャンプなどのアウトドア人気で、より大きな荷物と人を乗せられるクルマとして、国産ミニバンでは面白くないという個性を重視するユーザーが増えているようだ。

ノーマルでの販売もするが、カスタムで他との違いを魅せるのがAZR流。在庫車で注目なのが06年型のエクスプレスだ。車高はノーマルながら、KMC XDシリーズの20インチホイール、ドクロのサイドウォールが特徴的なタイヤRADAR RENEGADE R/T+を履き、ミリタリーテイストを前面に出したマットグリーンにオールペンし、ボディサイドにステンシルステッカーを注入。

 

これでキャンプに行けば、ネイチャーなベテランキャンパーと思われることは間違いないだろう。また、HDDナビにはバックカメラも備わっているため、初めてのフルサイズでも安心だ。

マットグリーンにオールペンし、ボディサイドにはステンシルステッカーを配置。エンブレムなどもブラックペイントすることで、全体的に引き締まり力強さが増した印象だ。

タイヤはサイドウォールのドクロが特徴的のRADAR RENEGADE R/T+。サイズはLT275/55R20。因みにR/Tとは、A/TとM/Tの中間的な性能を持つタイヤ。ホイールはKMC XD XD811ROCK。

インテリアは基本的にノーマルだが、HDDナビ、バックカメラを装備。モケットシートの8人乗りで、フル乗員でもラゲッジスペースは余裕の広さがあり、キャンプ道具をタップリ積載できるのがフルサイズバンの魅力だ。


AZZURRE MOTORING アメリカンショールーム

TEL:0562-95-1118
http://azzurre-motoring.com


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2022年11月号掲載


関連記事

RELATED


ガレージジョーカーのオールペンといえば、やはりパープル。【GMCソノマ】

「自分が好きな色」と言う理由から、ガレージジョーカーではパープルにオールペンされたモデルが幾つか存在する。だが今回のソノマは、さらに妖艶さを追求して、ベットライナーをレッドにし、さらにインテリアもレッド化に

アナタ好みのキャンピングカー造ります【VORTEX YOKOHAMA】

誰に気兼ねすることなく自由を追い求めてキャンプを楽しむのであれば、既成ではなくトコトンこだわり抜いた仕様へと仕上げられた内装のキャンピングカーで謳歌したくはないだろうか?それを具現化してくれるのがヴォルテックス横浜だ。

未来の五輪を目指す子供たち、メンバーの夢も乗せて走るエクスプレス

ボロを纏えど中身は錦、まだまだ理想を追求し続ける【東海カーズ】

古いマンションをリノベーションするのが流行りだが、ビンテージカーにも同じことが言えるのでは? 中身をアップデートすることで、最新モデルにはないオリジナリティを追求できるが、カーズの場合はもう一歩先の独自の路線を貫く。

中学生の頃に見たナイトライダーが俺のアメ車人生のスタート

中学生の頃に見たナイトライダーをキッカケに、18才でファイヤーバード・トランザムを購入したKさん。それ以来、愛車はアメ車オンリーで次々と乗り換え。思い出のトランザムと共に、夢の複数台アメ車ライフを満喫中!

 

最新記事


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]