カスタム済みの中古車という賢いクルマ選びがオススメ

SUV

ジープ

アメマガ2023年10月号

トップスピード

ラングラー

ラングラーアンリミテッドサハラ

アーバンスタイル

岐阜県

ジープとなら人生はもっと愉しい

マッスルカーからSUVまで、様々なアメ車をラインアップする岐阜のガレージトップスピード。ノーマルだけでなくカスタムも得意で、今回はアグレッシブなJKラングラーを紹介しよう。

ジープとなら人生はもっと愉しい


ワイルドさを強調させつつ、街乗りのしやすさも重視!

JEEP WRANGLER UNLIMITED SAHARA URBAN STYLE

現在のジープ人気の立役者と聞かれたら、紛れもなく先代モデルのJKラングラーだと答えるだろう。初の5ドアの存在は世界的に受け入れられ、これまで見向きもしなかったファミリー層を一気に取り込んだと言えるだろう。そのコンセプトをブラッシュアップ&近代化したのがJLラングラーだが、未だにプライスは高止まりしたままで、なかなか手が出しにくいと言える。

そこでオススメしたいのが先代モデルのJKラングラー。車両本体価格はさすがにこなれ始めており、免許を取ったばかりの若者にも手が届く様になりだしている。また豊富なカスタマイズパーツも魅力の1つで、自分だけのスタイルにアレンジすることも容易だ。

 

そうは言っても、どんなパーツを選べば良いのか分からない人も多いだろう。そんな人のために、ガレージトップスピードでは経験豊富なスタッフのセンスで仕上げられたカスタマイズモデルも在庫中。その中の1台がこの車両で、ポイントとなるのはバッドフェイスやフラットフェンダーで、オフロードテイストを強調しながらも都会的な雰囲気を感じさせる。

 

タイヤサイズは37インチへと大径化されているが、3.6ℓのV6は余裕があり、ストレスもない。ベースがサハラなので装備も充実しており、まさにジープライフのスタートに打ってつけだ。

フロントバンパーは純正フォグランプの移植が可能で、ウインチベッドも内蔵するEAGの製品に変更。ヘッドライトはLEDに変更し、ノーマルの可愛らしいマスクはバッドフェイスに変更して豹変! サイドステップやリアバンパーも金属製に変更し、逞しさを強調させている。

ワイド化してウエストラインも上げ、車高を高く見せるフラットフェンダー。ノーマルフェンダーよりも大径タイヤを装着できる。37インチのコンフォーザーGF3000に、22インチのドロップスターを組み合わせる。

ラフカントリーのサスペンションキットを装着し、リフトアップも実施。約3インチ車高をアップするが、フラットフェンダーの併用で37インチのMTタイヤが装着可能。このゆとりも、ラングラーの魅力と言えるだろう。


TOPSPEED【トップスピード】

TEL:058-322-7547
HP:https://www.garage-topspeed.com/


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野陵
アメ車マガジン 2023年10月号掲載


関連記事

RELATED


カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

道なき道の先の目的地へ、クルマ選びは走破性最優先!ラングラーアンリミテッドサハラ

「Jeepとアウトドアは相性が良い」。そんな生温い話ではなく、一歩間違えれば死を覚悟して挑む過酷なクライミングに挑戦し続ける週末冒険家の藤本さん。そんな彼が愛用するラングラーが生々しくてカッコいい!

【ラングラースポーツ】クルマをファッションの一部として、捉えたらもっと自由になる

ドアは4枚、座席やラゲッジ容量も多いに越したことはない。いつからか、そんな物差しでクルマを選ぶ様になってきた昨今。モノ選びに長けた古着マニアから、クルマとの向き合い方を考察。

300万円台で手が届く、4ドアラングラーの理想形

JLラングラーの新車価格高騰はもちろん、中古車市場でも高値を推移している昨今、JKラングラーのお買い得感が高まってきている。その大本命的なオススメ車両をBUBU阪神で発掘してきた。

【ジープ パトリオット】アウトドアによく似合う 愛らしさが最大の魅力!

ガレージトップスピードの男性的なクルマ作り対し、姉妹店のRUSIT(ルージット)は、アースカラーにアレンジするのが非常に得意。そこで見つけたパトリオットも紹介しよう。

 

最新記事


2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。