マッスルカーライフを満喫!我が家の家訓、男なら“男らしいクルマ”に乗れ!

クーペ

ダッジ

アメマガ2023年11月号

チャレンジャー

チャレンジャーSRT ヘルキャット

チャレンジャーRT SCATPACK

AMERICAN SPORTS

高校生の頃に乗ると決めたチャレンジャー。父の援助もあって購入したから、父にも乗る権利はある。そんな息子のチャレンジャーに乗ると余りにも楽しすぎて、内緒で自分もチャレンジャーを購入。友人のような関係を築きながら、マッスルカーライフを満喫するオーナーさん親子を紹介しよう!

AMERICAN SPORTS


息子に内緒で自分もチャレンジャー購入

北村さん親子と出会ったのは、お台場で行われたタンドラミーティング。父・稔さんの7インチアップのタンドラも十分迫力があったが、「実は他にチャレンジャーを所有し、息子もチャレンジャーに乗っています」と言われたら、話の話題はチャレンジャーになるのは自然の流れ。しかも稔さんがヘルキャット、息子の飛雄吾さんがスキャットパックというから尚更だ。

 

普通に考えると、父の影響で息子が購入と想像するが、最初に購入したのは飛雄吾さん。稔さんがクルマ好きだったため小さい頃からクルマに興味があり、高校生の頃には将来乗るクルマを絞りつつあった。しかし候補はチャレンジャーではなく、アメ車でもない欧州車。そんな話を聞いた稔さんの答えは、「女の子が乗るクルマばかりだな…。せっかく乗るんだから、もっと男らしいクルマに乗った方がいい」だった。

父の意見に反抗することもなく、男らしいクルマの選定を開始した飛雄吾さん。そんな折、トライアスロンのバイク練習中に図太いマフラー音を奏でてぶち抜いていったクルマに釘付けになる。「エグッ! あれがダッジ・チャレンジャーか…」。そこから飛雄吾さんの貯金生活が本格的にスタートし、狙いはチャレンジャー一本に決める。

卒業後、すぐにでも欲しかった飛雄吾さんだが、高校生の貯金額で買えるほどチャレンジャーは安くはない。しかも見に行ったショップで一目惚れしたのは19年型のR/Tスキャットパック。「アメ車はV8と父から叩きこまれていたので、V6は見てもいませんでした」。そんな時は、やはり出世払い。「僕だけのお金で買ったワケじゃないので、父に好きな時に乗っていいよと言う約束もしました」。クルマ好きの稔さんは資金援助したとはいえ、息子が一生懸命貯金してクルマを買う努力が嬉しかった。そして何より、息子のクルマだがチャレンジャーに乗れることが実は嬉しかった。

休日にチャレンジャーのハンドルを握るのが楽しみとなった稔さん。タンドラは通勤車として使いながら、休日用に走りを楽しむクルマを探していたのだが、どっぷりチャレンジャーにハマったことで同じくチャレンジャーの購入を決断する。しかも飛雄吾さんには内緒にし、しかもヘルキャットを。

 

突然自宅に響くスーパーチャージャーの音色。何事かと外に出ると、見たことのない真っ赤なチャレンジャーから父がニヤリと笑顔で降りてくる。「親子でチャレンジャーもありだろ? これで一緒にドライブに行けるな」。父の言葉に嬉しくて思わず抱き着いた飛雄吾さん。それ以来、親子でのドライブはもちろん、ミーティング参加も一緒。自慢の父であり、自慢の息子として、お互いのチャレンジャーを意識しつつ切磋琢磨していく北村さん親子である。

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCAT PACK
カスタムはまだ3割程度これからガンガン行きますよ!

ショップに見に行って一目惚れしたR/Tスキャットパック。購入時はノーマルだったが、APRレーシングフロントスポイラー、コルサマフラー、フルカーボンリアディフューザーを装着。また、タイヤは前後共に315サイズをセット。今後はエアサス、ホイール、ストライプ、オーディオなどやりたいことは多数。

2017 DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT
休日しか乗らないクルマだけどそのために仕事を頑張れます

サイドデカール、ブロンズホイールなど純正オプションで装飾するSRTヘルキャット。特にブロンズホイールはかなり希少なホイールで、多くのオーナーから譲って欲しいと言われるとか。だが、稔さんにとってもお気に入りのホイールなので、今のところ手放す予定はないようだ。


父だけど友達のような感覚。でも、チャレンジャー歴は僕が上なので(笑)
カスタムはタンドラ優先。でも、息子のを見ると負けてられないよね。

親子の絆はマッスルにあり。


父の血を受け継ぎ小さい頃からクルマ好き。父から「男なら男らしいクルマに乗れ」の声を受け、チャレンジャー購入を高校生で決断。約3年前のクリスマスに19年R/Tスキャットパックを購入。
Owner:北村飛雄吾さん


7インチリフトアップのタンドラやジムニーを所有する傍ら、飛雄吾さんのチャレンジャーを休日に借りて乗り、楽しすぎて2022年に17年型SRTヘルキャットを内緒で購入。
Owner:北村稔さん


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


家族と共にアメ車を楽しむそれが理解を得る近道かも

LUXZ(ラグジ)の名を世に知らしめた 孤高の存在感を放つスタイル

ファッションやガジェットなど、世の中のデザインには流行がある。それはカスタムにも言える事で、時間が経過すると廃れてしまう事もある。だが、本当に優れた物は時間を超越し、普遍的な存在となる。

交点数の多いクラシカルデザインのメッシ ュを特徴とするワークVS XV

2つのリムとディスクという、文字通り3つの部品から構成される3ピースホイール。サイズはもちろん色の自由度も極めて高く、まさにカスタム派のためのアイテムと言える。

レッドアイをさらにチューンし史上最強807hpを発揮

2023年イヤーモデルで生産が中止となるチャレンジャー&チャージャー。限定のラストコールに注目が集まるなか、ダッジは公道走行最速となる807hpを発揮するレッドアイ・ジェイルブレイクを登場させた。愛知県のカーズスパークに、話題のジェイルブレイクが続々入庫しているぞ!

大排気量マッスルカー、今乗らないでいつ乗るの?

大排気量エンジンこそ、アメ車の魅力!アメマガ読者の全員が、きっとそう思うだろう。だが世界的に見るとハイブリッドやEVへとシフトが進みそう。もちろんガソリン車が今すぐ乗れなくなるわけではないので、今こそ乗っておくべきだ!

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】