ヤフオクで購入したボロボロのカマロがここまで化ける!?

クーペ

シボレー

アメマガ2023年11月号

カマロ

カマロZ28

大阪府

ナオキモータービルド

ディスカバリーチャンネルの人気番組でお馴染みのガス・モンキー・ガレージ。錆びだらけで朽ち果てる寸前のクラシックカーを買い取り、レストアやカスタムを施して極上車へと仕上げるあの場面。まさにそんなヒストリーがナオキモータービルドに実在した。

AMERICAN SPORTS


「名車改造! ファスト&ラウド」さながらの蘇生術!!

1979 CHEVROLET CAMARO Z/28

当時物の純正品にこだわって丁寧に仕上げていくことがレストアの定義だとすれば、今回紹介するカマロは純正品か否かに関係なく、想いのままにカッコいいを貫き、走りに徹した仕様へとアップデートを施すレストモッド的なコンセプトを感じさせる個体。

 

話を伺うと、ナオキモータービルドの宮田氏が自分で乗ろうと軽い気持ちでヤフオクに60万円で出品されていたものを落札。当初はボロボロのダッシュボードと車種不明のシート以外何もついていない状態で、部品取りに近い状態だったとか。しかしフレームの状態は良好で蘇生すれば良いクルマに仕上がると確信した宮田氏だったが、入庫してすぐに現在従業員で当時はお客さんだったショウゴ氏に売ってほしいと懇願されて託すこととなった。

フロアパネルを交換してカーペットやルーフライナー、ドアパネル、ピラーカバー、ダッシュボードを新調してTMIシートを導入。エンジンは350センターボルトにヘッドマンヘダース、エーデルキャブ換装。

ATは700R4の4速に強化してノンスリデフを装着。そのパフォーマンスに相応しいストイックな足を求めてホチキスサスペンション、サブフレームコネクターによるフレーム補強に加え、現在カウルインダクションフードと新調したフロントフェンダーのサイドダクトの到着待ちだそうで、到着すればより一層スパルタンなカマロへと進化を遂げることは間違いない。

80年代初期のワルそうなアメ車を彷彿させる立ち上がり強めのダックテールやフェンダーアーチから一体感のあるフロントリップスポイラーなど、当時のアメリカンスポーツは良い意味で尖っていた。そんなフォルムに見合うホッチキスの足周りやUSマグのホイールによるボトムもエモい。左右新調したフェンダーパネルには近日中にサイドダクトを新調する予定。カウルインダクションフードボンネットも同時装着するとのことで実に楽しみだ。

350センターボルトにヘッドマンのヘダース、エーデルブロックのキャブレターで構築されたエンジンルーム。700R4の4速ATに強化してノンスリデフ換装。ウィルウッドブレーキマスターシリンダーとフロント6ポッド、リア4ポッドのブレーキシステムで制動力強化を施し、ホチキスのサブフレームコネクターでフレーム補強を加えながら、前後ホチキスのサスペンションを装着したスパルタンな仕立ては、街中からハイウェイまで心地良い走り。終始ドライバーをご機嫌にさせてくれる。

内装は、フロアパネルを交換後にカーペットやドア内張り、天上にダッシュボードまですべてを新調。車種不明の簡易的なシートを取り去ってTMIへと換装してHURSTのビレットシフターをインストール。ステアリングはビレットスペシャリティーズでダコタデジタルメーターやバッフルを介してインチアップされたスピーカーなど、快適仕様へのアップデートが満載。ちなみにエアコンはVINTAGE AIRを導入しており、ここ最近の酷暑も快適そのものだ。


THANKS:NaokiMotorBuild
TEL:072-236-7300
https://naoki-mb.co.jp/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


レアなビンテージアメリカンだが東海カーズなら選んで購入可能!

アメ車の中でも、とくにビンテージモデルを数多く取り揃える東海カーズ。屋内保管された在庫車は、常時始動できることをモットーとしている。今回はノーマル然としたカマロとチャージャーを採り上げてみよう。

インディ500ペースカー1995年にわずか527台のみ製造された希少限定モデル。

インディアナポリスペースカーエディションとして1995年にわずか527台のみ製造された希少限定モデル。そんな激レア車両が本国未登録のまま日本へ持ち込まれ、さらに現在まで日本でも未登録のまま眠っているという“お宝案件”に迫る!

青年実業家としての慌ただしい日々を69年型カマロが解放してくれる

1968 CHEVROLET CAMARO SS

念願のセカンドジェネレーション!RS顔を手に入れたカマロ信者!

彼女たち流のアメ車との付き合い方
過去に2010年型カマロSS、そして2011年型カマロSS コンバーチブルの2台を乗り継いだ、カマロ愛が凄まじいMANAMIさん。そんな彼女がZ28のRS顔に惚れ込んで探すこと5年。ようやく手に入れた個体は、北海道でリアルにドラッグレースに参戦していた本物のレースカーだった!

【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】