目立つスポーティなクルマでカマロを選ぶが、今ではアメ車の魅力を満喫中

クーペ

シボレー

アメマガ2024年3月号

カマロ

ワイドボディ

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES

他人と被らないという理由でアメ車を選ぶ人は多いが、今回紹介するオーナーさんもその1人。パーツをただ追加するのでなくアレンジも施している。

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES


理想の形を実現するため19インチ&エアロを加工

'11 CHEVROLET CAMARO WIDEBODY

「カマロとケイマンだったら、どっちが目立つ!?」。そんな理由でカマロを選んだ橘さん。購入当初はカスタムする予定はまったくなかったが、いざ乗ってみるとその魅力の虜となり、さらに個性を追求したくなってLions-kit のボディキットを装着し、大胆なフォルムを実現している。

メーカーとしては20インチホイールの装着を想定しているようだが、橘さん的には小さい方が好みなので19インチをチョイス。しかもエアサスで車高を下げた際、タイヤとエアロが当たるようにフェンダーアーチを下側に延長。ただパーツを組み合わせたカスタムではなく、「創りたいスタイル」を明確にイメージしてカスタムを行っていることがよく分かる。

ここまで大胆なカスタムを施すと、様々なコンテストにも出したくなるもの。そこでフェンダリストやスタンスネーションにエントリーするが、アメ車は何となくアウェイ感が否めなかったそう。それに対し年末に開催されたX5はアメ車がメインなので非常に心地良く、今後もエントリーを計画しているそうだ。

 

今後の計画としては内装やオーディオを詰めていきたいと語るが、2年前にはキャデラック・ブロアムも増車。見事にアメ車の魅力に取り憑かれており、充実したアメ車ライフを楽しんでいるようだ。

ヘッドライトはLEDに変更。イエローと抜群の相性と言えるブラックで、ボトムとトップを引き締める。ベースはLTだがV8モデルのボンネットを装着。リアスポイラーは敢えてコンパクトなサイズとし、シンプル&スポーティなスタイルだ。

ボディパーツはLions-kitをチョイス。ふくよかなボディラインを実現しており、コルベットのコークラインを彷彿とさせる。フェンダーアーチとタイヤの隙間を詰めることで、より低さを強調しているのがポイント。

車高調はメーガンレーシング。エアサスタンクとコンプレッサ―はトランクに置くが、ディスプレイ方法も要検討課題と語る。


OWNER : YUYA TACHIBANA


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜
アメ車マガジン 2024年3月号掲載


関連記事

RELATED


WORKも認める品質に加え豊富なバリエーションを展開【EKROW WXW C1M】

愛車の個性を引き出すために、必要不可欠なアイテムと言えばアルミホイールが最有力候補。国産ホイールメーカーの雄、WORKでは自社製品以外も扱っており、それがここで紹介するEKROWだ。

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

アレスインターナショナルでは様々な車種を取扱うが、今注目しているのが5thカマロだ

ラグジュアリーカーを中心に、様々な車種を取り扱うアレスインターナショナル。もちろんアメ車も含まれ、SUVからマッスルまで幅広く在庫中。その上、カスタムモデルも豊富に取り揃えているのが特徴だ。

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

 

最新記事


2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/06/21

究極の美を求める人に贈るROHANの導き出した答え

クーペ

フォード

見る者を魅了するどころか、一瞬で釘付けにする。そんな芸術作品のような佇まいを見せるROHANのデモカー。第一弾ではコルベットを取り上げ、続いてカマロ、そして第三弾となる今回はマスタングをベースに華麗なシルエットを創造。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/05/24

基本的にはノーマルのグランドチェロキーであるが細部で個性を主張する!

SUV

ジープ

2016 JEEP GRAND CHEROKEE