【シェビーバン】思い切って内張りを剥がす!インテリア改装は悩む前に行動

バン

シボレー

アメマガ2024年3月号

シェビーバン

DIY

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES

天井&サイドをフェイクレザーに張り替え、さらに600個のボタンをレザー張りして手作業で打ち込む。途方もない作業も「楽しい」と語る、生粋のDIY好きなKさんだ。

AMERICAN CUSTOM COOL RIDES


子供から不人気なのが少し悲しい…

'90 CHEVROLET CHEVY VAN

若い頃に特攻野郎Aチームを見て、「いつかはこんなアメ車のデカバンに乗りたい」と夢見ていたKさん。だが気が付けば、長年所有するハイエースのカスタムに没頭する日々。そんな折、同じハイエース仲間であった鈴木さんが突然シェビーバンに乗り換えたと聞く。「一度も相談はなかったですね。アメ車は俺の方が乗りたいと思っていたのに先を越された。もう我慢できずに俺も買いましたよ(笑)」。

手に入れたのは、ショートモデルに限定して本国から直輸入した90年型シェビーバン。映画の劇中車(バンデューラ)の姿に思い入れがあったため、フロントバイザーやオーバーフェンダーもしっかり装着して再現。3本出しサイドマフラーは自身でワンオフ製作したもの。そして鈴木さん同様に、ハイエース時代の「クセ」であるインテリア改装に着手。これは鈴木さんのクルマを見てやり始めたワケではなく、各自がそれぞれ内緒で作業を進め、しばらくぶりに会ってお互いが改装を進めていることを知ったとか。

「ちょっと怪しい大人のバー」がテーマとなるKさんのシェビーバンのインテリアだが、やはり鈴木さん同様に内張りを剥がしてからどんなテーマにするか熟考したと言う。「悩む前にまず剥がすこと。そうすれば、後戻りできませんから(笑)」。それぐらいの意気込みが無ければ完成できないとも言えるだろう。

 

悩んだ末、ホームセンターで目に留まったというフェイクレザーを全面に張ることを決め、そのまま張るのではなく、より高級感を出すためにボタン締めにすることを決める。言葉では簡単だが、そのボタンひとつひとつを手作業でレザー巻きにし、約600個のボタンを打ち込んでいった。

 

そうして出来上がった室内の雰囲気が、バーの雰囲気だったことから方向性が決まり、バーにある装飾を購入し飾っていった。細かい部分は100円ショップ等で材料を買ってハンドメイド。しかしここまで仕上げると、どうしても気になったのが前列の普通のインパネ周り。それならばと、FRPでインパネの型を取り、そこにもボタン締めしたフェイクレザーを貼りこんでいった。さらにナビ画面を隠すように、スチームパンクと呼ばれる造形をこれまた100円ショップアイテムを使って製作。

 

こんな手の込んだ作業が出来るKさんは、もしかしてその道の職人かと思ってしまうが、「その辺にいる普通のサラリーマンです」と笑う。全てが見よう見まねでチャレンジし、トライ&エラーの繰り返し。「出来上がって眺めるのも楽しいですが、やっぱり作っている時間が一番楽しい」。カーショップに行くよりも、ホームセンターや100円ショップに行く時間が多いKさんである。

シェビーバンでは珍しいショートボディをアメリカから直輸入。車中泊を行なうため、購入直後にルーフに穴を空けて換気扇を設置。ホイールはアメリカンレーシングの15インチ(F15×8J、R15×10J)。サイド3本出しマフラーは、Kさん自らが製作したもの。

室内を張り替え改装していくと、インパネ周辺との差が浮き彫りになる。そこでKさんは、インパネをFRPで型取り、そこに室内同様のフェイクレザーを貼りこんでいった。さらにナビ画面を隠すように、スチームパンクと呼ばれる蒸気機関の造形を製作。材料は100円ショップで売っているストロー、芳香剤の蓋、ボタンなどを駆使。そこにアイアンペイントを施した。

壁に設置した球型ライトはピンポン玉をくり抜いて加工

ホームセンターで見付けたブラックフェイクレザーを全体に貼り、600個のクルミボタンにレザーを巻いてボタン締め。苦行のような作業だが、「気が付いたら終わってました」とサラリ。この段階で初めてテーマをバーにすることを決め、それに似合う調度品をセッティング。さらに、壁に配置した球型ライトはピンポン玉をくり抜いて加工するなど、細かい部分はKさんらしい「節約DIY」が駆使されている。トータル費用は約7万円ほど。


OWNER K さん
ハイエース時代からインテリア改装に没頭し、自称「普通のサラリーマン」でありながら、DIYのために専用工具や機器を揃え日々作業に励む。奥様&愛犬と一緒に車中泊も楽しんでいる。最近は「エコカー」として07年型ユーコンを購入。もしかしたら今後、ユーコンがインテリア改装の標的になるかも。


PHOTO&TEXT:相馬一丈
アメ車マガジン 2024年3月号掲載


関連記事

RELATED


【シェビーバン】一番愛着を持てるから、自分のクルマは自分で作り上げる

極太タイヤを履き大胆にケツ上げしたシェビーバン。その迫力ある姿だけでも見応えがあるのだが、一番の見どころは、木の温かみを感じるDIYで製作したインテリアだ。

WORKも認める品質に加え豊富なバリエーションを展開【EKROW WXW C1M】

愛車の個性を引き出すために、必要不可欠なアイテムと言えばアルミホイールが最有力候補。国産ホイールメーカーの雄、WORKでは自社製品以外も扱っており、それがここで紹介するEKROWだ。

目立つスポーティなクルマでカマロを選ぶが、今ではアメ車の魅力を満喫中

他人と被らないという理由でアメ車を選ぶ人は多いが、今回紹介するオーナーさんもその1人。パーツをただ追加するのでなくアレンジも施している。

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

スタイルに合わせた仕様でアウトドアライフを満喫【ヴォルテックス横浜】

アウトドアライフの醍醐味は、誰にも縛られることなく、自由に、そして気の向くままに行動して楽しむことにある。ならば相棒も自分色に染めた仕様にすれば満喫度合いも高まるに違いない。

 

最新記事


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2024/07/23

仮契約までしたけどLBスタイルに惚れて変更【ダッジチャレンジャー】

クーペ

ダッジ

過去2回、LBワークスで武装したチャレンジャーに乗ってアメマガ主催イベントamZに参加したみっちさん。軽自動車が長年の愛車だった彼女が、初めてのアメ車としてチャレンジャーを手にするストーリーとは。

2024/07/22

日本に2台だけ存在する 激レアなH1フリート

ピックアップトラック

ハマー

アメ車の中で、確固たるカテゴリーを形成するピックアップ。そのサイズ感やヘビーデューティ性に魅力を感じる人は少なくない。だがスカイオートが在庫するH1は、どんな道も走破できる究極のトラックと言えるだろう。

ランキング


2024/07/25

ポストビンテージバンの大本命として人気高騰中【シェビーバン ビュービル】

バン

ビンテージ

シボレー

70年代の丸目を筆頭に、フルサイズバンの中でも80年代までの個体がビンテージバンとして人気を博してきた。しかし紹介する個体の様に90年代中頃まで基本コンセプトは変わらない。むしろ熟成された最終モデルこそベストバイ!

2024/07/24

アニメを見て惚れたマスタング、今では押しも押されぬ爆速女子へ

クーペ

フォード

名探偵コナンに登場したマスタングに惹かれてカーボックスを訪れたオーナーさん。一番ド派手なエレノア仕様を選び、チャレンジャー・ヘルキャットに乗る旦那様は走りで負けたくないライバルだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger