コンテンツのボリュームはとても1日では味わいきれないほど!【ホットロッドカスタムショー】

イベントレポート

アメマガ2024年3月号

ホットロッドカスタムショー

ホットロッドカスタムショー2023

パシフィコ横浜

HOT ROD CUSTOM SHOW 2023
31th Annual Yokohama at PACIFICO YOKOHAMA
2023.12.03(SUN)


年々増加する来場者数は2万5000人超え!世界的にポピュラーなイベントに成長しているだけに、海外からの来場&出展も増加傾向にあり、会場内はインターナショナルなムード!

横浜発信アジア最大級&最重要
アメリカンモーターカルチャー系インドアショー!
HOT ROD CUSTOM SHOW 2023

アメリカのモーターカルチャーを様々な形で国内に広めているムーンアイズ主催のホットロッドカスタムショーは、今回で31回目を迎える。ホットロッド、カスタムを始め、チョッパーなどのモーターサイクルまで国内最大のインドアショーとして全国から頂点を極める車両が一堂に会するため、業界関係者には最重要イベントとして完全に定着。ファンにとっては、海外からのゲストも含め、普段目にすることができないショークオリティーの車両を一気に見ることができるうえ、ライドインショーからライブミュージック、ベンダーブース、ピンストライピング、ピンナップガールコンテストなど、1日では味わいきれないほどの充実したコンテンツで人気が高まっている。


イベントスポンサーのカンパニーやブランドによる限定アイテムやコラボアイテムも人気が高く、イベント前から話題になっていた CHALLENGER × MOON Equipped においては購入待ちの列が終日途絶えないという盛況っぷり。


また、ライブバンドにおいても、今回初出演にして大トリを務めたKodeTalkersの人気も絶大で、ホットロッドカスタムショー始まって以来の盛り上がりとなった! アメリカンモーターカルチャーを意識するものにとっては、絶対に外せないイベントとして内容も年々アップグレードされているうえ、 国内におけるインターナショナルな社交場としても機能している!


Best of Show Automobile
1949ChevroletSportCoupe"LADYAMBER"
オーセンティックにしてクオリティーの高さで魅せる


マイルドカスタムとしてのセオリーを踏まえたオーセンティックなアプローチながら総合的にショークオリティーでフィニッシュ。Best Of Showの他、Vintage Color Studio's Pickも受賞。オーナーがPinup Girlコンテストにも出場していた女性で、愛車のイメージにマッチしているのが素敵。

Best of "Plenty of Blazing Classic Trucks"
1959 Chevrolet Apache
ストックの魅力が最大限に発揮されたマイルドカスタムの真骨頂


今回のスポットライト、"Plenty of Blazing Classic Trucks" は1987年型以前のフルサイズトラックが対象。様々なアプローチでアレンジされた出展車の中で一際クリーンなスラムドのアパッチが受賞。シンプルながら徹底してハイクオリティーな仕上げ!

Best Street Rod
1932FordModel-B3WCoupe
絶妙なチョップトップによるスタイリッシュなフォルムが魅力大!


セオリーを重んじてお手本のようなスタイリッシュな仕上がりのデュースの3Wクーペ。全体のフォルムの良さが際立つ車高スタンスとタイヤ&ホイールのサイズが絶妙。真っ赤なボディにポリッシュのスロットホイールが映える。

Best Kustom
1950 Buick
「能ある鷹は爪を隠す」かの様に手の込んだ秀作


ストック然とした控えめなルックスながらも、全体のフォルムから細部まで丁重にアレンジされたマイルドカスタム。詳細などの表示がないものの、思わず足を止めてしまうほどただならぬオーラを放っていた。4ドアがベースというのも渋い。

Best Suede
1955 Chevrolet 210 Wagon
スムージングによるボディの美しさが際立つセクシーなスエード


スムージングやテールのアレンジによって格段にスタイリッシュなフォルムとなった210ワゴン。半艶のスエードペイントのボディとグラフィック入りのシャインなルーフとのコントラストが美しい。いそうでいないマニアックなアプローチ。

Best Hot Rod
1934 Ford 3W Coupe
洗練された美しいフォルムがクールなアーリースタイル


バックヤードビルドによるアーリースタイルのホットロッドが増加しているうえ、スタイリング、クオリティーともに魅力的な個体が少ない中、正しくクールにフィニッシュした1台。大胆なチョップによるフォルムと全体のプロポーションのバランが良い!

Best American Car
1959 Chevrolet ParkWoodWagon

ミュージアム級の高いオリジナル度をキープ!


1959年型はインパラに続いてエルカミーノそしてワゴンもコレクタブルカーとしてプレミアムな存在となっているだけに、オリジナルでレストアするのが主流。細部まで完璧な仕上がりで、59年当時の純正色のディスプレーボードも素晴らしい。

Best Custom
1953 Chevrolet 150
クーペをベースにピックアップ化したクールカスタム


当時主力だった150系にはコンバーチブルからセダンデリバリーまでバリエーション多彩な150系でも存在しなかったピックアップをカスタムビルド! チョップドしたルーフ&ダックテールへのアレンジはファクトリーのように違和感のないフォルム。フレームはS10でアップデート。

Best Lowrider
1951 Chevrolet 3100
貴重なオプションパーツ満載でオリジナル度の高い秀作


様々なスタイルでアレンジされる3100は、ローライダーにおいてもポピュラーな存在ながら、この車両はファクトリーのオプションパーツ&定番カスタムパーツ満載。内外装からエンジンルームのディテーリングに至るまで完璧な仕上がり。

Best Paint
2011 Dodge Charger
あらゆるテクニックを駆使した超絶マルチグラフィック


きらびやかなショーカーがひしめく会場内では控えめの色調ながら、ルーフも含めてボディ全体に施されたマルチグラフィックはお見事。スキルの高さはもちろんのこと、ドアやトランクなどの普段見えない縁まで完璧な仕上げなのには驚き!

Best American Pickup
1994 Chevrolet S10
V8コンバージョン&絶妙なプロポーションが魅力のHot Truck


シンプルながら絶妙な車高スタンスとクールなバドニックホイールのバランスの良さで目を惹くS10レギュラー。エンジンはV8にコンバージョンしたHot な仕様なのがさらに魅力的。フルサイズが主流のカテゴリーにおいて見事アワードを受賞。

Best Interior
1960 Pontiac Catalina Safari Wagon
マイルドカスタムとしてオリジナルの魅力を発揮する希少ワゴン


GM内でもとりわけオリジナリティーの高いスタイリングが魅力のカタリナサファリワゴン。その独創的なデザインの魅力が存分に発揮されたマイルドカスタムの秀作。シンプルな外観に対して、アイランド感のある独自のファブリックでアレンジした内装がクール。


PLACE:神奈川県・パシフィコ横浜
主催:MOONEYES
https://www.mooneyes.co.jp/


PHOTO&TEXT:石橋秀樹
アメ車マガジン 2024年3月号掲載


関連記事

RELATED


ホットロッドカスタムショー2017 ニッポンのHotなアメ車カルチャーがここに集結!!

26th Annual Yokohama HOT ROD CUSTOM SHOW 2017

【ホットロッドカスタムショー 2018】益々人気沸騰アメ車カルチャーが日本に大・大・大集結!!

アメ車界で最重要イベントと言える「ホットロッドカスタムショー 2018」。アメリカから有名車や著名ビルダーがゲストとして来日するアメリカンカルチャーを体感できるマストイベントだ。今回もワクワクする車たちと情報をピックアップしてレポートしていくぞ!

27th Annual Yokohama HOT ROD CUSTOM SHOW 2018

益々人気沸騰のホットロッドカスタムショー、ニッポンのHotなアメ車カルチャーがここに集結

HOT ROD CUSTOM SHOW 2019
28th Annual Yokohama at PACIFICO YOKOHAMA
2019.12.01(SUN)

カスタムシーンの最前線は名古屋ファイナルで学ぶ!【クロスファイブ ファイナル】

2023.12.03
CROSS FIVE TOUR FINAL
ポートメッセなごや

3日間で18 万人弱が来場した TOKYO AUTO SALON 2023

猛威を振るった新型コロナも感染症対策が見直される運びとなり、ようやく日常が戻ってくる運びとなった2023年。日本のクルマ業界にとって新年一発目となる一大イベント「東京オートサロン」もコロナ禍以前に迫る勢い。2023年はアメ車も景気良く盛り上がっていきたい!

 

最新記事


2024/05/25

満を持してコルベットに搭載されたハイブリッド型全輪駆動のeAWD

クーペ

シボレー

新車インプレッション

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

ランキング


2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2023/05/23

フルリノベーションでスクールバスを第二の部屋に

バン

内装ドンガラ状態のスクールバスを手に入れ、1年半の月日をかけてコツコツと仕上げたオリジナルキャンパーバス。そこには市販車じゃ不可能な3兄弟が快適に寛げるギミックが満載! まるで動く子供部屋!!