エスカレードに引けを取らないラグジュアリーさがウリ GMCユーコンXLデナーリ【BUBU横浜】

SUV

ユーコンXLデナーリ

BUBU横浜

神奈川県

YUKON

GMC

GMCはシボレーの兄弟ブランドであるため、車名は違えどプラットフォームを共有している。そしてGMCはコマーシャルビークル(商用車)専門ブランドという立ち位置である。


[vc_row][vc_column][vc_column_text]アメリカンラグジュアリーSUVの代名詞といえばキャデラック・エスカレードであり、リンカーン・ナビゲーターである。この二強の牙城はなかなか崩せないが、この二車に匹敵するほどに高級感を醸し出すSUVがある。それがGMC・ユーコンXLデナーリだ!![/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_custom_heading text="BUBU CALIFORNIA DIRECT 2016 GMC YUKON XL DENALI"][vc_column_text]DSC_6128[/vc_column_text][vc_column_text]

独自路線を貫くGMCデナーリの存在は絶対

GMCはシボレーの兄弟ブランドであるため、車名は違えどプラットフォームを共有している。そしてGMCはコマーシャルビークル(商用車)専門ブランドという立ち位置であるため、ラインナップしているのはSUVにピックアップトラック、それにバンしかない。ちなみにユーコンXLだが、シボレーではサバーバンに当たり、ユーコンがシボレーではタホに当たる(1999年モデルまではユーコンXLもサバーバンの名が与えられていた)。そんなGMCだが、通常モデルとは別に「デナーリ」という上級モデルが用意されており、立ち位置としてはエスカレードに近いこともあって、ハイグレードなモデルとして人気が高い。そもそもエスカレードはユーコン・デナーリをベースとした生い立ちがある。もっとも人気を博したのは第二世代で、第一世代はわずか数年しか製造されず、第三世代はデザイン性の好みが分かれて支持が少なかった印象がある。満を持して登場した現行モデルは2015年モデルからで第四世代となる。もちろん同時期にタホ&サバーバン、エスカレード&エスカレードESVもモデルチェンジして新型へと移行。やはり兄弟車だけに基本的なシルエットは共通しており、真横から見た姿はそっくりである。だが、独自路線を貫くデナーリだけに、フロントマスクの押し出しを一層強くしているだけでなく、エスカレードにも劣らない快適装備が満載。ユーコンXLデナーリという選択も捨てがたい。 DSC_6149 DSC_6160 DSC_6135 DSC_6152 DSC_6157[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]デナーリには新型のスカルプテッドグリルをあしらい高級感を演出。ヘッドライトはエスカレード同様に切れ長のデザインだが、幅を広くしてスクエアな作り。コの字型に点灯するLEDデイライトが個性を際立たす。 DSC_6136 DSC_6140[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]22×9.5Jの7スポークホイールはシルバーをベースにクロームインサートをあしらうことで華やかさをプラス。サイドステップがドアの開閉に合わせて電動で昇降するのは高級車ではお馴染みの仕掛け。 DSC_6147 DSC_6164[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]上級モデルのデナーリらしい高級感溢れる仕立てが施されたインテリア。センターの8インチタッチスクリーンモニターにはアップルカープレイを搭載。さらにブルーレイDVDプレイヤーを内蔵したリアリートエンターテイメントシステムは2列目と3列目別々に用意されている。 DSC_6205 DSC_6210 DSC_6177 DSC_6235 DSC_6198[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]シートアレンジは。2-2-3の7人乗りがスタンダード(セカンドシートは60:40の分割可倒式ベンチタイプの8人乗りも選択可能)。インテリアカラーはココア/シェールで、窓枠下部を境に色分けし、洗練された雰囲気を漂わす。 DSC_6184 DSC_6189 DSC_6195[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]ロングボディのXLだけに通常時でもラゲッジスペースは十分な広さを確保。さらにその下にもスペースが用意され小物の収納に便利。2&3列目シートはラゲッジスペース横のスイッチで折り畳め、大容量のスペースを生み出す。 DSC_6225 DSC_6228 DSC_6226 DSC_6219 DSC_6217[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]ラゲッジドアの開閉は二段階方式。ガラスハッチのみと全開閉。もちろん全開閉は電動で操作可能。さらに足をバンパーの下に差し込むと、それに反応して自動で開く仕組みも。 DSC_6238 DSC_6253[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Thanks:BUBU YOKOHAMA TEL.045-923-0077 http://www.bubu.co.jp[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]■Text & Photos|アメ車MAGAZINE[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2018年 4月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

関連記事

RELATED


旦那さんからサプライズプレゼント!GMCユーコンXLデナリ YUMIE ☆ アメマガガール

17歳で結婚、出産と若くして目まぐるしく人生の転機を迎えたユミエさん。そんな彼女にとってハズせない相棒がGMC・ユーコン。保育園の送迎から通勤までコレ一台で賄うリアリティー溢れるアメ車ライフとは…。

異なる楽しみ方を堪能 シボレーカマロ & GMCユーコン

幼き頃に見た映画に触発されてアメ車が好きになり、そしてアメ車の購入を目標にコツコツと貯金をして、人生初となるクルマとしてカマロを購入した若者が、つい最近さらにユーコンを増車して、複数所有というアメ車ライフを謳歌している。

フルサイズに引けを取らない ミッドサイズピックアップ GMCキャニオン【BUBU横浜】

アメ車=ピックアップトラックと言っても過言ではないほど、アメリカでは当たり前に目にする。キャニオンは、シエラ譲りの堂々たる佇まいで存在感もバツグン!!

アメ車らしさを現代に甦らせるオリジナルボディペイント GMCサバーバン【ピットインアクツ】

ボディメイクには様々な「見せ方」があるが、往年のアメ車ならではの手段として、80年代当時に存在した、今となっては斬新に見えるボディペイントを再現することもそのひとつだ。紹介するサバーバンも、当時の姿へ甦った!

魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/Camaro IROC-Z/GMC Jimmy】

80年代~90年代のアメ車が熱いという。今回は82年型コルベットと89年型カマロ、87年型ジミーの3台を紹介しよう

 

最新記事


2023/02/07

-フリースタイルで行こう- ♯23 イシヴァシのMOPARのある人生

コラム

2023/02/06

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

クーペ

フォード

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

ランキング


2023/02/06

中学3年でアメ車購入を決意、マスタングを購入してから免許取得を目指す

クーペ

フォード

初々しい初心者マークが貼られるマスタング。オーナーは今春高校卒業を迎える現役高校生のnomustangさん。中学3年のときにアメ車に乗ることを決意し、高校卒業を前にマスタングを購入。しかも免許取得をする前に…。

2019/05/14

『60セカンズ』で駆け回るマスタング“エレノア”を忠実に再現

クーペ

ビンテージ

フォード

Ford Mustang & Chevrolet Camaro
FORD MUSTANG “ELEANOR”

2019/03/13

映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア”

クーペ

ビンテージ

フォード

シルエットの美しさは“エレノア”ならではの美点。

2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

×