従来のアストロとは別物 気分はHOT ROD!! シボレーアストロ

バン

シボレー

TOM GARAGE

MOONEYES

シェビーストリーム

TBI350

ホットロッド

CHEVROLET

アストロ

ムーンアイズ

シボレー

HOT ROD

ホワイトリボンタイヤ

見るからにヤバそうな雰囲気を漂わせる細井さんのアストロ。その期待通り、いや期待値以上のパフォーマンスに仰天。


やっぱりASTROが好きなんじゃ!! 1994 CHEVROLET ASTRO OWNER

TBI350エンジン移植で念願のV8アストロを実現

DSC_6533

見るからにヤバそうな雰囲気を漂わせる細井さんのアストロ。その期待通り、いや期待値以上のパフォーマンスに仰天。視覚、嗅覚のみならずV8を存分に堪能させてくれる魅惑のカスタムに迫る。

1997年に結成した老舗アストロ&サファリカークラブ・シェビーストリームの関西代表として16年間所属した細井さん。この94年型を購入する際は既に別のアストロも所有していたため、一時は二台を所有。ほかのアメ車に多少の目移りはするものの「やっぱりアストロが性に合う! でもどうせまた乗るなら旧マスク、しかもショーティー!」と決めていた。

しかし旧マスクとなればざっと25年前のモデルだけに、オリジナルを綺麗な状態でストックするには色々と条件が厳しい。既存のエンジンをオーバーホールするのも悪くはないが、どうせなら昔からやりたかったV8を積んでみようと始まったのがキッカケ。でも、ただ単純にエンジンを載せ替えるだけじゃ面白くないからと、昔からホットロッド系のカーショーやイベントが好きだったこともあって、これを機にそのイメージをアストロで具現化させることに。

DSC_6579

購入時からショーティーの丸目グリルにキャデラックテールと理想に近く、イメージはすぐに膨らんだと話し、絶妙な色味のマットグレーカラーにラリーホイール、ホワイトリボンを組み合わせて雰囲気はグッと近づいたが、もっとも特筆すべきはそこではなくフィーリングにある。

エンジンをかけた瞬間アストロとは別物の鼓動を感じ、TBIをベースにしながらもエーデルブロックでキャブ化された特有の匂いで嗅覚を刺激。アクセルワークはV8らしいトルクフルな感覚と五感のすべてから感じ取れるソレはまさにホットロッド! アストロライフの集大成に相応しい一台に仕上がった。

DSC_6591

50Φの細さにこだわったワンオフの両サイド出しマフラーからのV8サウンドに、15インチラリーホイール×ホワイトリボンの肉厚タイヤ、70年代のアメ車らしさを醸し出す丸目フェイスと今までのアストロカスタムとは異なる方向性で新境地を開拓。

DSC_6552 DSC_6514

TOM GARAGEの向かいにある葬儀屋送迎車用車庫からたまたま処分して欲しいと頼まれたフリートウッドベースの霊柩車に搭載されていたTBI350。霊柩車なら無茶な走りはなく手入れも行き届いている。ベースとするには絶好のエンジン! と迷わずエンジンスワップを決意。

インジェクションよりもディープなV8サウンドを堪能すべくエーデルブロックのキャブに換装。エンジンを載せることよりもコンデンサーやラジエターなどの周辺パーツのレイアウトに苦労したそうだ。

DSC_6453 DSC_6441

ムーンアイズのステアリングとダッシュマット以外まだ手を加えていないインパネ周りは今後リフレッシュ予定。3連メーターは信号機カラーのイルミネーションで遊び心をプラス。

DSC_6611 DSC_6461

パネルバンの窓には今回のプロジェクトに大きく貢献したTOM GARAGEのロゴをピンストライプで描く。購入時からキャデラックテールだったベース車両に、TBIのドナーがキャデラックだったことはもはや偶然ではなく必然!? 

フロント205、リア225と異なるタイヤサイズで履きこなすボトムスもホットロッドらしい演出。ダッシュに飾られる木彫りのチームロゴは結成当時物のレアアイテム。

DSC_6568 DSC_6743 DSC_6596 DSC_6604

フォルムこそアストロらしさを残してはいるものの、遠くからV8特有の鼓動を唸らせて走るそれはもはや別物。現在ミッション調整の最終段階で本誌が発売される頃には納車予定との話だ。

DSC_6658

大阪府寝屋川市、淀川近くの倉庫街でヒッソリと営業する隠れ家的なファクトリーのTOM GARAGE。中へ入ると年代物のブーツやビンテージアイテムがズラリ。アンティーク雑貨や古着屋さんの店内に居る様な雰囲気が実に心地良い。ちなみにオーナーの富田さんはK-5ブレイザーをこよなく愛し、12年所有し続けている。

DSC_6773 DSC_6762 DSC_6758

■Photo&Text:石井秋良

アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

RELATED


フルノーマルで購入した95年型アストロ / アストロ全盛期の様なフルエアロ

やっぱりASTROが好きなんじゃ!! 1995 CHEVROLET ASTRO / OWNER Ohashi 2004 CHEVROLET ASTRO / Thanks:BLUE RIVER

人気上昇中の旧マスク・アストロを レトロポップに乗りこなす!【ピットインアクツ】

人気上昇中の旧マスクをベースにポップなカラーリングを施して、どこか愛くるしいスタイルに変化させた。旧マスクファン必見です!

憧れ続けたアメ車を購入 シボレーアストロ AKI ☆ アメマガガール

免許を所得してすぐの頃に街中を走っているアストロを見掛けた彼女。当時は名前も分からなかったけれど、その姿を決して忘れることはなく、二年前にようやく手に入れ、いずれは子供たちともその魅力を分かち合いたいと、家族全員がアメ車に乗ることを目論む。

トランスポーターとして使い倒す!! シボレーアストロ / クルマも買ってないのに手に入れたパーツ!? シボレーアストロ

やっぱりASTROが好きなんじゃ!! 1994 CHEVROLET ASTRO / OWNER Fuku 1989 CHEVROLET ASTRO / OWNER Satoshi Suzuki

家族の理解は得られなくとも我が道を行く シボレーアストロ / サファリで窓がないことが一番のウリ!! GMCサファリ

やっぱりASTROが好きなんじゃ!! 1993 CHEVROLET ASTRO / OWNER Toru Tanabe 1993 GMC SAFARI / OWNER I.S.M

 

最新記事


2024/06/20

パーツが少ないキャデラックもウイングオートでカスタム可能

キャデラック

人気が高い車種であるほど、アフターパーツも豊富にある。だがキャデラックの場合そのブランドイメージもあって、カスタムする人は少なく、パーツの選択肢も限られる。だがウイングオートなら、そんな悩みも解決してくれる!

2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

ランキング


2024/06/19

チャレンジャーに乗ることでアメ車に対する価値観が激変

クーペ

ダッジ

今までアメ車には一度も乗らず、日本車や欧州車を乗ってきたオーナーさん。そんな彼がなぜチャレンジャーを、しかもEDGE CUSTOMSを…。これまで様々なスタイルを紹介してきたが、チャレンジャーと出会い、アメ車の虜になったオーナーさん紹介しよう。

2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!