ポップな69、70でなく72年型シボレーエルカミーノが逆にクール!!【TDOモータリング】

クーペ

ビンテージ

シボレー

シェビー

エルカミーノ

Chevy

TDOモータリング

El Camino

TDO MOTORING

セダンピックアップという唯一無二のジャンルで、幅広い世代から愛されているエルカミーノ。TDO MOTORINGでは第3世代の後期型モデル、1972年型をベースに街乗りでも快適な仕様に仕上げた。


Vintage Ecstasy 1972 Chevy El Camino

官能のビンテージアメリカン

セダンピックアップという唯一無二のジャンルで、幅広い世代から愛されているエルカミーノ。TDO MOTORINGでは第3世代の後期型モデル、1972年型をベースに街乗りでも快適な仕様に仕上げた。

第3世代エルカミーノ後期型となる72年型

日本国内でも根強い人気を誇るシボレー・エルカミーノ。通常のピックアップトラックとは異なるクーペベースの2ドアボディは、販売が終了してから久しいが未だに新鮮でオシャレだ。ほかの車種にはない、エルカミーノ独特の雰囲気が多くの人を魅了していることは間違いない。

TDOモータリングでは1968年に登場した3代目エルカミーノの後期型モデルをベースにカスタマイズを施した。デモカーは1972年型でフロントマスクなどの顔回りが前期型とは一新された仕様のモデルだ。国内においては、前期型の丸目4灯ヘッドライトの人気が高いが、敢えて後期型をベースにデモカーを製作したのだ。

足回りにはフロントにアイバッハの2インチダウンサスを組み込み、リアにはモンローのエアショックを装備。街中で映える、ローライダースタイルにも近い、美しいシルエットを演出した。心臓部には5.7?の350エンジンを積むが、キャブレターやインテークマニホールド、タコ足といった機能パーツは交換済みで軽快な走りが味わえた。

TDOモータリングでは、このエルカミーノのような60年代後半から70年代にかけてのマッスルカー全盛だった頃のアメ車を中心に取り扱う。代表の川瀬氏が、そのあたりの世代のアメ車が好きだということも影響しているそう。エルカミーノに限らず、気になる車両があるという人は一度、ホームページなどで在庫車の情報をチェックしてみて欲しい。

DSC_0902_opt

350エンジンを心臓部に積んだ1972年型エルカミーノの走りは実に大らか。パワフルで良い意味で「アメ車らしさ」を感じられる1台といえる。ミッションは3速のコラム式ATだが、街中で乗る分には取り立てて気になる部分はなく快適クルーズができる。

DSC_0918_opt DSC_0870_opt DSC_0951_opt

第3世代のエルカミーノ、後期型車の特徴は前期型の4灯ヘッドライトから改められた大型ヘッドライト。4灯のレトロな雰囲気から一転、都会的なフロントマスクになっている。こちらの個体ではフロントにダウンサス、リアにエアショックが組み込まれているのでケツ上がりのスポーティなスタイルに仕上がっている。

極力、ノーマルのスタイルを保つためにホイールには敢えて純正タイプのデザインのホイールをチョイスした。足回りにはフロントにアイバッハ・2インチダウンサスペンションを装備。リアにはモンローのエアショックを組み込んだ。タイヤサイズはフロントが235/60R15、リアは275/60R15。

DSC_0933_opt DSC_0957_opt

搭載されるエンジンはスモールブロックの5.7? 350エンジン。快適な乗り味を保つために、キャブやインテークマニホールドを交換済み。タコ足もアフターパーツに取り替えることでレスポンスアップを図っている。取材時に試走したところ、軽快な吹き上がりで年式を感じさせないほどの好感触であった。

エクステリア同様に、車内などのインテリアは当時のままで手を加えていない。ブラック基調でまとまられたインパネ周りはスポーティなコクピットだ。シートもベンチシートで当時と同様の乗り心地を味わえる。

DSC_0798_optDSC_0800_opt DSC_0811_opt DSC_0836_opt

取材時、ショールームには1971年型のカマロやノバ、1968年型シェベルなどが並んでいて、この世代のアメ車が好きな人であれば思わず、「おぉ」と驚嘆しそうなほど。もともと鈑金整備も手掛けていたため、鈑金・塗装からカスタマイズまでトータルでの作業も得意だ。東海北陸道・岐阜各務原インターからも近い立地なので、各地からのアクセスも容易だ。


取材協力:TDO MOTORING
Location◆岐阜県各務原市成清町2-124-1
Phone◆058-380-5239
URL◆http://www.tdomotoring.com/

Photo & Report◆Tsunehiro Aiba

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年1月号掲載

関連記事

RELATED


休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrolet CAMARO RS【TDO MOTORING】

TDOモータリングの手により現代風のアレンジが施されている。エアコンやラジエーターなど快適性や安定性を左右するパーツについては適切なカスタムが施され、タイヤ&ホイールは18インチに大型化。そしてローダウンだ。

ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言えるエルカミーノ。

半世紀前のクルマを見て乗って楽しい仕様にモディファイ

【C2コルベット】斬新で独創的なフォルムは半世紀の時を経ても色褪せない

1963年モデルから1967年までのわずか5年間のみリリースされたコルベットC2。スティングレイ(アカエイ)のサブネームが採用され、当時のアメ車とは一線を画す近未来的で独創的なボディラインは、アグレッシブな中に精巧で繊細な芸術的な印象すらもたらす。そのオリジナルの個性を可能な限り後世に残した個体がココに!

66年からの第二世代シェビーⅡノバは、エッジを効かせたよりモダンなスタイリング

コンパクトでエコノミーなモデルながらも、スタイリッシュなルックスやドラッグレースでの活躍でホットロッドのフィールドでは大人気の第二世代のノバ。超希少とはいえホットな仕様も存在し、マッスルカーとしてのキャラクターも持ち合わせるアイドル的な存在なのだ。

青年実業家としての慌ただしい日々を69年型カマロが解放してくれる

1968 CHEVROLET CAMARO SS

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429