カスタムするたびに愛車がカッコよくなる クライスラー300C HITA ☆ アメマガガール

セダン

アメマガガールズ

クライスラー

CHRYSLER

LEXANI

クライスラー

アメマガガール

300C

アメ車女子

当初はアバウトに「かっこいいクルマに乗りたい」と考えていただけだったのが、今や男子顔負け、いやそれ以上にカスタムに邁進。その勢いは一向に冷める気配がない。


「かっこいいクルマに乗りたい」その思いにまっしぐら♪

DSC_8473

当初はアバウトに「かっこいいクルマに乗りたい」と考えていただけだったのが、今や男子顔負け、いやそれ以上にカスタムに邁進。その勢いは一向に冷める気配がない。

DSC_8417 DSC_8451

カスタムするたびに愛車がカッコよくなる?

DSC_8466

免許を取得した当時から「カッコいいクルマに乗りたい!!」という思いを抱いていたヒタさん。この思いはアメ車に限らなかったみたいだけど、たまたま従兄弟がエスカレードを購入したことを機にアメ車に興味を抱き始めた彼女。しかも従兄弟がクルマを購入したショップの社長の弟とヒタさんが友人という偶然も重なり、興味があるならと紹介されショップへと出入りするように。

DSC_8479

となれば当然「どんなアメ車に興味があるの?」なんていう話からスタートし、「セダンが好き」と答えた彼女に対して「300Cなんてイイんじゃない」と勧められ、トントン拍子に話は進み、あっという間にクルマが決定。当初は先代モデルの300Cを考えていた彼女だけど、ほかの人と被りたくなくて現行モデルをセレクト。

であればディーラー車という選択肢もあったけれど、V8エンジンにこだわり並行輸入。さらに被りたくないという彼女のリクエストに応えるため内装もオーダーしていざ納車。愛車と初めて対面した時には「運転できないかも…」と頭をよぎったみたいだけど、乗ってみたらそんな不安は一瞬で吹き飛び、楽しくて仕方がない。

DSC_8469

さらにそこからホイールをペイントし、ワンオフマフラー、エアサス、4枚ガルウイングとカスタムは着々と進行中。女の子でここまでカスタムに積極的なのは珍しいけれど、愛車がカッコよくなっていく姿にご満悦。撮影時にオーダーしていたフロアマットが間に合わなかったことを残念がっていたのが印象的。

DSC_8504

また、300Cを購入したことによって交友関係が広がり、さらには彼氏もできましたと笑うヒタさん。「今は二人でこんなカスタムがしたいなぁって話をしている時が楽しいです♪」と。

DSC_8488

具体的にはエアサスユニットにエングレービングを施して見栄えをよくしたいんだって。ちなみに彼氏はエクスプローラーを所有しているけれど、カスタムのためしばらくショップに預けっぱなし。なので二台が揃う日を待ちわびている。 

DSC_8450

フロントフェイスにはE&Gクラシックグリルをあしらい、レクサーニ・ラストホイール22インチホイールをパープルにペイント。内装はブラック×パープルのコンビで仕上げ、エアサスはスマホで操作可能だ。

DSC_8438 DSC_8497 DSC_8511
■ Thanks:COAST MOTORING
TEL.04-2946-7203 
http://coast-jp.com


アメ車マガジン 2017年10月号掲載


関連記事

RELATED


惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MAYUMI ☆ アメマガガール

それまでアメ車にまったく興味がなく「アメ車なんてありえんやろう」とさえ思っていた彼女を振り向かせたニクイ奴。そいつは300C。アイデンティティである大きなグリルが彼女の気持ちを動かした。

ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C & USトヨタシエナ YUUYA ☆ アメマガガール

免許を取って、最初のクルマはUSモデルのアコードクーペ。そこから何台もアメ車を乗り継ぎ、今ではアメ車なしの生活は考えられないと語るユウヤさん。目的や用途に応じて2台の愛車を使い分ける。

4枚ドアをガルウイング化しLEDで夜間は妖しい光を放つ!2008y CHRYSLER 300C【MSTオートモーティブ】

カスタムのベース車として、今アツい視線が注がれている先代300C。ここで紹介するデモカーも、2008年式の車両をベースに最近、ガルウイング化を施したばかり。細部にもこだわったカスタムに注目!

高校時代に一目惚れ、300に対する愛は深い クライスラー300 ☆ HIROKA【アメマガガール】

まだまだ初々しい運転操作に、見ている側がチョット冷や冷や。でも、啓加さんの300に対する愛は深い。高校時代に一目惚れした名前も分からなかったクルマをずっと追い求めて、遂に2017年春に300デビュー!

違和感を感じるボディの謎…答えは40cmストレッチボディ!【PG MOTORING】

日本で一番300Cのカスタムを熟知し、業界ではカリスマと呼ばれる広島のプライムガレージ。そのカスタムラインナップに加わったレッドボディの300は、今までとは何かが違う…。そう、ボディが長い! 時にはこんな荒業も取り入れて皆を驚かす、それがPGだ!

 

最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]