ブラックウッドへの変更でロードマスターが生まれ変わる! 1992y BUICK ROADMASTER WAGON【ガレージジョーカー】

ステーションワゴン

ビュイック

90年代のビュイック・ロードマスターといえば、サイドにウッドパネルが装着されサーファーなどに絶大な人気を誇ったステーションワゴン。今では目にする機会がめっきり減ったが、ガレージジョーカーがアレンジ


90年代のビュイック・ロードマスター

90年代のビュイック・ロードマスターといえば、サイドにウッドパネルが装着されサーファーなどに絶大な人気を誇ったステーションワゴン。今では目にする機会がめっきり減ったが、ガレージジョーカーがアレンジを加えて生まれ変わらせたモデルがある。このロードマスター、ありかもしれない!

純正を最大限生かしてアレンジを加えるのがジョーカー流

超個性的な社長の小川氏率いる千葉県のガレージジョーカー。雑貨単体だけでも店舗ができるほどの豊富な品数を備えるが、本業は当然ながらアメ車ショップだ。展示車両もかなり特徴的で、90年代のモデルがメインとなる。理由はアメ車らしさが残るデザインと、整備次第で快適に乗れるから。

ちなみに、小川氏は50年代のビンテージモデルも大好物で、度々超貴重モデルを我慢できずに仕入れることもあるので、そのモデルも狙い目だ。もう一つ展示車両の特徴が、大掛かりなカスタムはせず、オールニューの純正パーツを使い、オリジナルの良さを最大限生かしていること。紹介する92年型ビュイック・ロードマスターワゴンもその代表例だ。

カスタム車両? と疑問に思う読者も居るかも知れないが、ド派手な色合いや社外パーツをひたすら装着するのがカスタムではない。

ロードマスターの一番の胆となるサイドウッドパネルをブラックウッドのカッティングシートで張り替えという、ありそうで無かった変更で印象を大きく変えつつ、15インチのラリーホイールとヴォーグタイヤの組み合わせという、90年代のアメ車通にはたまらない仕様となっている。

そして、グリル・エンブレム・ヘッドライトは純正新品パーツをアメリカ中から探し出し装着するなど、ジョーカーらしさがここにも表れている。

_MG_9213

ブラックボディもニューペイントされる。板金・塗装も自社で行なうためキズ一つ無いボディ。92年型でこの仕上がりは奇跡といえる。さらにガラスコーティングまで施工予定。エンジンは5.7?V8のTBIを搭載。メンテナンス性も高く信頼あるエンジンとして、後期モデルのLT1よりも人気が高い。1ナンバーに構造変更されている。

_MG_9164

ブラックウッドのカッティングシートは1枚のロールタイプを使い、木目調もキレイに合わせるなど、細かい部分にもこだわりを見せる。

_MG_9154

新品の15インチラリーホイールとヴォーグタイヤの組み合わせは、オールドスタイルが好きな人なら憧れのセットだ。センターキャップは60年代のカマロにも使用されるダービーキャップ。

_MG_9141 _MG_9147

20年以上も前のモデルとなれば、メッキグリルやエンブレムは劣化も進むもの。こうして新品を装着するだけで印象は大きく変わる。ヘッドライトもHID装着の新品となる。アメリカと強いパイプを持つガレージジョーカーだからできる、新品純正パーツ交換だ。

_MG_9235 _MG_9250 _MG_9196 _MG_9199

インテリアは純正をそのまま残すが、フロアカーペットは新品に張り替える予定。ロードマスターの利点といえば、2ウェイの切り替えができるリアゲート。積載する荷物によって使い分けられるのは非常に便利だ。


取材協力◆ガレージジョーカー
TEL:0479-26-3949
http://www.garage-joker.com


撮影&原稿◆相馬一丈
アメ車マガジン 2016年3月号掲載


関連記事

RELATED


「ヒックリ返したバスタブ」などといわれる曲線基調のフォルムのビュイック・ロードマスター

1993 BUICK ROADMASTER ESTATE WAGON

イチから仕上げて蘇った超レアなマリブワゴン 1964y マリブワゴン【オレンジカウンティ】

1964y Malibu Wagon

MSTオートモーティブがマグナムをメイク。そのテーマは「リーズナブルだけどバッチリメイク」

装着したサヴィーニホイールのカラーに合わせて、ブルーをベースに使ったピンストライプがボディ全体に施されている。ボディ全体のカラーを変更しなくてもアクセント効果は絶大。

ゆったりと景色を眺め馴染みながら走らせる大人のワゴン【1962 インパラ ワゴン】

ホワイトウォールに5スポークのクレーガーを組み合わせたボトムスとクリーンなホワイトボディ。そして塗装を加えたルーフのコントラストが美しい62年型のインパラワゴン。ビレットやワイヤーホイールを履いて魅せるショーカー的なインパラとは一線を画し、古き良き時代のアメリカを色濃く感じさせる佇まいは大人の嗜みとして最良の選択。

フェイスチェンジで日本に設定がない左ハンドル300Cツーリングに

マグナムをベースにチャージャー、チャレンジャーのフェイスを移植し話題のガレージジョーカー。現在は300Cフェイスを移植し、設定にはない左ハンドルの300Cツーリングを増産中だ。

 

最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】