ESV の利点を最大限に生かし リムジン化計画に突入! 2004y CADILLAC ESCALADE ESV【JET CITY】

SUV

キャデラック

ジェットシティ

広島県

エスカレード

エスカレードESV

レクサーニ

人情に熱く、様々なイベントを企画しユーザーと遊びを通して友好を深める広島県広島市のジェットシティ。広島近郊の、とくに若い世代からは絶大な支持を集めるショップだ。そのジェットシティが完成させたカスタムモデルが、04年型エスカレードESV


 02年型からの2代目エスカレードに新たに加わった、ロングホイールベースモデル・ESV。約50cmも全長が拡大された広大なインテリアの利点を生かし、広島のジェットシティが04年型エスカレードESVを大改造。リアは超豪華なリムジンスペースへと生まれ変わるなど、見応え十分な仕様となった!_DSC6945

人情に熱く、様々なイベントを企画しユーザーと遊びを通して友好を深める広島県広島市のジェットシティ。広島近郊の、とくに若い世代からは絶大な支持を集めるショップだ。そのジェットシティが完成させたカスタムモデルが、04年型エスカレードESV。

ESVといえば、全長がベースモデルよりも約50cm長く、ラゲッジやリアのレッグスペースが拡張されている特別なグレード。その広くなったインテリアを最大限に生かすカスタムとして、リムジン化させたのだ。

ブラック&レッドのカラーを基調としてインテリアを総張り替えし、サイドにモニターを加えルーフに間接照明まで設置。もちろんリムジンには欠かせないグラスバーも備わる。純正部分が残るパネル類も、今後ペイントや張り替えで変更される予定だという。

インテリアがここまでド派手に生まれ変わったということで、外装もド派手に…というベタなカスタムはせず、純正ホワイトベースにピンスト&ゴールドリーフで控えめに演出。その一方でホイールは、レクサーニ・ADVOCATEの26インチをブラック&レッドでカスタムペイントし、リムにはジェットシティのロゴがレタリングされ大きなインパクトを与えている。

ワンオフのデュアルマフラーもかなり特徴的だ。全体にカスタムのメリハリを与え、手を加えた部分が鮮明になることを狙っている。カスタムも遊び心一杯なのが、ジェットシティ流だ。_DSC7028 _DSC7024 _DSC7007 _DSC6992 _DSC7001 _DSC7020

ブラック&レッドカラーを基調として、レザーやアルカンターラで張り替えられている。リアサイド、リアシート中央などにモニターを配置。ルーフには間接照明も設置されている。リムジン化の基本となるフロア形状の改築もジェットシティが行なうなど、細かい作業を自社で行なう技術があるのも大きなポイントだ。_DSC7058

外装はレッド&シルバーピンストにゴールドリーフの組み合わせ。社外ヘッドライト&テールレンズを装着。マフラーはクロスのデュアルマフラーをワンオフ加工で取り付けている。_DSC6981 _DSC6983

ホイールはレクサーニ・ADVOCATEの26×9.5Jをインストールし、ブラック&レッドでカスタムペイント。リムにはジェットシティのロゴレタリングが入る。


取材協力◆ JET CITY
TEL:082-820-0377
http://www.carshop-jetcity.com


撮影◆高原義卓 原稿◆相馬一丈
アメ車マガジン 2016年3月号掲載


最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。