圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラムSRT-10【8282 STYLE cars】

ピックアップトラック

ダッジ

SRT-10

ブレンボ

ダッジ

ダッジラム

brembo

葵井 えりか

8282スタイル

埼玉県

マグナフロー

筆者が初めてラムSRT-10を目にしたのはセマショーの会場だった。「何て面白いクルマなんだ!!」という思いを抱いた、その数年後には現実となり、アメ車ファンを驚愕させた。

情熱のTRUCK 今注目のHOT MODELが大集結


2005 DODGE RAM SRT-10 YELLOW FEVER

2018年はトラックに乗る!

DSC_6578

筆者が初めてラムSRT-10を目にしたのはセマショーの会場だった。「何て面白いクルマなんだ!!」という思いを抱いた、その数年後には現実となり、アメ車ファンを驚愕させた。だが、生産はわずか3年で終了してしまったため、存在は貴重である。

バイパー譲りのモンスタートラック

DSC_6408

現在は単独のブランドとして区分けされているが、ダッジのアイデンティティをしっかりと継承し、独特の存在感を醸し出すラムトラック。その中でも特筆すべきはやはりこのモデルだ。そう「ラムSRT‐10」。このクルマは、ダッジ・バイパーチームとモパー・パフォーマンスチームが手を組んで製作したハイパフォーマンストラック。

500hpを発生する8.3?のV10ユニットは、あのバイパーに搭載されているエンジンと同じモノで、本物であるかことを証明するかのごとくヘッドカバーにはVIPERのロゴをあしらう。ボディバリエーションはレギュラーキャブとクワッドキャブの2タイプが用意されているが、レギュラーキャブは6速MT、クワッドキャブは4速ATということで、操るという点ではやはりレギュラーキャブを選択したい。

さらにエクステリアは、SRT‐10専用のグランドエフェクトを纏うだけでなく、22インチホイールにブレンボ製ブレーキを装備するなど、ピックアップとは思えないほどマッスルな装い。一方インテリアは、赤いエンジンスターターボタンにサブメーター、バケットシート、ハースト製シフターが装備され、こちらもバイパー譲りの仕立てが施され、スポーツマインドを掻き立てる。

ちなみにSRT‐10は2004年から2006年モデルまでの3年間しか製造されておらず、総生産台数は1万台以下。イエローフィーバーに限ってみれば、500台限定の内、レギュラーキャブが200台、クワッドキャブが300台で、撮影車両は200台の内の1台ということになり、まさに希少な、いや貴重なモデル。それだけに数年後にはプレミア価格で取引されるかもしれない。投資として所有するのも悪くない。

DSC_6607

SRT-10だけに纏うことの許されたエアダムは、圧倒的なパワーを生み出すエンジンを冷却するためのエアスクープ(両サイドは後付け)にグランドエフェクト、リアスポイラーを装備。マフラーは純正仕様でもデュアルタイプが装着されているのだが、撮影車両はマグナフローに交換されており、図太いサウンドを響かせる。

DSC_6292 DSC_6332 DSC_6342

特筆すべき箇所はエンジンだけでなく足回りにもおよび、305/45R22の大径タイヤ&ホイールをセットするとともに、その奥にはブレンボ製ビッグキャリパーと380㎜のドリルドローターを忍ばせている。

DSC_6308 DSC_6300

ラムSRT-10の目玉というべきはこのエンジン。バイパーから移植されたユニットは、8.3Lの水冷V型10気筒。5600回転で500hp、4200回転で72.6㎏-mを出力するというケタ違いのモンスター。赤く染まったヘッドカバーとVIPERのロゴが本物である証拠だ。

DSC_6286

ピックアップトラック、しかもレギュラーキャブということでベンチタイプであるが、そこはやはりSRT-10だけにバケットシートを採用。ヘッドレストにはSRT-10のロゴが刺繍され、ホールド性もバッチリ。

DSC_6256 DSC_6257

ハースト製のシフトレバーに追加メーター(油温計)、それに赤いエンジンスターターボタン、これらはSRT-10だけに特設された装備で、インテリアはスポーツマインド溢れる作りとなっている。また、撮影車両は500台限定モデルのイエローフィーバーということで、センターパネル下部のプレートにナンバーを刻む。

DSC_6274 DSC_6276 DSC_6270 DSC_6269DSC_6487

■Model:葵井 えりか

SHOP INFO
8282 STYLE cars【8282スタイルカーズ】
●所在地/埼玉県飯能市双柳1353
●TEL/04-2970-1005
●URL/http://8282style.com


■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
アメ車マガジン 2018年 4月号掲載


関連記事

RELATED


すべてがハイパフォーマンス 走る楽しみを味わうSRTヘルキャット【プロスピード】

人気継続中のダッジ・チャレンジャーにあって、707hpを誇るSRTヘルキャットの存在は別格。2016年限定色プラムクレイジーのチャレンジャー・SRTヘルキャットに試乗!

USED CAR THE PICK UP TEST DRIVE

淑女のフリをした魔性の化け物 チャレンジャーその究極形【フェアライン】

チャレンジャーのラインナップでトップに位置し、707馬力ものハイパワーを誇るモンスターグレードがSRTヘルキャットだ。

American Cars Best20

900hpを超えた超モンスター SRTヘルキャットチューニング【HPP】

埼玉県のチューニングショップHPPがチャージャー・SRTヘルキャットのチューンに着手し、計測器を破壊するほどの馬力に引き上げた。その数値、まさかの900hpオーバー!

愛犬と一緒にキャンプに行ける頼もしい相棒ダッジラムバン YUCCA☆アメマガガール

幅広い世代から人気のフルサイズバン。しかしオーナーの大半は男性であることが多かったりするのだが、このラムバンのオーナーは女性。日常での移動はもちろん、愛犬とともにキャンプに出かけるなどアクティブにラムバンを活用中!

限定モパー11をベースに刺激的な”足”を作り上げる ダッジチャージャー【オールインポート】

限定1000台のハイパフォーマンスモデルであるチャージャー・モパー11。そんなレアモデルをさらに刺激的に見せるため、車高調に加えキャンバーを追加。

 

最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。