充実装備の新車ラムトラックがライオンハートに3色到着!【ライオンハート】

ピックアップトラック

ラム

ラム1500

ラム

ロングホーン

RAM

ララミー・ロングホーン

ライオンハート

LARAMIE LONGHORN

LION HEART

愛知県

RAM1500

ララミー

幅広いアメ車を扱う愛知県一宮市のショップ「ライオンハート」。同店に新車のラムが到着している。しかもララミー・ロングホーンという注目モデル。

もっとアメ車で遊べ!
情熱のTRUCK 今注目のHOT MODELが大集結 2018年はトラックに乗る!


2017 RAM1500 LARAMIE LONGHORN

トラックの代表格ラムの最新上級モデル

_HMP3325

トラックが多く使われているアメリカ本国でも根強い人気を誇り、日本のトラックファンからも熱い視線を注がれているラム。シボレーやフォードとはまた違った魅力を持ち、どちらかというと無骨な方向性で極まった存在感は、やはりトラック好きの感性を刺激するのだろう。今回、愛知県一宮市の「ライオンハート」に到着した3台は、いずれも「ララミー・ロングホーン」である。

上級のグレードであるのと同時に、独特なインテリアデザインは秀逸であり、独自のテイストを存分に発揮している。エクステリアを見ればド迫力の無骨系トラック。しかしインテリアは上品なアメリカンテイスト。「気は優しくて力持ち」とか「ワイルドそうに見えて紳士」とか。何というか、オトコの憧れを体現したようなパッケージである。

ラム・ララミー・ロングホーン妥協しないオトコのトラック

_HMP3372

「欲しい」を選ぶライオンハートの着眼

今回、ブラック、ホワイト、レッドのラム3色がライオンハートに到着したのだが、仕様やオプションはいずれも同じだという。ここで注目したいのは「ララミー・ロングホーン」というナイスなグレード選択のみならず、数々のオプション選択である。新車の直輸入は、オーダーで仕入れた場合を除いて、ショップが先行して「客が喜んでくれそうなオプション」を選ぶ。

つまり、ショップのセンスが大いに発揮されるポイントでもある。今回の3台でライオンハートが選んだ追加オプションは、サンルーフ、コンビニエンスグループ(オートのハイビーム、レインセンサー、キーレス)など、多くが「あってほしい」と願うもの。そして4輪エアサスもだ。

_HMP3318

このエアサスは、路面や走行の状況に応じて自動で車高が5段階にセッティングされる他、センターコンソールのスイッチで任意に上げ下げができる。すなわち、走破性を高く維持するだけでなく、後々のカスタムでも大いに生きてくる装備である。後付でカスタムとして社外品を付けることもできるだろうが、メーカーオプションで用意されているのなら、できるだけ選びたい、興味深いオプションでもある。

_HMP3333

ララミー・ロングホーンという魅力的なモデルにオプションも充実した3台。早い者勝ちであることは言うまでもない。ラムに設定されている「ララミー・ビッグホーン」。サイドとリアにバッジが貼られるなど数々の特別装備がパッケージされている。価格順で見るとLIMITEDに次いで上から2番目にあたる。

オプションのエアサスを搭載しているのも注目だ。 このモデルに標準設定されるエンジンは5.7LのV8 HEMIエンジン。燃費を向上させるためのMDSおよびVVTが仕込まれている。8速ATが組み合わさる。

_HMP3382

オートのハイビームコントロールが標準装備。ヘッドライトとフォグはバイ・ファンクション・ハロゲン・プロジェクター。新型ラムのグリルはクロームで「RAM」の文字が置かれ、迫力を演出する。

_HMP3392 _HMP3384

ララミー・ロングホーンは20インチホイールが含まれ、タイヤはP275/60R20。ステップが備わっており、Aピラー内側のハンドルを掴んで乗れる。ベッドにはLEDの照明が備わる。

_HMP3350 _HMP3374 _HMP3379

ロングホーンならではのデザイン性の高いレザーシート。フロントシートの背面にあるバックル付きポケットなど芸が細かい。スマホと接続できるUコネクトを搭載。モニターサイズは8.4インチだ。

_HMP3370 _HMP3355 _HMP3362 _HMP3366 _HMP3360

取材当日ライオンハートの店頭には、新車のラム・ララミー・ロングホーンがブラック、ホワイト、レッドの3色が展示されていた。いずれも新車だ。


SHOP INFO LION HEART【ライオンハート】

_HMP3305

●所在地/愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1
●TEL/0586-67-1711
●URL/http://www.lionheart2005.com


写真&文/加藤山往(ハチメガプロダクション)
アメ車マガジン 2108年 4月号掲載


最新記事


2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。