1/18ダイキャスト シボレーカマロがやっぱり熱い!【イジリーズ・ルーム】

ホビー・雑貨

YENKO

アメホビ

アメカル

イェンコ

ダイキャスト

イジリーズ・ルーム

マリブホビーズ

ミニチュア

YENKOシボレーのミニカーを紹介!


アメカル・アメホビを遊びたおす おとなのための情報局!!

ホットなアメリカンホビーネタを紹介する「イジリーズ・ルーム」。今回は、リリースされたばかりの1/18のカマロ、そしてYENKOシボレーのミニカーを紹介するぞ。やっぱダイキャストミニカーはステキです!

YENKOカマロの登場で益々注目されるYENKOシボレー!!

_B0V2710

アメ車ミニカーだからこその刺激的なモデルたち!

2017年はあまり注目すべき1/18ビッグスケールダイキャストモデルのリリースが少ない…とお伝えしたが、その直後となる2017年12月に、2台の注目すべきモデルがリリースされた。 一つは、グリーンライト製1981年型YENKO(イェンコ)ターボZ。

セカンドカマロの最終型をイェンコがチューンしたもので、実車は19台のみ製作されたスペシャルモデルだ。 そしてもう一つは、サンスター製1985年型カマロIROC‐Z。

これはサードカマロのハイパフォーマンスモデルで、人気車なのにこれまでに1/18ビッグスケールで商品化されていなかったため、アメ車ミニカーコレクターにとっては待望のリリースとなった。どちらもデキの良いダイキャストミニチュアなので是非ゲットしていただきたい。

YENKOってナンダ?

60年代初頭にマッスルカーが登場した当時は、その魅力も人気もドラッグレースにおけるストックボディにおける最高峰であるスーパーストックやプロストックでの戦果が左右していた。それほど車に対してのニーズが一般的にもパワーやポテンシャルの高さが重要視されていた。

そのため、フルサイズ車級の大排気量のビッグブロック・エンジンをモディファイして中型車に搭載するというスタイルが確立され、MoparやFoMoCoはそうしたビッグブロック車を次々にラインナップさせたうえ、ワークス体制を組み、積極的にレースに参戦した。レースでの活躍は、人気モデルとなるための条件の1つとなっていたほど。

そんな中でGM社内では、販売車両においてコルベットを除くモデルの搭載エンジンは最大400ci以下とする規約を定めていた。それに対し、レーサーであり長年シボレーのパフォーマンスディーラー(ペンシルバニア)を営んでいたドン・イェンコはスーパーストックへの参戦条件を満たす、ビッグブロック搭載車のリリースへの働きかけをするなど手を尽くした。

そもそもシェビー愛の強いイェンコは、SCTAのレースにおいてコルベットのグランドスポーツが宿敵であるシェルビー・コブラに倒されたことに失望し、それを機にコンパクトカーのコルベアで同レースに参戦することを働きかけつつ、コルベアをモディファイしたアップグレード仕様の“Yenko Stinger”をプロデュースすることに成功。

それを突破口に、初代カマロにコルベット用のL-72(427ci)エンジンをが搭載する“Yenko Camaro”をプロデュース。LSD&ローギアのファイナルレシオ、マンシー製マニュアルトランス、ファイバーグラス製フードなどで武装し、戦闘力こそ高かったが、この時点では、それはあくまでもディーラーであるYenco独自のパッケージであり、純粋なGMファクトリープロダクトとはいえず、スーパーストックのレギュレーションでは認められなかった。

それでも同等のYencoパッケージをプロデュースし、同じ考えを持つパフォーマンスディーラー達も巻き込んで、GMへの働きかけをより精力的に行なった。結果としてYenkoを筆頭とするパフォーマンスディラー限定ながら、400ci以上のビッグブロックを搭載する特別仕様車を工場出荷するシステムCOPO(Central OfficeProduction Order)を構築させたのだった。

コルベット専用となっていたL-72エンジンをカマロに搭載し、ミッションはマンシー製の4速マニュアルまたはTH400 が組み合わされ、最大サイズの12ボルト・リアエンドにはLSD&4.10のローギヤをセット。強化型スタビライザーや4層式アルミ製ラジエターなどで戦闘力を高めた特別仕様車が、COPOカーとして晴れて工場出荷された。

これによってドラッグレースにおけるスーパーストックへの参戦条件が整い、Yenkoの他、Fred Gibb、Byrne Brosなど、他のパフォーマンスディーラーによるCOPOカーも含めてワークス体制ではないものの他社同様にスーパーストックの土俵で大暴れした。

工場出荷車両といえども、基本的にレース参戦を目的としたハイスペックな仕様ということで、いずれも生産台数は数十台程度と希少なうえ、レースでの戦果などのヒストリーも影響し、その値打はスーパーカーをも凌ぐバリューとなっている。

工場出荷車両でありながらも、カタログには載らない特別なモデルなうえ、そもそもの発案がドン・イエンコによるプログラムであり、レースにおいてもワークス体制を取っていなかったこともあり、当時のGM内では最強のモデルでありながらも、露出が少なくミステリアスな存在ではある。

71年から72年にはコルベアと同等のアプローチによるベガ“Stinger”、そして81年にカマロをターボ化した“Turbo Z”を最後に影を潜めるも、Yenkoは商標登録されており、近年のマッスルカー人気の中、2010年型カマロベースのプロトタイプYENKOカマロも誕生している。

New Release!! YENKO TURBO Zがついに登場!!

_B0V2518 _B0V2522

1981 Chevy Camaro YENKO Turbo Z

2017年12月にリリースされたグリーンライト製1981年型YENKO TURBO Zカマロ。グリーンライトはこれまでにも数多くのセカンドカマロのバリエーションをリリースしていたが、今回のYENKOカマロは満を持しての登場となる。ハイディテールで豊富なギミックが魅力だ。レッドのほかにホワイトもあり。

1/18 GREENLiGHT
http://www.greenlightcollectibles.com/

_B0V2669 _B0V2622_B0V2560_B0V2647_B0V2651_B0V2420

ほかにもチェックしておきたいYENKO CHEVYたち

1967 YENKO SS 427 Camaro

_B0V2534

すでにブランド展開は行なっていないレーン社のエグザクトディテールシリーズから10年前にリリースされた67年型YENKOカマロ。文句なしのハイディテールなモデルだ。
1/18 LANE Exact Details
http://www.exactdetail.com/

_B0V2633 _B0V2537 _B0V2553 _B0V2428

1968 YENKO RS/SS 427 Camaro

_B0V2541

上の67年型と同じくレーンが10年前にリリースした68年型YENKOカマロ。こちらはコンシールドヘッドランプ仕様。美しいボディラインを1/18に凝縮した傑作モデル。
1/18 LANE Exact Details
http://www.exactdetail.com/

_B0V2637 _B0V2545 _B0V2550 _B0V2431

1969 YENKO Camaro

_B0V2506

映画ワイルドスピードに登場することで有名になった69カマロYENKO仕様。こちらはハイウェイ61ブランドから2008年にリリースされたハイディテールモデル。
1/18 HIGHWAY 61
http://www.highway61collectibles.com

_B0V2613 _B0V2509 _B0V2567 _B0V2411

1972 YENKO VEGA STINGER

_B0V2499

2005年にアーテルがリリースした72 年型YENKOベガ・スティンガー。かなりマニアックなモデルだが見つけたら即ゲットすべき激レアミニカーだ。
1/18 ERTL
http://ertl.com/

_B0V2610 _B0V2503 _B0V2586 _B0V2408

1969 YENKO NOVA 427

_B0V2487

2008年にアーテルがリリースした69年型YENKOノバ。15年以上前に発売されたもので、特にこのグリーンはレアなのだ。
1/18 ERTL
http://ertl.com/

_B0V2607 _B0V2491 _B0V2572 _B0V2402

1969 YENKO Chevelle
_B0V2512

誰が何と言おうと文句なしにカッコイイ69シェベルだが、そのYENKO仕様となると神ってるレベル。2003年にアーテルがリリースしたモデルだ。
1/18 ERTL
http://ertl.com/

_B0V2618 _B0V2515 _B0V2564 _B0V2415
 

1970 YENKO DEUCE NOVA LT1 350

_B0V2474

gmp社も実はYENKOをリリースしていた。この70年型ノバには、スモールブロックエンジン最強と言われるLT1を搭載したモデルだ。
1/18 gmp
https://www.acmediecast.com/

_B0V2594 _B0V2477 _B0V2583 _B0V2393
※今回紹介しているミニカーは輸入品となります。プライスも含め入手できるかどうかは「マリブホビーズ」に問い合わせてみよう。どんなレアモノでも世界中から探し出してくれるのでノープロブレムだ。


◆マリブホビーズ
tel:0480-85-7306
http://www.malibuhobbys.com/


あの「IROC-Z」が満を持して登場!!

_B0V2687

実車も人気沸騰中のサードカマロミニカーにもカマロブームが到来!
_B0V2675

1985 Chevrolet Camaro IROC-Z

サードカマロって人気があるわりに、1/18ビッグスケールでモデル化されているものはサンスター製のZ28のみだった。そのサンスターがようやくハイパフォーマンスグレードのIROC-Zを2017年12月にリリース。このレッドのほかに、ホワイトとダークブルーもラインナップ。かなりカッコイイ傑作モデルだ!
1/18 Sun Star
http://www.sunstarmodelcars.com

_B0V2526 _B0V2629 _B0V2531 _B0V2556 _B0V2654 _B0V2643 _B0V2425

1982 Chevrolet Camaro Z/28

IROC-Zがリリースする前は、サードカマロはこちらの82年型Z28のみが商品化されていた。リーズナブルプライスながら完成度の高いダイキャストだ。
1/18 Sun Star
http://www.sunstarmodelcars.com _B0V2480 _B0V2602 _B0V2484 _B0V2576 _B0V2396
※今回紹介しているミニカーは輸入品となります。プライスも含め入手できるかどうかは「マリブホビーズ」に問い合わせてみよう。どんなレアモノでも世界中から探し出してくれるのでノープロブレムだ。


◆マリブホビーズ
tel:0480-85-7306 
http://www.malibuhobbys.com/


Photo ◆ Takeo Asai
2018年 アメ車マガジン 3月号掲載

最新記事


2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2024/04/11

圧倒的な整備力が多くの整備難民を救う【ハロウィン】

メンテナンス

ショップ

埼玉県春日部市にあるハロウィンは全メーカー対応の専用テスターを完備し、ディーラーと同等の整備を行なうショップとして知る人ぞ知るアメ車ショップ。信頼ある整備を行なうショップを探しているならば、是が非でも訪れたいショップだ

2024/04/10

カスタム済みの中古車なら購入時からスタイリッシュ!【トップスピード】

SUV

ジープ

最近、JEEPが気になる人が増加中!でも、今からディーラーに新車を買いに行っても数年待ちは当たり前。「今すぐ乗りたいし、カスタムしたい!」という人に、TOPSPEEDのラングラーをお勧めしよう!

ランキング


2024/04/12

こう見えても家族の送迎車、子供のために内装をアレンジ【キャデラック エスカレード】

SUV

キャデラック

これまで乗った愛車はみんなカスタムし、しかもどれも2年で手放すことが殆どだったと語るのりさん。エスカレードはラグジュアリーなスタイルが似合うけど、ほかとは違う方向性で個性を主張する。

2021/06/11

史上初の200mph超えを果たした伝説の「快鳥」【プリマス・スーパーバード】

クーペ

ビンテージ

プリマス

1970 PLYMOUTH SUPERBIRD

2022/04/05

コマーシャルビークルの代表格『GMCグラマンP20』

バン

1995 GMC GRUMMAN P20

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】