JKラングラーを本国アメリカで人気のカスタマイズ仕様に仕上げる【BALANCE AUTO PARTS WAREHOUSE】

SUV

ジープ

ラングラーアンリミテッド

JKラングラー

ここで紹介するJKラングラーデモカーは、従来よりもシンプルなルックスが特徴。全体をブラックに統一することで高級感を醸し出す。

The Awesome Jeeps!!
イマドキのジープの素顔


スタイリッシュな新作バンパーに注目!!

JKラングラーを本国アメリカで人気のカスタマイズ仕様に仕上げることで注目されているAX。ここで紹介するデモカーは、従来よりもシンプルなルックスが特徴。とりわけフロントバンパーにはAXオリジナルのバンパーを装着。同じくオリジナルの4本出しマフラーも迫力あるテールエンドを演出する。

全体をブラックに統一することで高級感を醸し出す

ジープという名前を聞いただけで真っ先に思い浮かぶのは〝オフロード〟だと思う。それだけ強固なイメージがジープには定着してしまっている。だがここ最近はというと、ロングモデルのアンリミテッドが登場したことによって、ファミリーユースでもラングラーを選択肢の一つとして考慮するようになった。
そんなアンリミテッドユーザーの中には本格的なオフロード走行を求めてはいない、ルックス重視のユーザーも少なくない。

そこで、そういったライトユーザーに向けたカスタマイズとしてAXが提案するのが、この「AXブラックエディション」である。コンセプトは街中に合うストリートスタイルということで、エクステリアはすべてブラックパーツで統一して闇を。さらにライト類はすべてLEDとすることで光を演出。

中でも注目したいのが、新作となるAXスタイルフロントバンパーだ。

両端を切り上げた直線的なデザインとしながら、開口部にはリベットをあしらってワイルドさを演出。さらにLEDフォグ&スポットライトを埋め込むことで個性を演出しているのがポイント。

そして足回りはスペーサーによる2インチアップ程度にとどめ、街乗りでの快適性をキープ。この仕様は新車コンプリートとして販売中。約100万円のアフターパーツを追加しても、ディーラーで購入するより30万円以上お得なプライスは考慮する価値あり。ノーマルでは物足りないという人は必見といえるだろう。

AXスタイルフロントバンパーは直線的なデザインでシャープに仕上げたフォルムが特徴。開口部にはリベットをあしらうことでワイルドなイメージを演出。別売りのLEDスポットライトを埋め込むことで、個性的な姿になる。

ボディ全体をブラックで統一していることに呼応するように、ヘッドライトやテールランプ、ウインカーといったライト類をすべて LEDライトに交換。LED独特の青白い光を放つ姿は夕暮れからナイトシーンにかけて、実に美しい雰囲気に。統一感のあるスタイルは細かな部分のカスタマイズから作り出されるのだ。

SUVやピックアップトラックでも装着率の高い KMC・XD811 ロックスター2を選択。極太なスポークデザインに合わせ、ジオランダー M/T +(285/70R17)を履く。フェンダーには ROSTRA LED フェンダーライトと RECON LED サイドマーカー(スモーク)をインストール。

主に街乗りでの使用を想定しているので、コイルスペーサーを差し込んだ 2 インチアップでまとめた足回り。純正のコイル&ショックの流用でショックマウントには 2 インチアップにともなってブラケットを取り付けた。

AX オリジナルの 4 本出しマフラーは高回転まで伸びる軽快な吹け上がりもが特徴。他製品よりもワイドに設計したという砲弾型のテールはラングラーの車格ともマッチしていて、存在感を引き立ててくれる。出し幅の調整も可能。


■取材協力:BALANCE AUTO PARTS WAREHOUSE
http://www.balance-ap.com


■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


最新記事


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

ランキング


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。