本格的な走破性に快適性を備えた、アンリミテッドをよりワイルドに【ライオンハート】

SUV

ジープ

ラングラーアンリミテッド

ラングラー

BFG KM2

愛知県

JEEP

ラギッドリッジ

カリフォルニアマッドスター

Jeepといつまでも

ライオンハート

アメマガ2018年7月号

JKラングラー

FUEL

LION HEART

アメ車やUSトヨタの中で、特にSUVを積極的に手がけるライオンハート。近頃のJEEP人気の高まりを受け、ノーマルだけでなく、オフロード色を強調したカスタマイズも実施中だ。


本格派オフローダー「ジープ」でトコトン遊べ!!

JEEPといつまでも 2017 Jeep Wrangler Unlimited

アメ車やUSトヨタの中で、特にSUVを積極的に手がけるライオンハート。近頃のJEEP人気の高まりを受け、ノーマルだけでなく、オフロード色を強調したカスタマイズも実施中だ。

豊富なパーツが揃う、今がJKカスタムの旬

_N6I0813

JKラングラーが登場し10年が過ぎたが、ここに来てJKを求める人が増加中。特にカスタムしたい人が多いそうだが、お店がスタイルを押し付けるのではなく、ユーザーの好みに合わせ、ライオンハートでは最適な仕様を提案してくれる。ここで紹介する2台のJKは、カスタムのベクトルは同じでも、求めるものが異なるため、リフトアップ量やタイヤ&ホイールのサイズが異なるのが特徴だ。

_N6I0887

まずは右の車両を解説しよう。サスペンションはラフカントリーのキットを使用し、4インチのリフトアップを実施。JKがデビューした頃は一般的ではなかったが、最近ではより大きなタイヤを履く傾向が強まり、最近ではカスタムしたJKの標準タイヤは37インチ! と言われるほど。これにカリフォルニアマッドスターのフラットフェンダーを組み合わせ、ノーマルよりも高さ・幅共にふた回りほど大きく見せる。

左のデモカーは、同じくラフカントリーのキットで3.25インチのリフトアップを実施。ノーマルよりも1サイズ大きな35インチタイヤを装着し、スタイルだけでなく快適な街乗り性能も追求。2台に共通して言えるのは、スペーサーなどで「ただ車高をあげる」のではなく、乗り心地やクルマとしての機能も追求。長年に渡り様々なSUVのカスタムを扱って来たライオンハートだからこそ、たどり着いたスタイルだ。 

_N6I0873

フロントバンパーはスミッティビルトのXRCを装着。樹脂製のスキッドパネルが追加されており、オフロード走行時の引っ掛かりを極力抑制する。Aピラー部分には最近の定番というべきBIGIDのLEDライトバーを装着。ヘッドライトやフォグもLEDに交換し、クラシカルな印象を払拭。

_N6I0857

カリフォルニアマッドスターのフェンダーでクリアランスを拡大したことで、37インチのMTタイヤを余裕で装着可能。これにFUELの20インチを組み合わせ、圧巻のスタイルを実現する。

_N6I0828

右の車両と比べると少々大人しく見えるが、それでも35インチのBFG KM2を装着。ラギッドリッジの17インチホイールを組み合わせ、モトレージ製オーバーフェンダーも追加。

_N6I0746

リヤナンバーをボディ左サイドに移設することでオフロードで引っ掛ける事も防ぐし、何よりメーカーが本来デザインした場所にあるほうが、しっくりくる。フューエルリッドカバーの装着や、リヤコンビの金属製のガードなどで、さりげなく、でも個性的で野生的なラングラーを演出する。

_N6I0711

_N6I0701

_N6I0706

_N6I0757


Thanks:LION HEART【ライオンハート】
TEL.0586-67-1711 
http://www.lionheart2005.com


■Photo:浅井岳男 ■Text:空野稜
アメ車マガジン 2018年7月号掲載


最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]