レネゲードを愛するオーナーたちが初交流したキャンプミーティング【RENE CAMP】

イベントレポート

ジープ

ジープ・レネゲード・オンリーキャンプ

ミーティング

RENE CAMP

静岡県

レネキャン

トレイルホーク

デザートホーク

ジープBUレネゲードオーナーズクラブジャパン

ふもとっぱらキャンプ場

JEEP

レネゲード

フェイスブックグループ「ジープBUレネゲードオーナーズクラブジャパン ~BUOC~」のメンバーたちが、初となるミーティングを開催。


DSC_4141

SNSでの交流から始まり初のミーティングはキャンプ

Jeep Renegade only RENE CAMP
ジープ・レネゲード・オンリーキャンプ「レネキャン」
2017年11月18日(土)~19日(日)
静岡県ふもとっぱらキャンプ場

フェイスブックグループ「ジープBUレネゲードオーナーズクラブジャパン ~BUOC~」のメンバーたちが、初となるミーティングを開催。しかもキャンプということで、アドベンチャーが似合うジープらしいシチュエーションでの交流となった。

DSC_4104

レネゲードがジープのラインナップに加わり日本に上陸を果たしたのが2015年ということで、市場に投入されてからまだまだ日の浅いレネゲードだが、SNSにはオーナーたちの投稿が数多く見受けられる。そんな中でフェイスブックにレネゲードオーナーのグループ「ジープBUレネゲードオーナーズクラブジャパン ~BUOC~」が昨年の3月に立ち上がり、オーナーたちの情報交換の場として盛り上がりをみせている。

DSC_4131

そのグループの管理者である森谷さんは、年間で数十回のキャンプ泊をこなすという、大のキャンプ好きということもあって、グループメンバーでのキャンプミーティングを企画し、2017年11月18日~19日に静岡県のふもとっぱらキャンプ場にてグループ初となるミーティングを開催したのである。

DSC_4181

初日は朝から雨がパラついていたものの、キャンプ場には彼ら以外にも数多くのキャンプ客がおり、今はまさにキャンプブームであることを実感した次第。それはさておき、編集部としては同じジープでもラングラーオーナーと接する機会は多いが、レネゲードオーナーたちの生の声を聞くのは今回が初めてとあってとても楽しみ。

DSC_4205

ミーティングに参加した台数は11台(日帰りも合わせて)ではあったものの、普段街中で同じレネゲードとすれ違うことはあっても直接話をすることはなかっただけに、参加者たちはメンバーたちのレネゲードに興味津々といった感じ。初日に天候が回復することはなかったけれど、翌朝目が覚めると一転して超快晴。

DSC_4158

前日は霧がかってハッキリと見えることのなかった富士山も、翌日は頂上までクッキリと望める最高のキャンプデイ。まさにインスタ映えする絶好のロケーション。レネゲードと共に非日常を満喫した二日間だった。

DSC_4165

ちなみに参加車両の内訳だが、キャンプミーティングということもあって4WDのトレイルホークがもっとも多く、続いて限定モデルのデザートホーク、リミテッドという順番だったのだが、彼らに聞いてみると「やっぱりジープといったら四駆というイメージ」という理由からだった。

 

そしてボディカラーはアンヴィルが一番多く、これに関しては「赤や黄色だと目立ち過ぎて恥ずかしいけれど、アンヴィルはジープのイメージに近い感じがして選んだ」という意見だった。

DSC_4159

キャンプ場に到着するやいなや、早速テントの設営を始めた参加者たち。キャンプを日常的に楽しんでいる人たちが多かったため、設営も手慣れている。準備がある程度整ったところで参加者たちの交流が始まり、他の人がどういった風に乗っているのかなど、普段なかなか聞けないことを話し合っていた。

DSC_4111

TRAILHAWK 石渡章浩さん TRAILHAWK 西原政道さん LIMITED 尾崎憲治さん TRAILHAWK 福田厚司さん TRAILHAWK 境慎二郎さん TRAILHAWK 伊藤元気さん TRAILHAWK ポピさん TRAILHAWK 黒澤隆行さん DESERTHAWK みやぎさん DESERTHAWK 森谷弘さん TRAILHAWK Fat Boyさん


■Text & Photos|アメ車MAGAZINE
2018年 アメ車マガジン 3月号掲載


最新記事


2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2024/06/13

誰もがワイルドな気分になれるオリーブドラブにオールペン【シボレーC1500】

ピックアップトラック

シボレー

近頃ミリタリーテイスト溢れるボディカラーでオールペンするガレージジョーカーが、アメ車マガジン2023年3月号で紹介したサンドベージュのS10ブレイザーに続き、オリーブドラブでオールペンしたC1500を作り上げた。

2024/06/12

究極のスタイルを実現できるそれがマルチピースの魅力!【ワークエモーションZR10 2P】

クーペ

シボレー

ホイール

オーバーフェンダーを追加したワイルドなスタイルに憧れるけれど、タイヤ&ホイールサイズがネック。またアメ車の場合はPCDも特殊だが、そんな悩みをすべて解決できるのがWORKの魅力。

ランキング


2022/07/05

モパーが並ぶショップでマスタングは狙い目

クーペ

フォード

2013 FORD MUSTANG GT PERFORMANCE PKG

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/06/02

モデル史上最大のボディサイズとなるフォードサンダーバード

クーペ

ビンテージ

フォード

1974 FORD THUNDEBIRD