パワースポット富士山のふもとでの~んびりアメリカンな休日を満喫!アメ車・逆輸入車勢揃い

イベントレポート

スペース横浜

バーベキュー

大野路ファミリーキャンプ場

ツーリング

タンドラ

アメ車イベント

2017年9月10日(日)に開催された「スペ2☆フェス2017 in 富士山」。アメ車・逆輸入車がずらりと勢揃いし、盛りだくさんのイベントに大人も子どもも盛り上がった!


スペースツーリング&ファン感謝祭イベント

2017年9月10日(日)に開催された「スペ2☆フェス2017 in 富士山」。アメ車・逆輸入車がずらりと勢揃いし、盛りだくさんのイベントに大人も子どもも盛り上がった!

スペ2 ☆フェス 2017 in 富士山

スペースのスペシャルなファンフェスティバル「スぺ2☆フェス2017 in 富士山」が、2017年9月10日(日)に2年振りに開催。集合場所からメイン会場となった大野路ファミリーキャンプ場まで、アメ車・逆輸入車がツーリングし、メイン会場の緑の芝生広場に整然と並んだ。

当日は心配されていた天候にも恵まれて、暑いほどの日差しが降り注ぐ芝生の緑に並んだアメ車がキレイに映え、実にカッコ良く壮観だった。キャンプに来ていた人たちからも注目を浴びるほどで、参加した皆さんが、愛車の撮影に熱が入っていたのも当然だろう。

 

メイン会場では、カーコンテストが開催され、参加者たちは熱心にクルマを見て回り投票。また、本部テント脇では、水ヨーヨー釣り、スーパーボールすくいなど、ミニ縁日も開催され、子どもたちも大喜び。広々した会場で、子ども連れのファミリーも、楽しく過ごせるのも魅力の一つだ。

ランチタイムには、屋根付きのバーベキュー会場へ移動し、富士山の溶岩プレートを使ったバーベキュー。そしてランチの後は、お楽しみのキッズじゃんけん、ビンゴ大会などが開催された。魅力的なアメリカングッズなど、豪華な賞品が用意されたゲームイベントに子どもも大人も盛り上がった。

 

そして締めくくりのカーコンテスト受賞者の発表や、今回初のセカンドチャンスのビックリ賞に皆さんエキサイト。最後のお見送りまで、おもてなしの心を感じさせた「スぺ2☆フェス」だった。

カーコンテストでは票が割れ、僅差の戦いの中、優勝したのはブラックグリル、バンパーガード、オーバーフェンダーなどで、スパルタンでクールな印象に仕上げたタンドラ。


開催日/2017年9月10(日)
開催場所/大野路ファミリーキャンプ場


主催/スペース
TEL:045-530-0139


写真・文/緒方昌子
アメ車マガジン 2017年12月号掲載


関連記事

RELATED


2017年に発足10年目を迎えた「H2AJ」の全国ミーティング at 清水マリンパーク

ウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイングデイを開催。

GM正規ディーラー「シボレー名岐」の母体であり、フォードのグローバルサブディーラーでもある愛知県のウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイングデイを2017年も開催。

天気良好! 視界良好!! 気分も良好!!! オーナーならマストなシボレーC/Kの宴【C/Kキャンプ Vol.3 in 柏崎】

2017年で3回目となるC/Kシリーズのみによるキャンプミーティング「C/K CAMP」。2017年もこの日を待ちわびていたC/K乗りが新潟県・西山自然体験施設ゆうぎに大挙押し寄せた。さあ、宴の始まりだ!!

アストロ&サファリで繋がる楽しい仲間たち シェビーストリーム全国ミーティング

2017年で結成21周年を迎えたシボレー・アストロ/ GMC・サファリのオーナーズクラブ「シェビーストリーム」の全国ミーティングが開催された。当日は台風で中止と思われたが、晴れ間の見える絶好のミーティング日和となった。

クラブ・ピットインアクツ オーナーズミーティング

アットホームなツーリングを定期的に開催する、埼玉県のピットインアクツのカークラブ「クラブ・ピットインアクツ」。年末恒例の1泊2日忘年会ツーリングが、11月25~26日に開催された。

 

最新記事


2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

ランキング


2024/04/18

自然な流れのボディパーツにカナードを追加で進化を遂げる【エッジカスタムズ チャレンジャー F】

クーペ

ダッジ

日本はもちろん、世界中のチャレンジャーカスタムを牽引するLUXZ。2021年に登場した初のフルバンパー仕様となる「CHALLENGER F」。そのエボリューションモデルが完成したので、早速紹介しよう!

2024/04/17

63年型フォードギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。

ステーションワゴン

ビンテージ

フォード

レースのフィールドで活躍した63年型ギャラクシーはホットロッドのシーンでもとりわけ人気の高いモデル。中でもステーションワゴンは、ハイエンドでありながらSUVとしての魅力を備えて西海岸ではサーフ&ロッドのアイコンとしてお馴染み!

2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】