K5でなく、あえてのGMCジミー【1987 GMC JIMMY】

SUV

GMC

TBIエンジン

F.A.S.T

ジミー

レースランナー

RECARAステアリング

フルサイズトラックからSUVへと進化を遂げる中で、ブロンコやK-5のキャノピーほど分かりやすいものはない。「荷台をキャビンに!」という大胆なアレンジから始まったのがアメリカンSUVの起源。


80s-90sBeat 1987 GMC JIMMY

DSC_4597

フルサイズトラックからSUVへと進化を遂げる中で、ブロンコやK-5のキャノピーほど分かりやすいものはない。「荷台をキャビンに!」という大胆なアレンジから始まったのがアメリカンSUVの起源。その歴史を色濃く感じさせる個体の魅力に迫る!

アメリカはもちろん、日本国内でも70年代、80年代のC10、K5ブレイザーの価格が高騰中の昨今、程度の良い個体は高値で取引される。ここではアメリカンビンテージのネクストジェネレーションとして期待の高まる87年型GMCジミーを紹介しよう。

「K5ブレイザーと何が違うの?」と言った疑問の多いジミーではあるが大きな違いはグリルとエンブレムだけであり、パワートレインやパッケージに大きな違いはない。それでもジミー顔のK5ブレイザーではなく、正真正銘のGMCジミーに限定して探すユーザーが多いのも事実だ。これはアストロよりもサファリ、タホよりもユーコンとGMCブランドを好む流れと、共通の話である。

紹介する車両は縦目2灯から4灯へとコンバートした最終モデルフェイスの87年型。キャブレターからTBIフューエルインジェクションへと進化した直後のモデルだ。足回りは本来前後リーフスプリングだが、この個体はレースランナーのコイル式車高調へと換装。

10年以上前に仕上げた足回りなので若干のヘタリは出てきているものの、街乗りからオフロードまでシーン毎にセッティングができる点も魅力の一つだ。さらにボトムスへと目をやるとこの手のクルマには珍しいディックシーペックへと換装。オーナーさんは、は一通り手を加えたそうで、ある意味集大成と呼ぶべきカタチとなっているそう。長く楽しめるのも流行に左右されない80年代SUVの魅力と言えるだろう。

DSC_4483

レースランナーによる約6インチのリフトアップに最終モデルフェイスコンバート、ヘダースから後ろをワンオフで制作する両サイド出しマフラーに必要最小限のサイドステップ、インナーフェンダーのステッカーチューンで手を入れつつも、エンブレムなどの装飾などは当時物をストック。この曖昧さが独特の味として魅力を増している。

DSC_4568

インパネを見て全塗装したな…と見抜く人は玄人。実はこの個体はブルー×ホワイトのオリジナルカラーからエクステリアのみブラックへ全塗装しているのだ。その名残がこのインテリアであり、オーナーさんはいずれはオリジナルカラーへ戻したいとのこと。ダッシュにレイアウトされたタコメーターやRECARAステアリング以外はほぼオリジナルをストック。

DSC_4494

90年代を代表する名車、C/Kやタホ、サバーバンの95年モデルまでに搭載されるユニット、TBIエンジンがベースとなる同車。見た目とは裏腹に快適なフィーリングで、コンピューター制御の多いボーテックに比べてチューニングが容易なのも魅力の一つのエンジンなのだ。

DSC_4537DSC_4514

レースランナーの前後コイル式車高調でリフトアップ。ショックアブソーバーの取り付け位置が変更され、リーフスプリングとは異なる横方向へのねじれ対策が必要となったため各部を補正している。リフトアップされて位置関係がずれたデフの角度を斜めに調整しファイナルを変更するなど、走りに対する真面目な取り組みが随所から感じ取れる。


Special Thanks ◆ F.A.S.T
Phone ◆ 06-6784-1976
URL ◆ http://fast1976.jp/


Photo & Report ◆ Akira Ishii
2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

RELATED


魅力溢れる80~90年代のアメ車たち【C3 Corvette/Camaro IROC-Z/GMC Jimmy】

80年代~90年代のアメ車が熱いという。今回は82年型コルベットと89年型カマロ、87年型ジミーの3台を紹介しよう

一筋縄ではいかないリフトアップ計画が一歩前進!GMC・ジミー!

仕事にプライベートに毎日フル稼働するGMC・ジミー!

泥だらけになっても絵になるジミーで新たなアメ車ライフを嗜む

今こそ80~90年代のアメ車にハマりたい!2018年秋に愛用していたエルカミーノを手放して、最終モデルのジミーへと乗り換えたshow氏。同じ2ドアでもセカンドシートがあるか否か? は今後のライフスタイルに影響大!

1989 GMC JIMMY
80’s-90’s BREEZE

オリジナルの良さを維持して、乗り続けていきたい名車GMCジミー

K5ブレイザーよりもさらにレアキャラなGMC・ジミーを愛車に持つ田中さん。トラックにシェルを乗せただけに見えるルーツの濃さが、元サニトラ乗りの心を鷲掴み。“イジるよりも維持る”がモットーだ!

スクエアなフォルムが印象的な ザ・アメリカンSUVのGMCジミー

5m以内という駐車場の条件をクリアするアメ車としてチョイスしたGMCジミー。フルサイズピックアップのC10ベースにしてショートホイールベースで市街地にフレンドリーなマルチSUV。スタイリングもこれぞアメ車って感じで魅力的!

 

最新記事


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2024/05/18

日頃のご愛顧に感謝してコーストモータリングが“感謝祭”を開催!

イベントレポート

2024/05/17

父から譲り受けたアストロが兄弟の絆を深めていく

バン

シボレー

父が大事に所有していたアストロを、18才の時に譲り受けた弟さん。そして、楽しそうにカスタムに励んでいく弟の姿を、羨ましそうに見ていたのがお兄さんだ。「俺もアストロが欲しい…」。我慢できずに即決し、アストロ兄弟としてお互いにカスタムに没頭中!

ランキング


2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。

2024/05/20

スマートなスタイルの中に安定性という機能も重視!【ブランセムボディキット】

SUV

キャデラック

デビュー直後のクルマは存在するだけで注目されるもの。だがカスタムを考えた時にパーツの少なさに直面する。そこでNEWエスカレードのためにクアートが立ち上がった。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]