スタイル良し、走り良し、信頼性バツグンのカマロ

オープン

ビンテージ

シボレー

EXCITING60’s

埼玉県

カマロ

ビームス

当時最新の手法を採り入れ完成した伝説のカマロ

EXCITING60’s


1969y CHEVROLET CAMARO

ショーカーレベルの完成度を誇りつつ、日常の足として安心して乗れる。そんなコンセプトのもとに創り上げられたこのカマロ。実はエアコン・パワーウインドーの搭載も計画されており、今で言う「プロツーリング」といったモディファイが施されているのだ。

当時最新の手法を採り入れ完成した伝説のカマロ

アメ車マガジンの創刊当初(1999年3月)から連載で製作模様をレポートしていた、この69年型のカマロ。フレームオフして単純レストアするのではなく、当時の最新のアイテムを組み合わせ、現代のレベルまでポテンシャルをアップさせた、レストモッドを施した仕様だ。


とはいえ、いたずらに排気量を大きくするのではなく、当時のオプションで設定されていた396(実は分解すると中身は408だった!)に合わせ、408に換装。そのポテンシャルを確実に路面に伝えるために、前後のスプリングをガルストランド社製に交換。

ショックはKONIだが、ガルストランドの専用チューンが施されたものを組み合わせている。エクステリアはストリートドラッグを目指した内容で、フロントタイヤは165で操舵性を考慮しつつ、トラクションのためにリアは275をチョイス。また、フロントバンパーがボディ同色でリアバンパーがメッキのままというのは、70年代にアメリカで流行ったスタイルをモチーフとしている。


インテリアに目を転じると、追加メーターをビルトイン。シートは敢えてオリジナルのままだが、BEAMSの香山社長は「コンバーチブルボディだから最高速を目指すわけではないし、イベントとかに安心して乗って行ける仕様だね」という。これは昨今のビンテージカーでは良く言われるが、今から20年近く前にその手法を採り入れていたBEAMSの姿勢には、驚くばかりだ。



ボンネットはFRP製に交換するが、敢えてコルベットのL88スクープを採用。フロントバンパーはビビッドなオレンジのボディ色とマッチペイントとしている。足回り、インテリア、幌は対照的にブルーにペイント。リアバンパーのみ、クロームを残すのが70年代のアメリカで一世を風靡したスタイルなのだ。


1969y CHEVROLET CAMARO、1969y シボレーカマロ
1969y CHEVROLET CAMARO、1969y シボレーカマロ

エンジンは408のビッグブロックに換装。キャブはホーリーのダブルポンパー、インマニはエーデルブロックのビクタージュニアで、キャブが斜めになっている。各部のホースはイベント時にはステンメッシュにするが、日常ではメンテしやすいゴムホースを使用。ちなみにヘダースをフッカーの一番太いものにしているため、オイルフィルターを取り外しやすくするために移設。

また長距離を走る際にはディーゼル用の大きなエレメントに交換し、オイル容量に余裕を持たせる。サスペンションは前後スプリングをガルストランドに、サブフレームはチャーシースワークス製を追加。レイクウッドのトラクションバーと純正オプションのポジトラで、エンジンパワーを確実に路面へと伝える。




シートはオリジナルのままで、張り替えを実施。インパネは内外装の両方の色を採り入れ、ツートンで仕上げる。メインメーターの右側は元々燃料計であったが、大型のタコメーターに変更。インパネ中央の4連メーターは、ドライバーが視認しやすいように少しずつ角度を変えて埋め込むほどのコダワリようだ。




アメ車マガジンの創刊当初から、このカマロのレストア記事を掲載していたことを知っている人も多いことだろう。当時の最新技術を盛り込み完成したものだが、今見ても十分に魅力的なモディファイを行なっているのがポイント。ビンテージマッスルカーを得意とするBEAMSだからこそ成し得た業だ。

カスタムはもちろん、ドラッグレースやロッククロウリングなど多岐にわたるレース活動のノウハウを持つ老舗プロショップ。アメ車全般が専門であるが、中でもビンテージマッスルカーやJEEPには特に造詣が深い。



取材協力:ビームス
http://www.beams-co.jp


Text & Photos|アメ車MAGAZINE


最新記事


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

ランキング


2024/04/23

伸びやかなロングノーズ、引き締めるロングテール、隙のないそのフォルム【インパラ コンバーチブル】

オープン

ビンテージ

シボレー

2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]