ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】

セダン

クーペ

ダッジ

BUBU横浜

デイトナ

CHARGER

チャレンジャー

DODGE

CHALLENGER

チャージャー

神奈川県

せっかくアメ車、マッスルカーを選ぶのであれば、飛び切りホットな、目にも鮮やかなカラーリングを選びたい。

とことんモダンマッスルと戯れる!!


このツートップからはやはり目が離せない!!

AMERICAN MODERN MUSCLE CARS

DSC_4531

日本人は礼儀正しくておとなしいってのは世界的に有名。それと同時に日本人はシャイで自分の意見をハッキリと伝えるのが下手とも海外の人から思われている。だが、せっかくアメ車、マッスルカーを選ぶのであれば、飛び切りホットな、目にも鮮やかなカラーリングを選びたい。 レトロモダン、モダンクラシックなどと呼ばれる過去のモデルのデザインをリバイバルした火付け役はマスタング。それが大きな話題となり大成功。

流行の先陣を切ってきたのはフォードで、それに続けとばかりにGMはカマロを、クライスラーはチャレンジャーをリバイバルさせて市場に投入したというのが、モダンマッスルの経緯。しかし、火を付けたのはマスタングかもしれないが、モダンマッスルで現在ひと際注目を集めているのはチャレンジャーであり、それに続いて兄弟車であるチャージャーだ。

人気の背景は、数多くのグレードを展開することと、ベーシックからハイパフォーマンスを有するエンジン、そして多彩なカラーバリエーション。さらに映画の影響というのもあるだろう。この流れを察知してBUBUが自社のBCDを通じて、その中でもとりわけホットなモデルを直輸入。それがこの2台。まずはチャージャーだが、2017年モデルからラインナップに加わった「デイトナ」で、ボディカラーはイエロージャケット。

そしてもう1台は、B5ブルーのボディカラーが目にも鮮やかな2016年型チャレンジャーSRT392である。ハイインパクトカラーがいかにもマッスルカーらしさを物語っている両車。せっかくならこれぐらい派手な方がいい。それにしてもとにかくダッジは話題が豊富。707hpを発揮するヘルキャットを登場させたかと思えば、さらにその上を行く840hpを誇るデーモンを発表。

さらにヘルキャットにはワイドボディバージョンをプラスするなど、ファンを飽きさせない。そして2017年モデルからは紹介するチャージャーデイトナだけでなく、チャレンジャーにはT/Aを用意。ファンが注目するのも納得である。

2017 DODGE CHARGER DAYTONA YELLOW JACKET

DSC_4541

他車を睨み付ける威嚇的なルックス。ダッジと言えば十字のクロスヘアグリルだが、メッシュタイプとすることでイメージを高めているほか、HEMIロゴが入ったサテンブラックフードグラフィックはフードダクトを強調し、デッキフード&ルーフにもサテンブラックを組み合わせ、ワンピースタイプのパフォーマンススポイラーが攻撃性を高めている。

DSC_4559 DSC_4563 DSC_4555 DSC_4551

ダッジストライプを特徴とするセンターキャップを配したモパー軽量鍛造アルミホイール(20×9.0J)。カラーはハイパーブラックで足もとを引き締め、タイヤはグッドイヤー・イーグルRS-Aオールシーズン(245/40R20)を組み合わせる。

DSC_4574

デイトナは5.7L/V8HEMIと6.4L/V8HEMIの2タイプのエンジンをラインナップ。撮影車両には5.7L/V8HEMIが搭載され、最高出力は370hp、最大トルクは54.6kg‐mを発揮。

DSC_4562

チャレンジャーとは異なり、シンプルにラウンドしたインパネ。ゴールドのパイピングがアクセントのシートはバケットタイプで、シートバックにはもちろんロゴが施されている。オプションのサンルーフを装備して開放感を楽しめる。

DSC_4592 DSC_4587 DSC_4584 DSC_4557

2016 DODGE CHALLENGER SRT 392 B5 BLUE

DSC_4506 DSC_4511

ディテールに変化を与えるストライプがチャレンジャーには用意されているが、SRT392にはツインタイプのレーシングストライプが施され、スポーティさとクラシカルな装いをもたらしている。

DSC_4427 DSC_4421 DSC_4484 DSC_4487

ボトムスはピレリ・P ZERO NEROオールシーズンタイヤ(275/40ZR20)に、スポークの先が二股に分かれたスプリットタイプの7スポークアルミホイール(20×9.5J)があしらわれ、ブレーキはフロント6ピストン/リア4ピストンのブレンボキャリパーにスリットローターを標準とする。

DSC_4441

チャレンジャーには4タイプのエンジンが用意されている中で、SRT392が搭載するのは6.4L/V8HEMI。最高出力は485hp、最大トルクは65.6kg‐mを発揮。

DSC_4419

ドアを開くとドアシルにチャレンジャーのロゴ、フロアマットにもSRTのロゴが施されて気分を盛り上げてくれる。シートはスエードとレザーで構成され、SRTのロゴを配したバケットタイプ。

DSC_4465 DSC_4460 DSC_4454 DSC_4443

■Thanks:BUBU YOKOHAMA
tel.045-923-0077
http://www.bubu.co.jp


■Photo & Text:編集部
2018年 アメ車マガジン 2月号掲載


関連記事

RELATED


V6で何が悪い?! スポーティに走れるダッジ【グッドスピードインターナショナル】

中京地区で、国産・輸入車を幅広く扱うグッドスピードインターナショナル。中でも名古屋店はSUVからマッスルカーまで、様々なアメ車を取り扱い中。

話題のワークスモデルを“ 百式” 強化武装!2009y ダッジ チャレンジャーR/T【ライオンハート】

本国アメリカでも話題なっているLBワークスをベースにし、ライオンハートがさらに強化武装したチャレンジャーに大注目! イエローボディとなったこのスタイルは、まさにあの「百式」的。ガンダム世代にはグッとくるスタイリング!?

参加したアメ車ミーティングでダッジチャージャーに一目惚れ! YUUKI ☆ アメマガガール

サマーバケーション、オーシャン、パームツリーと三拍子揃って、そこにアメ車と美女が加われば、まさに最高のロケーション! 美容関係に勤める美女、ユウキさんのアメ車ライフに迫る!

ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【グッドスピード SPORT 名古屋】

近頃、JEEPとマッスルカーを積極的に手がけているSPORT名古屋。経済性に優れたスタンダードモデルを数多くラインアップするが、今回はその中でもHOTバージョンのMOPAR車を紹介しよう。

SOUL OF MOPAR GOOD SPEED SPORT NAGOYA

モダンマッスルの人気を支えるチャレンジャー&チャージャー最新モデルはさらに熟成が進む

最新の2019年モデルが各メーカーから発表されるなか、モダンマッスル人気を牽引するチャレンジャー&チャージャーもさらに深化。熟成が進んで一段と輝きを増したダッジ・ブラザーズから目が離せない。

THE LATEST OF DODGE BROTHERS
Dodge Challenger R/T Scat Pack Widebody
Dodge Charger SRT Hellcat

 

最新記事


2024/04/16

フェイススワップカスタムに新たな息吹を吹き込む

ボディワーク

シボレー・アストロにはGMC・サファリという兄弟車がいたのと同じく、シボレー・C/K、タホ、サバーバンにはGMC・シエラ、ユーコン、サバーバンという兄弟車がいる。その特性を活かしてフェイスを交換することはテッパンだが、さらに別のアプローチが登場!

2024/04/16

アメ車マガジン2024年6月号 絶賛発売中!

雑誌

2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/04/13

日本の気候には不向きなアメ車だからこそ防御が必要!【ラストストッパー】

メンテナンス

電子の働きを利用してアメ車をサビから守る
電子サビ防止装置 ラストストッパー

ランキング


2024/04/15

ワンオフ加工で個性を最大限に引き出す【ジェットシティ】

オープン

シボレー

個性的なカスタムを世に送り出すジェットシティには、オーナー自らが持ち込むパーツ装着の依頼も多い。時には他車種のパーツもあるのだが、それすらも違和感なくフィッティングさせるのがジェット流。

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger