【究極のアメ車】クラシックなおしゃれ趣味。憧れの「ストリートロッド」とは?

ビンテージ

フォード

5 window

ストリートロッド

Model T

Model A

アメマガ2018年9月号

究極のアメ車。憧れのクラシックカー「フォード ストリートロッド」。1930年代のおしゃれなストリートロッドをラインナップ。時代を感じさせる直線と曲線の芸術的な車に、あなたも魅了されるはず。

Photo &Text: アメ車MAGAZINE編集部


この記事で紹介するストリートロッドの車両情報

車種:STREET ROD ECSTASY

記事概要:究極のアメ車、憧れの「ストリートロッド」

クラシックなアメ車「ストリートロッド」とは?

アメリカでは究極のカーホビーとして確固たる地位を確立している「ストリートロッド」。日本においても昔からの熱狂的なファンを中心としてジワジワと人気が上がり、現在では「いつかは欲しい憧れのアメ車」となってきている。

日本のストリートロッドのレベルも直実に上がっており、海外からも注目されるようにもなってきた。日本のクールなストリートロッドたちを紹介していくことにしよう。
 

ミュージシャンやアーティストに愛され続けるアメ車

IMG_1563

1932 Ford Pickup  ▲

戦前のモデルをベースにする「ストリートロッド」は、アメリカの自動車趣味において、あらゆる面で頂点的な存在として、一般的にも広く浸透している。歴史を重んじながらも、最新かつ最良の方法でアップグレードするといったアプローチは、いかにもアメリカらしい。

音楽に置換えると、ROCK にもよく似ており、新旧様々なスタイルが存在し、聴くだけでなく、実際に楽器をプレイしたり、バンドを組んでパーティなどでライブを行なったりと、楽しみ方においても、ファン層の面でも共通する部分が多い。
 

IMG_1683

1932 Ford Sport Coupe  ▲

それだけに、お馴染みのミュージシャンにも、ホットロッダーや、ホットロッドを所有する者は意外にも多く存在するのだ。歴史が長いだけでなく、日本では想像できないほど、そのマーケットは巨大。

IMG_9976

1935 Ford Sedan  ▲

それに対して日本でのストリートロッドは、まだまだ少数派。存在こそ知っていても、現実離れした特殊なジャンルといった印象。
 

そんな中でも、アメ車オーナーとしてキャリアを重ねていくうちに、その魅力を知り所有に至るというケースや、古着などのファッションから派生して、ライフスタイルにおいても同等なスタイルを取り入れる延長で、愛車もチョッパーやホットロッドにステップアップするといったケースがジワジワと浸透中。

IMG_0180

1937 Ford Sedan  ▲

ファンならずとも知るジャニーズ系タレントにも、同様の流れでストリートロッドを愛車とする人も数名おり、最近ではTV や誌面でも露出されているだけに、注目度が高まっている。

_N6I1466

1927 Ford Model T(左)/1929 Ford Model A(右)  ▲

何はなくとも、純粋にクルマとしてのポテンシャルを味わううえでも、最もシンプルで軽量なうえ、現代を基準にした高次元の運動性能や快適性も確保可能な拡張性の高さはストリートロッドの魅力と言える。いかようにもアレンジできるだけに、一度その魅力にハマれば、一生愛せるだけの奥深さがあるのである。 


アメ車マガジン 2018年 9月号掲載


関連記事

RELATED


四半世紀以上前にアメリカより輸入した 37年型のスラントバック・セダン。トラディショナルなスタイル!

全盛期だったハイテックスタイルでコンプリートされていた個体を、現オーナーが近年入手した際に、トラディショナルなスタイルにリフレッシュ!

ストリートロッドのベース車として、ダントツ人気のデュースこと32年型Ford

乗って楽しむことこそが、ロッダーの流儀なだけに、コスパに優れるピックアップでフレンドリーに楽しむのがオススメ!

ノックダウン生産された車をベースに、レストア必須のストック状態からストリートロッド へと作り替えた個体

国内にてノックダウン生産された右ハンドル車をベースに、レストア必須のストック状態からストリートロッドへと作り替えた個体。

ストリートロッド界きっての、激レアでマニアックなスポーツクーペ

ストリートロッド界きっての人気モデル“デュース”の中でも、激レアでマニアックなスポーツクーペ。

29年型フォード・モデルAと、27年型フォード・モデルT、博物館に展示されていてもおかしくない2台。

東海カーズといえば圧倒的な存在のラットスタイルが有名。

 

最新記事


2024/03/04

理想のC8コルベットを求めて特別なエアフォースエアサス施工

クーペ

シボレー

ホイール

突然目覚めたアメリカンスポーツへの道。そして、誰もまだ見ぬC8コルベットの姿を目指した中内さん。世界初となる特別なエアフォース・エアサスを搭載し、ZERO DESIGNフルカーボンをまとって、C8コルベットの最先端を走る!

2024/03/01

愛らしくて、走りがいいレネゲードでソロキャン!

SUV

ジープ

2024/02/29

日本ではまず見ることがないラムトラックのレッカー仕様

ピックアップトラック

ダッジ

ジムニー専門店「ファッドスター」の店頭に鎮座するのは91年型ダッジ・ラム350。レッカー仕様という日本ではほとんど見ることのないモデル。しかも新車で購入して日本で登録したという個体だ。

2024/02/28

カスタムショップをコンセプトに尖った個性で人気のお店【THE KOBY'S】

ショップ

18歳の頃から“いつか自分のお店を持ちたい!”という夢を掲げてきた高味さん。そんな思いを抱きつつもあっという間に10年が過ぎ、このまま30代へと突入してしまったら夢のまま終わらせてしまうと、一念発起!

ランキング


2022/07/14

チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言える。

セダン

クーペ

ダッジ

2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]
2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET]

2021/03/15

【注目のアメリカン雑貨】大阪の老舗ブランド、アンダーウッドが同業者の買い付け地に!

ショップ

大阪府吹田市の閑静な住宅街にあるユニークなショップ「アンダーウッドブランド」。ヴィンテージカーやオートバイからアパレル、多肉植物など幅広いアメリカンアイテムが豊富。同店はヴィンテージ・アイテムの素晴らしいコレクションを展示するだけでなく、カスタムカーやオートバイのレストアなど様々なサービスも提供しており、一度は訪れるべきショップ!
UNDERWOOD BRAND【アンダーウッドブランド】

2020/09/03

存在感としては控えめながら、血統の良さでアメリカでは人気のダート

クーペ

ビンテージ

ダッジ

The Golden Age 60’s-70’s
1967 Dodge Dart

2022/04/08

US日産の巨大ユーティリティバンのNV3500

バン

逆輸入車

2019 Nissan NV Passenger