スラムドで履きこなすスタンス仕込みのボトムス!

ホイール

FORGE TECH

アメリカンホイール最前線

アメマガ2019年3月号

岡山県

ジェットシティ

FORGE TECH FTD201 2PIECE SERIES
THE BOTTOMS アメリカンホイール最前線


High Performance Forged Wheel

フォージテックFTD201、FORGE TECH FTD201、2PIECE SERIES

FORGE TECH FTD201 2PIECE SERIES

履きたいホイールを熱心に探すのではなく、フルオーダーメイドする時代へ!

リムデザインは好みだけど、もう少しコンケーブが強ければ良いのに…、面をもっと外へ出せたら…、など高価な買い物だけに妥協できないのがホイール選び。そこでオススメしたいのがフォージテックのフルオーダーメイドホイールだ。
 
今もっともホットなカスタムシーンがスタンス。そのスタンスにおいて数々の刺激的なボトムスを作り上げてきた岡山県のフォージテックが、ジェットシティのユーザーカーであるエアサススラムドチャレンジャーにマストな履き着こなしを提案すべく製作したのが「FTD201」。

いわゆる量産ホイールではなく、オーナーがどの様に履きこなしたいかを可能な限り聞き入れて、理想系へと仕立て上げるオーダーメイドホイールである。目を引くのは動きのあるディレクショナルデザイン。

ディスクを可能な限り立ち上げ、フェイス面を際立たせることでディレクショブルの個性を最大限にアピールしており、ブラッシュドカラーのマットクリアな質感は、純白ボディのスラムドチャージャーにスパルタンを印象付ける抜群のカラースパイスとしての効果も。センターキャップやナットにピンストとマッチさせたグリーンを取り入れることで非常にまとまり感のある一台に仕立てた。
フォージテックFTD201、FORGE TECH FTD201、2PIECE SERIES
特筆すべきはそのオーダーメイド方式である。同じFTD201でもフェイス面の出し方やカラーセレクトで大きく印象が変わる。ビッグブレーキシステムの有無やキャンバー角の具合など、オーナーがどの様に履きこなしたいかを汲み取って、その理想系の履きこなしを可能な限りカタチにしてくれるのがフォージテック最大の魅力であり、フルオーダーメイドにこだわる理由と言えるだろう。
 

フェイス面を大きく張り出して動きのあるディレクショナルデザインを最大限にアピール。ディスクの厚みやブラッシュドカラーのマットクリアとの相乗効果で、ボトムスの重厚感が増して見える。
 

鍛造2ピースホイールではあるが、ピアスボルトを表打ちするか裏打ちするかで印象は大きく異なる。サンプルは表となるが、コレを交互に表裏で打ったり、ロゴを入れる部分のみ裏打ちにしたりと、細部までオーダーできる点も魅力的。

FORGE TECH FTD201

フォージテックFTD201、FORGE TECH FTD201、2PIECE SERIES
サイズ:18~22インチ  8J~13J
カラー:各色(オーダーメイド)
構造:鍛造2ピース(JWL取得モデルも有り)

こだわりの強いオーナー必見!フルオーダーメイド!!

下部に掲載した8タイプのホイールはあくまでもサンプル。例えばFTM202を見てみても、リバースリムかステップリムかでイメージが大きく異なる様に、リムデザインのみはフォージテック側であらかじめ用意しているものの、そこから先はオーナーの意向で、サイズはもちろん、ディスク面の見せ方を伝えて一緒にオンリーワンホイールを作り上げていくのが、このホイール最大の魅力。

多様化するホイール事情のなかで、この方式は非常に理にかなっており、各種SNSなどで海外のトレンドに敏感な目の肥えたユーザーたちにも刺さる内容だ。基本デザインはコンケーブが主流となるが、FTS203の様にラウンドディスクを採用したデザインも存在しているので、時系列に乗っ取って往年のモデルを当時らしい履きこなしでボトムスを仕立てたいと考えるユーザーにもマッチ。

カラーも塗料から色味まで最高品質を誇っており、価格相応、いや様々なオーダーを聞き入れて製作されるところを考えると価格以上の価値ある逸品と言える。細かい部分で言えば、バルブの位置を裏側へセットすることまで可能となっており、量産型市販品の〝惜しいホイール〟

を購入するくらいなら、納得がいくまでオーダーして〝理想のホイール〟を製作してもらう方が間違いない。
スタイルの要はボトムスであり、ここを妥協しては元も子もない。極めるならまずはホイール!と言って良いだろう。
フォージテックFTD201、FORGE TECH FTD201、2PIECE SERIES

FTM202 REVIRSE RIM

FTM202 REVIRSE RIM

FTM202 STEP RIM

フォージテックFTM202 STEP RIM

FTS203 STEP RIM

フォージテックFTS203 STEP RIM

FTW201 STEP RIM

フォージテックFTW201 STEP RIM

FTW105 MONOBLOCK

フォージテックFTW105 MONOBLOCK

FTW106 MONOBLOCK

フォージテックFTW106 MONOBLOCK

FTW202 STEP RIM

フォージテックFTW202 STEP RIM

FTW206 STEP RIM

フォージテックFTW206 STEP RIM

Special Thanks★JET CITY
TEL:082-820-0377
URL:http://carshop-jetcity.com


FORGE TECH【フォージテック】
High Performance Forged Wheel
TEL:086-296-0099
URL:http://forgetech.jp


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 3月号掲載


最新記事


2024/06/18

美しすぎる魅惑のボディが69マスタングを華麗に輝かせる

クーペ

ビンテージ

フォード

ファーストマスタングと肩を並べるように、第二世代初期型である1969年型の人気は年々上昇している。そんな69年型が、内外装ともに美しい状態に仕上げられ、機関系もグッドコンディションともなれば、注目を浴びないわけがない。憧れの69マスタングを購入できる千載一遇のチャンスが到来だ!

2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2024/06/15

ジャンルやブランドを問わず、すべてのアメ車乗りをサポート!【グローバル】

ショップ

九州・熊本の地で、長きに渡りアメ車を取り扱い続けるグローバル。店頭にはジャンル、年代を問わず様々な車両を展示。またピットを見るとビッグ3が集結! 九州のアメ車乗りにとって、非常に心強い存在と言える。

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

ランキング


2024/06/17

2.3Lと侮るなかれ次世代ポニーカーの大本命【フォード マスタング】

クーペ

フォード

生誕50周年記念モデルとしてリリースされた2015年型マスタング。ロングノーズ&ショートデッキを継承しつつも、ダウンサイジング志向な当時の時代背景を反映したエコブーストエンジンを搭載。次世代を担う大本命モデルとしての魅力に迫る!

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/06/14

歳相応の姿ながら細部まで、綺麗なオリジナル志向【シボレーカマロベルリネッタ】

クーペ

ビンテージ

シボレー

Z28を筆頭にマッスルカーの代名詞としても捉えられ、プロスピード仕様などにカスタムされた個体が多い1979年型カマロのオリジナルストックを発掘!

2020/04/14

鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンドを伝授!

SUV

ハマー

ホイール

AMERICAN 4X4 & TRUCK
HUMMER H2