派手さは不要だが、違いを見せる姿へ、ライオンハート流カスタムスタイル

クーペ

フォード

SOUL OF FORD

アメマガ2019年6月号

ライオンハート

マスタングエコブースト

マスタング

愛知県

2015y FORD MUSTANG Eco Boost

SOUL OF FORD


2015y FORD MUSTANG Eco Boost

ノーマルの良さを崩さないスタイルを作り上げる

クーペ、トラック、SUVなど幅広い車種を展開する愛知県のライオンハート。その中でもマスタング・エコブーストは、初めてのアメ車として人気の高いモデルであり、同ショップではノーマルのカタチを崩さないライトカスタムを施し販売する。派手なスタイルは不要だが、ノーマルよりも違いが欲しい。その要望に答えるのがライオン流スタイルだ。
 

V8 GTパーツ追加で、走りの雰囲気を向上

2015y フォードマスタング エコブースト、2015y FORD MUSTANG Eco Boost

特集はフォードではあるが、主役はやはりマスタング。若い世代を中心に、初めてのアメ車としてエコブーストを購入する流れがあるようだ。特集ではカスタムされたマスタングが多く掲載され、いずれも目を見張るスタイルになっているが、購入層全てがフルカスタムを望んでいるかといえばそうではない。

V8GT用のグリル、2015 フォードマスタングエコブースト

「ノーマルで十分」と言う人や「派手過ぎず、目立たない程度にカスタムしたい」と言う人もいて、割合的には後者がほとんどではないだろうか。ライオンハートは、まさにそういうユーザーの思いに応えるべく、ノーマルの良さを崩さない程度に仕上げたマスタング・エコブースト を販売展開する。

紹介する15年型モデルは、エコブースト・プレミアムをベースに上級グレードのV8 GTのグリル&ウイングを追加。そこにH&Rダウンサス、RTR20インチホイール、フローマスター・アウトローマフラー、キャリパーレッドペイント、社外のフロントスプリッターも加えられ、エコブーストながら走りの雰囲気が大きくレベルアップした仕様となっている。

フローマスター・アウトローマフラー
ライオンハート は、あくまでもノーマルテイストを活かすスタイルを主流としているが、購入後にカスタムに目覚めても同ショップではカスタムの要望もしっかりと対応できるので、心変わりしても大丈夫だ。


シートはブラックレザー仕様
H&Rのダウンサス、RTR20インチホイール、キャリパーレッドペイント
V8GT用のグリルとウイングに変更追加し、H&Rのダウンサス、RTR20インチホイール、キャリパーレッドペイント、フローマスター・アウトローマフラー、社外フロントスプリッターを装着する。シートはブラックレザー仕様。見た目はノーマルの同型エコブーストとは明らかに違いがあるものの極端な変更ではないため、ノーマル思考の強いユーザーにも違和感なく乗れるスタイルといえるだろう。


Thanks/ライオンハート
TEL:0586-67-1711
URL:http://www.lionheart2005.com


◆Photo/古閑章郎
◆Text/相馬一丈
アメ車マガジン 2019年 6月号掲載


最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。