マスタングをもっとカッコよく!RKスポーツ・ボディキットの魅力を語る

クーペ

フォード

ボディワーク

ウイングオート

RKスポーツ

アメマガ2019年8月号

マスタング

シボレー名岐

マスタングの楽しみは純正だけでは語り切れない。ボディキットを使って「カスタムを楽しむ」というのも、アメ車乗りの醍醐味と言えるだろう。今回はそんなマスタングのボディキットにフォーカスしてご紹介。

RK SPORT
GLASS FIBER BODY KIT
FOR FORD MUSTANG

Text & Photos|アメ車MAGAZINE


この記事で紹介するマスタングの情報

車種        : RK SPORT GLASS FIBER BODY KIT
                    FOR FORD MUSTANG

ショップ:WINGAUTO(シボレー名岐)
     [ TEL ]052-409-5434
     [ HP ]http://www.wingauto.co.jp

ショップについての紹介

輸入車の総合ディーラーであり、GMの正規ディーラーである「シボレー名岐」、さらにはフォードのグローバルサブディーラーを展開するウイングオートは、魅力的なアメ車を数多く日本全国に配信し続けてきた老舗ショップ。

輸入車販売だけでなくカスタムブランドともコラボ

RK SPORT GLASS FIBER BODY KIT FOR FORD MUSTANG

そんなウイングオートは海外カスタムブランドとも積極的にコラボレートして、ヘネシーパフォーマンス、D3、HREホイールなどを取り扱ってきた。

そして、スポーツモデルのボディキットブランドである「RKスポーツ」もその内の一つである。

スポーツモデル向けのカスタムブランドが数多く存在するなかで、ボディキットを選ぶ上でウイングオートが導き出した答えは「RKスポーツ」だった。

華麗にして流麗なシルエットを生み出す同社のボディキットに魅了され、第一弾はコルベット用を、そして第二弾はカマロ用をリリース。さらに今回、満を持してリリースしたのがマスタング用ボディキットである。
 

マスタング用「RK スポーツグラスファイバーボディキット」

RK SPORT GLASS FIBER BODY KIT FOR FORD MUSTANG

ボディキット:RK SPORT GLASS FIBER

Front Spoiler ¥80,000
Side Spoiler ¥80,000
Rear Spoiler ¥80,000
※価格は消費税抜きグラスファイバーには別途ペイント代と取り付け工賃が掛かります。

RKスポーツとは?

RKスポーツは20年以上の歴史を持つアメリカのエアロパーツメーカーだ。

1990年代後半に4thカマロが全盛を極めていた時には、RKスポーツのボディキットでメイクしたモデルを、アメ車マガジンでも数多く紹介してきた。
 

純正だけじゃない!マスタングも積極的にカスタムを楽しむ

ウイングオートがRKスポーツの取り扱いの開始に合わせてまず用意したのはC7コルベット用ボディキットだった。

そしてこれに続く形で現行型カマロ用をリリースし、GMの正規ディーラーという立場でありながらも純正にこだわらずカスタムも積極的に行なうところが〝ウイングオートらしい〟。

なぜなら、カスタムも含め車の楽しみ方を色々と提案したいというのが、同社の基本的なスタンスだからだ。そこで今回、新たにマスタング用のボディキットもリリース。
 

纏わせたのはフロントリップスポイラー、サイドスポイラー 、トランクスポイラーで、マスタングのラインに同調したデザインもさることながら、レースシーンからのフィードバックによって機能性をしっかりと確保した作り込みが秀逸。

フォードのグローバルサブディーラーとして、同社のスタンスとしても取り扱わずにはいられなかったと言えるだろう。
 

RKスポーツのマスタング用ボディキット(フロントリップ、サイドスポイラー、トランクスポイラー)を装着し、BCレーシングの車高調でローダウン。

さらにホイールはWORK・EMOTION T7R、マフラー&リアディフューザーはBSMA をセレクトしてスポーティさに拍車を掛けている。

先行リリースしたコルベット用・カマロ用も紹介

コルベット用【RK スポーツ / カーボンファイバー&グラスファイバーボディキット】

RK SPORT CARBON FIBER & GLASS FIBER BODY KIT FOR CORVETTE

RKスポーツのボディキットの取り扱いで口火を切ったのはC7コルベット用だった。タイプはカーボンファイバーとグラスファイバーの2タイプが用意。

好みに応じてセレクト可能となっているが、どちらもコルベットの流麗さをさらに際立たせる大胆なデザインで魅せることはもちろんのこと、性能に関しても申し分のないクオリティを誇っている。
 

カマロ用【RK スポーツ / カーボンファイバー&グラスファイバーボディキット】

RK SPORT CARBON FIBER & GLASS FIBER BODY KIT FOR CAMARO

もちろんそれはカマロ用も同様で、スポーティ感を高めるのに貢献しており、2.0ℓ直4 /6.2ℓV8 の両グレードにも対応。


試乗車で体験してほしい、アメ車は「意外と乗りやすい」
新型カマロのデビューすぐにカスタムの理由【ウイングオート】
“超希少”なブリットを手に入れるチャンスあり【ウイングオート】
正規ディーラーのカスタムハマー ノウハウをたっぷり注いだハマーH2&H3【ウイングオート】
その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活!!フォードマスタングBOSS302【シボレー名岐】
XT5 CROSSOVERデビュー 早速シボレー名岐ならではのアレンジを施してお披露目【シボレー名岐】


Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)

TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


アメ車マガジン 2019年 8月号掲載


関連記事

RELATED


その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活!!フォードマスタングBOSS302【シボレー名岐】

フロントバンパーはダウンフォースを考慮し、大型のリップを装着。ボンネットは熱対策と軽量化を図るためタイガーレーシング製に交換されている。リアスポイラーは小ぶりなダックテール。サイドのデカールは“らしさ”を盛り上げる。

新型カマロのデビューすぐにカスタムの理由【ウイングオート】

いよいよ正規輸入販売がスタートした新型カマロ。正規ディーラー「シボレー名岐」であるウイングオートでは当然デビューフェア系の催しを開催したのだが、その時点ですでにカスタム済みというスーパーっぷり。

C7コルベットをブラッシュアップさせるマジック!流麗に、そして大胆に!!【WING AUTO】

輸入車の総合ディーラーであり、GMの正規ディーラーである「シボレー名岐」を展開するウイングオートは、魅力的なアメ車を数多く日本全国に配信し続けてきた老舗ショップ。

世界が待ち望んだLBワークスの新作 2015FORD MUSTANG ECOBOOST【リバティーウォーク】

LBワークス第3弾が発売開始モデルはマスタングだ!今年6月にLBワークス第2弾となる300が登場したのも記憶に新しいが、今度は第3弾となるLBワークスが登場した。モデルはフォードマスタング。その公開モデルをいち早く撮影したぞ!

ストーリー性あるクルマとのカーライフ、それぞれのマスタング・ブリット

往年の名スターが主演した映画に付けられた「ブリット」という名は、半世紀以上が経った現在、マスタングにとって特別なモデルの名になった。それぞれのブリットに乗るオーナーのカーライフを覗いてみよう。

'68 FORD MUSTANG
'08 FORD MUSTANG US BULLITT

 

最新記事


2024/05/24

自由気ままにアレンジ それがマイスタイル【1970 シボレーC-20】

ピックアップトラック

ビンテージ

シボレー

アクションラインのニックネームで親しまれているC/Kシリーズのセカンドジェネレーション、1970年型C-20を愛車とするオーナーさん。手に入れるや否や「ワークトラック」という方向性を定め、躊躇することなく思いを形に仕上げていっている。

2024/05/23

40フィートのコンテナを店舗にスケールアップ!【パラダイスバーガー】

ショップ

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

ランキング


2024/05/22

エンジンルームから音がしているためその原因を探ろう

メンテナンス

2024/05/23

古き良きアメリカの世界観/SONORAN ディープコンケイブで魅せる/FARM D10

ホイール

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2024/05/21

一見しただけで見分けるのが難しいこの当時のセダン【シボレーベルエア】

セダン

ビンテージ

シボレー

ビスケイン、ベルエア、インパラと、シボレーがラインナップするフルサイズセダンは同じ顔でも様々なモデルが存在しており、1965年にはカプリスも加わってより一層ややこしくなった。筆者もパッと見ただけじゃ瞬時に判断できず、バッジやエンブレムを見て気が付くといったレベルだ。そんな67年型フルサイズセダンが現在、ある人気海外ドラマの劇中車として注目を浴びている。