ビンテージファイヤーバードは運転が楽しい!でも化粧崩れはイヤだから、エアコンは必須です

クーペ

アメマガガールズ

ポンティアック

アメ車女子

アメマガ2019年10月号

愛知県

ファイアーバード

アメ車女子のライフスタイル

アメマガガール

東海カーズ

#アメ車女子のライフスタイル
アメマガガール HARUNA
PONTIAC FIREBIRD


[vc_row][vc_column][vc_column_text]アメマガガール、ポンティアックファイアーバード

PONTIAC FIREBIRD
owner:HARUNA


 

彼女たち流のアメ車との付き合い方


ーアメ車を乗りこなす女性たちの素顔ー
#アメ車女子のライフスタイル
今とにかく女性たちが元気で、興味のあるモノにはとにかくどん欲。さらにSNSを駆使しての情報発信能力も高い。そんな女性たちの中にはアメ車を所有している人もいて、楽しんでいる様子が数多くSNSに投稿されている。しかし、SNSで分かることはごく一部。そこで本誌特集「AMEMAG GIRL」では、彼女たちがどういった経緯でアメ車と関わる様になったのか、愛車を選んだ理由にはどんな思いがあったのか、そしてどんなライフスタイルを送っているのかなどを掘り下げて、アメ車ライフを謳歌する女性オーナーたちの素顔を覗いちゃいます!
 

アメ車が好きで、同じ趣味を持つ仲間に影響を受けて乗り換えるというのは良く聞く話。だが、それが女性オーナーで、しかもモダンマッスルに乗っていながら、ビンテージマッスルへの乗り換えというと、決して良くある話ではないだろう。


ポンティアックファイアーバード、PONTIAC FIREBIRD

ファイヤーバードの存在感、走らせる愉しみも最高です


2019年の春に現在の愛車・ファイヤーバードに乗り換えた岩瀬遥奈さん。まだ若いのに、自分よりも遥かに年上のビンテージマッスルにのめり込んでしまったが、そもそもアメ車が好きになったのは両親の影響が大きいとか。色々なクルマに乗せてもらい、休日はBBQなどに連れて行って貰った経験から、特にアメ車が好きになったそうだ。
免許を取って1年間は国産SUVに乗っていたが、一念発起し2013年型マスタングのカリフォルニアスペシャルを購入。自宅に乗って帰ると母親には「何考えているの!」と言われるが、そもそもこうなるきっかけを作ったのは、ご両親だったりする(笑)。そのマスタングで、仲間ができるとツーリングやアウトドアを楽しむが、共に走るメンバーのクルマを見てみると、全体的にビンテージマッスルが多く、またビンテージなら他の人とカブる可能性が少ない…という訳でビンテージに乗り換えを決意するが、何が欲しいのか全く見当もつかない。そんな折、仲間と一緒にクルマを見に行ったのが、ビンテージマッスルの専門店か? と思うほどの豊富な在庫量を誇る東海カーズだった。
ポンティアックファイアーバード、PONTIAC FIREBIRD
東海カーズで色々なビンテージマッスルをチェックしたが、一番最初に見た鮮やかなオレンジが印象的なファイヤーバードに一目惚れし、即決!  ちなみにファイヤーバードで帰宅した時は、お母さんは呆れていたのか、もう何も言わなかったとか。念願のビンテージマッスルを手にした遥奈さん、愛車の第一印象を聞いてみると「普通のクルマと違って、クセがありますよね。アクセルやブレーキは重たい。でも、運転している実感があるし、何より楽しいですね。でも、化粧崩れはイヤだから、エアコンは絶対に欠かせない装備です!」と断言。
アメマガガール、ポンティアックファイアーバード、PONTIAC FIREBIRD
現在は購入したままの状態で、カスタムなどの予定を聞いてみると「十分存在感があるので、カスタムする必要はないかなと思っています。でも、女の子のクルマっぽく見えないので、カーズの鷹のようなイラストにバラをあしらったオリジナルのペイントを考えていますね。まだ乗り始めて3カ月なので、まずはしっかり乗りこなしたいですね」とのこと。見て楽しむよりも、走らせる愉しみを知ってしまった遥奈さん。そのうち「走ってナンボ!」というカーズのポリシーに感化され、サーキットデビューする日が近いかも。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]アメマガガール、アメ車女子
アメマガガール、ファイアーバード
お気に入りポイントは、リヤの跳ね上がったスタイリング。最近のクルマにはない、シンプルだが存在あ感と個性を感じるそうだ。ちなみにトランクの容量はかなりのもの。夏は海に出かけることが多いそうだが、大型のクーラーボックスに加え、様々なアイテムもスッポリ入る。
 
ポンティアックファイアーバード、PONTIAC FIREBIRD
ポンティアックファイアーバード、PONTIAC FIREBIRD
本当はブルーが好きな色だそうだが、ファイヤーバードに乗ったことでオレンジも気になりつつある今日この頃。インテリアの芳香剤やバッシュのマスコット、コラムに巻かれたバンダナをオレンジとすることで、統一感を演出。それ以外はいたってシンプルだ。
 
エンジンはV8の350を搭載、ファイアーバード

エンジンはV8の350を搭載。きちんと整備が施されており、エアコンを使っても快適な走りを実現。エンジンルームには当時の輸入代理店のコーションプレートも残されており、つまりは正規輸入モデルということだ。
 
アメマガガール、アメ車女子、ポンティアックファイアーバード
ビンテージアメリカンのクラブ「PPCC」
休日となると、ビンテージアメリカンのクラブ「PPCC」のメンバーとツーリングやBBQを楽しむ。撮影当日はメンバーが82カップに参加しており、応援を兼ねて集合。BBQのあとは海までツーリングを楽しむそうで、仲間と連なって走るのは、最高の時間と語る。[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]Thanks:東海カーズ
TEL:0533-86-8890
E-mail:info@car-s-mm.com[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column][vc_column_text]PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野 稜[/vc_column_text][vc_separator][vc_column_text]アメ車マガジン 2019年 10月号掲載[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row]

最新記事


2023/02/03

アメ車道楽は妻の理解ではなく、一緒になって楽しむのが正解!

セダン

バン

SUV

キャデラック

ダッジ

ジープ

奈良県在住のKatsuhiro&Fumiyoさんが所有するクルマはキャデラック・XTS、JKラングラー、ラムバンの3台。少し前まではマスタングも所有しており、4台体制に加えて専用ガレージにハーレーまで保管。理想のアメ車道楽を謳歌する夫婦の魅力に迫る。

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

ランキング


2023/02/01

ピックアップトラックの荷台に設置するカモフラージュ・トラックテント

ピックアップトラック

アウトドア

日本ではキャンプが大きなブームになっているが、アウトドアが日常となっている本場アメリカでは、数多くの個性的なアイテムが販売されている。アメリカからアメリカン雑貨を直輸入するガレージジョーカーでは、アウトドアグッズもアメリカから直輸入!

2023/02/02

1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場!

SUV

ダッジ

2015年に登場した、究極のチャレンジャー「ヘルキャット」。デビュー当初はチャレンジャーだけの称号と思われていたが、その後チャージャーにもヘルキャットが出現。そして1年間の限定だが、デュランゴにもヘルキャットが登場し、日本に上陸した!

2023/01/30

父が独身時代から愛用し続けたC4コルベットを息子が受け継いで紡ぐ!

クーペ

シボレー

“子は親の背中を見て育つ” とはよく言ったものだが、文字どおり彼ら親子はコルベットを通じて父のアメ車道楽を一緒になって楽しんできた。高校生活を終えて免許を取得した息子が初めての愛車として迎え入れたのが、父との思い出が詰まるC4だ。

2023/01/31

今まで諦めていた愛車の高価買取がオートファンで可能になる!全国出張アメ車高価買取が遂に登場!

ショップ

買取業者でアメ車の買取金額は安い。それが今までの買取の常識だったが、その常識を覆す高価買取をスタートさせたのがオートファンだ。全国の無料出張が可能で、これからは買取も買い替えの選択肢になる!

×