ニッチなルセーバーをムーンアイズが、オーセンティックなカスタムとしてブラッシュアップ

クーペ

ビンテージ

ポンティアック

GORGEOUS 60's

アメマガ2019年10月号

ルセーバー

MOONEYES

絢爛たる60年代
1961 Buick LeSabre “Moonblessing”


1961 Buick LeSabre “Moonblessing”

GORGEOUS 60’s 絢爛たる60年代

仮想未来感溢れる美しいスタイリングのバブルトップ車は、コレクタブルな存在ながら、なぜかニッチな「ルセーバー」。高級ブランドであるビュイックならではのキャラクターにマッチしたエレガントな仕上がりや、オーセンティックなカスタムの秀作としても注目!

オールドスクールスタイルを貫いた秀作

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

折れてしまいそうなほど、か細いピラーが特徴の「バブルトップ」ことクーペは、ガラス面積を最大限に稼ぎながら、大胆にラウンドしたキャノピー形状の美しいシルエットが魅力的。 シボレー・インパラ をはじめ、同じBプラットフォームを共有するポンティアック、オールズモビル、ビュイック の各ブランドの上級グレードのクーペとしてラインナップされた。


新車当時はともかく、現代においては、とにかく シボレー・インパラ がダントツの人気。カスタム、ローライダー、ホットロッドと、多方面で人気が高いため、近年では完全にコレクタブルカーとして手の届きにくい存在となっている。他のブランドのモデルにおいても、バブルトップありきでニーズが高いのだが、中でもビュイック は最もニッチな存在となっている。

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

ビュイックはGM内の立ち位置では、キャデラックに継ぐ高級ブランドなだけに、新車時の価格では最も高額ながら、現在の市場においては、最も入手しやすい存在だったりする。ムーンアイズ としても、バブルトップありきでルセーバーを入手。モデルのキャラクターを活かして、オーセンティックなカスタムとして磨き上げた。

リバース・リムのクレーガーSSホイール&ホワイトリボンタイヤが絶妙に似合う、オールドスクールなスタイルを貫いた、いそうでいないお手本的な秀作。ボディは基本的にストックを活かし、仮想未来感のある独特なスタイリングが、フェードペイントと、絶妙なピンストライプによって際立っている。

真っ白のインタリアや、シンプルにまとめたエンジンルームまで、見事なショークオリティでフィニッシュ。ショップのガレージに展示中なので、その美しさを実際にチェックしていただきたい!

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー
1961年型は、50'sとの過渡期ならではの一癖あるスタイリングで賛否が割れるが、仮想未来感のある当時ならではのスタイリングが魅力大。ポピュラーな シボレー・インパラ に対して、ビュイック・ルセーバーは高級志向とあって、よりエレガントなスタイリングとなっている。前後ともに、先の尖ったスタイリングが採用され、姉妹車の中でも最もシャープな印象。

絶妙にフェードするペイントと、完璧なピンストライプによって、持ち前のスタイリングの美しさが、最大限に引き出されている。そのさじ加減にこそ、高いセンスが要求される。シンプルで誠実な仕上げのクオリティは、まさにショーカーレベルながら、その素晴らしさは写真ではなかなか伝えきれない。ルセーバーにおいてこれほど美しい個体は、アメリカでも目にすることは稀。この個体を通して61年型ルセーバーの魅力を思い知らされた。


ミラーマジック
1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー
1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー
“ミラーマジック” と呼ばれる鏡に反射させる独自のメーター。鏡はダイヤル式に稼働するため、着座位置が異なるあらゆるドライバーにも対応する高級車ならではのギミック。定番のタック& ロールで仕立てた内張&シートのクオリティも見事。


Cragar SSホイールは、14×6リバースオフセット、ホワイトリボンのUS Royalタイヤとの組み合わせ

オールドスクールなカスタムとして、エアーサスペンションなどのシステムは採用せず、ストックのメカニズムを活かして、スプリングのアレンジなどでロワード。お馴染みのCragar SSホイールは、14x6リバースオフセットというサイズが要。ホワイトリボンのUS Royalタイヤとの組み合わせによって、王道的なマイルドカスタムとしてのキャラクターをアピール。


ネイルヘッド364ci
独特な形状が目を引くエンジンは、ビュイック独自のネイルヘッド364ci。バルブカバー&エアークリーナーは、アルミ製のムーンアイズ・オリジナル製品。ファイヤーウォールのスムーシングなど、センス良くディテーリングされたエンジンルームも外装と同様にフェードペイント。


1200台がエントリーした“ストカー”日本のアメ車シーンはここにアリ!! ムーンアイズ ストリートカーナショナルズ


MOONEYES
Tel:045-623-5959
HP:http://www.mooneyes.co.jp/


Photo ◆ Hiroshi Nose Text ◆ Hideki Ishibashi
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。