唯一無二のメタル塗料「IZ METAL(アイズメタル)」

ラッピング&ペイント

メガキング

IZMETAL

ROHAN

アメマガ2019年10月号

IZAWA ART DESIGN

THE ONE AND ONLY METAL PAINT "IZ METAL"


アルミ成分にこだわった最先端メタル塗料!

THE ONE AND ONLY METAL PAINT "IZ METAL"

グラインダータトゥーやエングレービングなど、巧みな塗装技術とボディワークで日本のみならず世界を魅了し続けるローハン井澤氏が、10年の歳月をかけて開発したオリジナル配合のメタル塗料「IZ METAL(アイズメタル)」。

 

従来のメッキ調塗料は銀(Ag)を成分としたものが大半で、反射率の高さは申し分ないが、酸化しやすく紫外線の影響を受けて変色したり、黒ずんだりと耐候性に難があった。この弱点を克服すべく圧倒的な輝度と耐候性にこだわり、塗料の発表から5年以上に渡って幾度となるテストを繰り返し、耐候性に対しての実績を立証させた完成度の高さも特筆物で、紫外線による劣化や変色に対して絶対的な自信を持つメタル塗料とアルミ成分にこだわった最先端メタル塗料!して、満を持してのリリースとなった。

 

現在販売している塗料には黒っぽく重厚感のある輝きを放つ「サムライ」と、そして白っぽく輝く「スタンダード」の二種類をラインナップ。0.18ℓで5千円(スタンダード価格)~とメタル塗料としては破格のプライスで販売されており、販売開始から数日足らずで世界中からオーダーが殺到中とのこと。

IZ METAL、アイズメタル

IZ METALはそのまま塗って楽しむだけにとどまらず、エングレービングで光を立体的に拡散させることで輝きに変化をもたらす重厚感や、上からキャンディ色を重ねればゴールドやブロンズ、ワインメタルにブルーメタルなど様々なアレンジが可能で、モータースポーツシーンだけにとどまらずプラモデルや釣り具など多方面で注目の的。劣化がないので絶版車両や旧車のアイアンバンパーの補修などにも有効。アイデア次第で様々な表情を魅せる色褪せないメタル塗料の誕生は、次世代カスタムペイントシーンにおいて大きな起爆剤になること請け合いである。

IZ METAL、アイズメタル

IZ METAL SAMURAI[HIGH GRADE] SYSTEM

■ IZ METAL SAMURAI(HIGH GRADE) 0.18ℓ ¥12,000 / 0.9ℓ ¥50,000 / 3.6ℓ ¥150,000
■ IZ クリアー3.6ℓ[A 小面積用ドア1 枚程度¥12,300 / B 大面積用全塗装程度 ¥14,800]
■ IZ クリアー硬化剤0.9ℓ[標準 / 遅乾 ¥8,300]  ■ IZ クリアーシンナー3.6ℓ[標準 / 遅乾 ¥6,000]
■ IZ METAL 専用プライマー3.2ℓ ¥30,000 ■メタルクリーナーA3.6ℓ / B3.6ℓ ¥13,000
■ ROHAN オリジナルガン ¥35,000

IZ METAL SYSTEM アイズメタル・システム

■ IZ METAL 0.18ℓ ¥5,000 / 0.9ℓ ¥20,000 / 3.6ℓ ¥50,000
■ IZ クリアー3.6ℓ[A 小面積用ドア1 枚程度 ¥12,300 / B 大面積用全塗装程度 ¥14,800]
■ IZ クリアー硬化剤0.9ℓ[標準 / 遅乾 ¥8,300 ■ IZ クリアーシンナー3.6ℓ[標準 / 遅乾 ¥6,000]
■ IZ METAL 専用プライマー3.2ℓ ¥30,000 ■メタルクリーナーA3.6ℓ / B3.6ℓ ¥13,000
■ ROHAN オリジナルガン ¥35,000

ROHAN ORIGINAL SPRAY GUN ローハンオリジナルスプレーガン

一般的なガンの吹き口の口径は1.4mmなのに対し、1.6mm口径。均一に細かい霧が縦長の楕円形に噴出できるのが特徴で、IZ METALをはじめ、G Kandyやクリア塗装に最適です。手になじみやすい形状に設計。ガン、メーター、カップが付属。 ¥35,000

メガキング、ROHAN、アイズメタル

製品開発:ROHAN
TEL:0743-61-5755
HP:http://rohan-izawa.com/


総販売元:MEGA KING.COM
TEL:072-727-3977
HP:http://www.mega-king.com/rohan/


Photo&Text:石井秋良
アメ車マガジン 2019年 10月号掲載


関連記事

RELATED


カスタムペイントの常識を覆す、奥深き彫刻アートの世界観【IZAWA ART DESIGN】

マスタングやチャレンジャーなどのグラフィックゴーストペイントに加え、オリジナルエアロパーツの開発でも誌面を賑わせるローハン。その原点にして最高傑作が、この1958年型インパラ。カーカスタムの概念を超え、芸術作品の域と絶賛されるその魅力を紐解く。

チャレンジャーSの物理的な立体感にローハンの視覚的な立体感が合体

CHALLENGER PROJECT
TOKYO AUTO SALON 2020

個性派を貫くマストな選択肢としてラッピングを推奨

ラッピングと聞くと派手な色目を採用した個性派と言ったイメージだったが、春素材や色味に加え、全面貼りか否かでもかなり印象が変わる。そんなラッピングカスタムの最前線をJKラングラーと共に紐解く。

フォードのセダンピックアップ「ランチェロ」という選択 フォードランチェロ【フォードライブクロスフィールド】

セダンピックアップにおいて、シボレー・エルカミーノと人気を二分するのが、フォード・ランチェロ。日本国内ではエルカミーノの人気・注目度が高く、ランチェロはレアな1台でもある。

手軽に美ボディを生み出すラッピングでも本当に剥がせば元どおりになる?【BUFFALO DESIGNS】

「ボディカラーをチェンジして雰囲気を変えたい!!」という思いとは裏腹に「元に戻したい」なんて思いも…。何てワガママな要求だろうか。しかし、それを可能にするのがカーラッピングというマジック。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。