カスタムペイントの常識を覆す、奥深き彫刻アートの世界観【IZAWA ART DESIGN】

クーペ

シボレー

アメマガ2023年11月号

インパラ

ROHAN

IZAWA ART DESIGN

奈良県

グラインダータトゥー

IZMETAL

エングレービング

マスタングやチャレンジャーなどのグラフィックゴーストペイントに加え、オリジナルエアロパーツの開発でも誌面を賑わせるローハン。その原点にして最高傑作が、この1958年型インパラ。カーカスタムの概念を超え、芸術作品の域と絶賛されるその魅力を紐解く。


世界で絶賛された、日本が誇る匠の神技が凝縮

ROHAN IZAWA ART DESIGN
https://www.rohan-izawa.com/

'58 Chevrolet Impala

2018年のSEMAショー出展、そして2019年の東京オートサロンでは「国際カスタムカーコンテスト」で最優秀賞グランプリを獲得。2019年10月の東京モーターショーでも絶賛されて、2020年にはカリフォルニア州のサンディエゴ自動車博物館に招待されるなど、日本のみならず世界各国で脚光を浴びたローハンの代表作1958年型インパラ。

 

以前はグラフィックペイントやミューラル、ピンストライプなどがカスタムペイントのセオリーだったが、グラインダータトゥにジャックポッドフラッシュ、ダイヤブロックにゼブラウェーブ、エングレービングなどのテクニックを凝縮させて生み出す立体感、そして自社開発のメタル塗料「IZMETAL」が可能にした重厚感溢れるメタル感の表情は、そのすべてがカスタムペイントシーンの常識を覆す新時代の幕開けを予感させたことが記憶に新しい。

当時のメディアは井澤氏をアーティストと称賛し、このインパラそのものが「走る芸術品」として脚光を浴びた。その注目度はNHKが世界に発信する国際放送「NHKワールド」でも紹介されるほどだ。

 

ボディ前面のみならずダッシュボードやリアウィンドーの内側まで取り入れたエングレービング彫刻においては左手の甲を疲労骨折するほど、繊細で高度な彫刻手法に妥協を辞さない姿勢。そして塗装前のチリ合わせやフロアパネルを新調、フレームの復元はもちろん、半世紀以上前の個体ながらモール類なども一番状態の良い物を探してきて装着するなど細部まで徹底的にこだわり、ルーフからクルーザースカートまで、そのすべてに手を加えるストイックな芸術作を長い年月をかけて完成させた。

 

その圧倒的存在感に魅了されるあまり、SEMAショー搬出後のパレードランでは警備員も仕事を忘れて、その美しさの釘付けになったという逸話まで存在する。

 

カスタムカーカルチャーに興味のある者でなくとも、目を奪われる美しさ。アメ車にまったく興味を示さない人をも虜にする圧倒的存在感。孤高の存在にして唯一無二の日本を代表する名作として、10年、20年先も語り継がれるであろう最高傑作と言える。

細部を切り取ったカットを見れば、その凄まじさは一目瞭然。ボンネットフードのエングレービング、ジャックポッドフラッシュ、ダイヤブロックにゼブラウェーブを組み合わせたグラフィカルな立体的芸術をIZ METALで一層際立たせる。また、リアウィンドーから1958 年型インパラ特有の個性的なテール周りに至るまでの造型を加味した精巧なテクニックのアレンジこそ、カスタムペイント職人ではなく、世界が彼をアーティストと称賛する所以である。

エクステリアとインテリアを別物として捉えることなく、クリアガラスから見えるダッシュボードなどのインテリアもすべてボディと考察し、エクステリアからの一体感をもたらす姿勢も特筆物。またドア内張りにはグラインダータトゥが刻まれる。


株式会社 IZAWA ART DESIGN

所在地:奈良県橿原市常盤町495-1
TEL:0744-29-8090
URL: https://www.rohan-izawa.com/


PHOTO&TEXT:石井秋良
アメ車マガジン 2023年11月号掲載


関連記事

RELATED


【ROHAN×BRIGHT CAMARO】東京オートサロン2023で視線を釘付けにした!

2019年にKANDY BLUEの単色で東京オートサロンに展示したROHANのカマロコンプリートが、4年の時を経て正常進化。自社オリジナル塗料と最先端のカスタムペイントワークを駆使した完全リメイクは注目の的!

【WORK ZEAST ST2】研ぎ澄まされた刃の様な妖艶な魅力を漂わせる

アメ車を始め、様々な輸入車を扱うオールインポート。スタイルだけでなく性能も追求したカスタムに定評があるが、同社が絶大な信頼を置くのは、メイド・イン・ジャパンが誇るWORKだ。

レアなビンテージアメリカンだが東海カーズなら選んで購入可能!

アメ車の中でも、とくにビンテージモデルを数多く取り揃える東海カーズ。屋内保管された在庫車は、常時始動できることをモットーとしている。今回はノーマル然としたカマロとチャージャーを採り上げてみよう。

ヤフオクで購入したボロボロのカマロがここまで化ける!?

ディスカバリーチャンネルの人気番組でお馴染みのガス・モンキー・ガレージ。錆びだらけで朽ち果てる寸前のクラシックカーを買い取り、レストアやカスタムを施して極上車へと仕上げるあの場面。まさにそんなヒストリーがナオキモータービルドに実在した。

インディ500ペースカー1995年にわずか527台のみ製造された希少限定モデル。

インディアナポリスペースカーエディションとして1995年にわずか527台のみ製造された希少限定モデル。そんな激レア車両が本国未登録のまま日本へ持ち込まれ、さらに現在まで日本でも未登録のまま眠っているという“お宝案件”に迫る!

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。