ストーリー性あるクルマとのカーライフ、それぞれのマスタング・ブリット

クーペ

フォード

マスタング

シボレー名岐

ウイングオート

アメマガ2019年11月号

USブリット

ブリット

往年の名スターが主演した映画に付けられた「ブリット」という名は、半世紀以上が経った現在、マスタングにとって特別なモデルの名になった。それぞれのブリットに乗るオーナーのカーライフを覗いてみよう。

'68 FORD MUSTANG
'08 FORD MUSTANG US BULLITT


フツーのマスタングから、一歩進んだカーライフ

ブリットとは、1968年に公開されたスティーブ・マックイーン主演の映画だ。マックイーン演じるブリット刑事の愛車であり、劇中では本人運転で激しいカーチェイスが繰り広げられている。近年でいうワイルド・スピードシリーズのように、スクリーンでアメ車が最高に輝いた、その金字塔とも言える映画である。


08年型マスタング・ブリットに乗るタイトさんは、元々アメ車好きでマイカーを探していたところ、 ウイングオート にある ブリット を見つけ、2018年春に購入した。実はこのクルマ、本誌で以前にも取材をしたことがある。

当時の限定モデル「USブリット 」を、 ウイングオート がサリーン正規ディーラーとして販売したもの。ブリット専用チューニングが施されたエンジンに、さらにサリーン製スーパーチャージャーを搭載した、文字どおり「羊の皮を被ったオオカミ」。タイトさんはその走りに満足していると嬉しそうに話す。


一方、68年型マスタングに乗るちゅきんさんは、07年型マスタングも所有する根っからの マスタング 好き。 マスタング のオーナーズクラブ「MOCJ」の立ち上げメンバーでもあり、その活動には ウイングオート のサポートもある。ちゅきんさんは常々「いつかビンテージのマスタングにも乗りたい」と考えていたという。

そんな折、中古車市場で68年型を発見。MOCJの会長が「程度が良い」とお墨付きを与えたことが、彼の背中を強く押すことになった。購入は2018年6月のこと。購入後、オレンジだったボディカラーは劇中車と同じハイランドグリーンになり、トランスミッションは3速から4速へ、ドラムだったブレーキは4輪ともディスクになった。

着々と現代的に乗れるようブリット仕様カスタムが進められている格好。今後はエンジンの載せ替えも予定しているという。
フォードがトリビュートした ブリット に乗るタイトさん。 ブリット を再現しようとするちゅきんさん。共通しているのは、 マスタング がとにかく好きだということである。

'08 Ford Mustang US BULLITT

'08 Ford Mustang US BULLITT

Owner:タイトさん

2008年に限定7700台で登場したマスタングUSブリット。
'08 Ford Mustang US BULLITT

専用エキゾーストシステム、ブレンボブレーキ、アルミホイールなどが設定される。
'08 Ford Mustang US BULLITT
'08 Ford Mustang US BULLITT

4.6ℓのエンジンにはブリット専用チューニングが施され、サリーン製スーパーチャージャーで475hpを発揮する。


'68 Ford Mustang

'68 Ford Mustang

Owner:ちゅきんさん

「ブリット」の名の起源である映画劇中で、スティーブ・マックイーン演じるブリット刑事が乗ったマスタングと同じ型。
'68 Ford Mustang

映画の公開年と同じモデルイヤーでもある。
'68 Ford Mustang
'68 Ford Mustang

現在は4.7ℓの289エンジンを搭載しているが、いずれは6.4ℓの390エンジンに載せ替え予定。


Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)
TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


Photo &Text:加藤山往
アメ車マガジン 2019年 11月号掲載


関連記事

RELATED


映画50周年を記念して誕生した、いま手に入る伝説のマスタング“ブリット”

'19 FORD MUSTANG BULLITT
FORD GLOBAL SUB DEALER:WING AUTO

マスタングをもっとカッコよく!RKスポーツ・ボディキットの魅力を語る

マスタングの楽しみは純正だけでは語り切れない。ボディキットを使って「カスタムを楽しむ」というのも、アメ車乗りの醍醐味と言えるだろう。今回はそんなマスタングのボディキットにフォーカスしてご紹介。

RK SPORT
GLASS FIBER BODY KIT
FOR FORD MUSTANG

Text & Photos|アメ車MAGAZINE

マスタングオーナーたちをウイングオートがサポート

WINGAUTO & MOCJ [MUSTANG OWNERS CLUB JAPAN]

“超希少”なブリットを手に入れるチャンスあり【ウイングオート】

2008年にフォードがリリースした特別な限定モデル、マスタングUSブリットが愛知県のウイングオートに販売車両として置かれている。同社はフォードのグローバルサブディーラーでもあり、安心要素は極めて高い。

その名を歴史に刻んだBOSS302専用チューニングが施されて復活!!フォードマスタングBOSS302【シボレー名岐】

フロントバンパーはダウンフォースを考慮し、大型のリップを装着。ボンネットは熱対策と軽量化を図るためタイガーレーシング製に交換されている。リアスポイラーは小ぶりなダックテール。サイドのデカールは“らしさ”を盛り上げる。

 

最新記事


2024/04/22

荒れ地こそ進む道 デザート仕様【1996 シボレー S10 ブレイザー】

SUV

シボレー

車両のイメージを劇的に変えたカスタム。それがオールペン。千葉県のガレージジョーカーは、様々なモデルをオールペンによって変化させ、個性的なスタイルを生み出している。そのひとつが、艶消しサンドベージュになったS10ブレイザーだ。

2024/04/20

細さを追求したスポークが軽快さや躍動感を予感させる【WORK GNOSIS CVF】

ホイール

WORK GNOSIS CVF

2024/04/20

エントリー条件はただ1つ、WORKを装着していること【WORK WHEELS JACK 3rd】

ホイール

イベントレポート

WORK WHEELS User Event
WORK WHEELS JACK 3rd

2024/04/19

老若男女、誰からも愛される、お店のマスコットとして活躍【アーラキッチン】

バン

198号線(河内長野美原線)から一本離れたローカルロードに店舗を構えるアーラキッチン。田園風景に馴染む様に佇む黄色いスクールバス、そして大きなどんぐりの木は、メインストリートからでも一際目を引く!

ランキング


2023/04/12

旧車ファンにはお馴染みのラストストッパーがパワーアップ!【ツーフィット】

メンテナンス

電子の力でサビからボディを守るラストストッパー

2018/02/07

走っているとやけにハンドルがブレる…原因はタイヤ?ホイールバランス?それともブレーキか?【REFRESH PROJECT】

メンテナンス

コラム

走行中に感じた違和感。それはハンドルのブレ。【REFRESH PROJECT】

2016/11/04

超レアなマスタング、1969年モデルのBOSS429!

クーペ

ビンテージ

フォード

1969y FORD MUSTANG BOSS 429

2024/03/11

2024年最初のアメ車イベント アメ車マガジンプレゼンツ「スプリングパーティー」は大盛況!

アメマガミーティング

アメマガキャラバン

イベントレポート

第一弾は3月10日(日)、千葉市中央区フェスティバルウォーク蘇我の駐車場での開催となる「SPRING Party!」。